身体を動かしてビジョンを潜在意識に届けよう! 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

先週はわが町内会の夏まつり
今週は隣の町内会の夏まつりです。

IMG_1490

少子高齢化の影響で
昔に比べて子供の姿が少ないようです。

一番の最盛期は、現在60代の人たちの
子供が小学生だった頃だったそうです。

今は役員のなり手も少なくなり
町内会自体の維持も大変なようです。

さて、今回のテーマは
「身体を動かしてビジョンを潜在意識に届けよう!」です。

ミッション、ビジョンの明確化は何よりも大切!

私のところに起業相談に来られる方で
ミッションやビジョンを明確化している人は1割もいません。
でも、起業にあたってミッションやビジョンを明確に策定することが
極めて重要であることは、このブログでも何度も書いてきました。

私たちは事業を通して、誰に喜んでもらうのか?
誰にどんな価値を提供するのか?
人々や社会にどんな貢献をするのか?

これを明確にしたものがミッションであり
「自分たちは、これをやらなければ活動する意味がない」
と言えるほど本質的なものです。

ミッションを実現するために
どんな将来像を描くのか、それがビジョンです。

小さな町工場の親父だった本田宗一郎が
ミカン箱に乗って従業員を前に
「今にウチは世界一の二輪車メーカーになる」と
こともなげに夢を語ったとき、
宗一郎の頭の中には、くっきりとそのイメージが描けていたことでしょう。

それが成就したときのことをありありと思い浮かべる!

ビジョンとは、将来このように
なりたいという夢や願望です。

日野原重明先生は、
夢について次のようなことを言っています。

願望は思い描くのではなく
その夢や目標が成就したときのことを思い浮かべ
そのときに天にも昇るような喜びや達成感を想像するのだ。

すると、身を焦がすような
強烈な喜びが身体を突き抜け
成功した者のバイブレーションが宇宙に発信されていく。

自分への問い掛けからビジョンを作成

〇あなたの事業は、どのような規模になっていますか?
〇あなたの事業は、世の中をどのように変えていますか?
    世の中からどのように見られていますか?

〇あなた自身やあなたのご家族
 あなたとともに事業をやっている人たちは
 どのような生活を送っていますか?

このような問い掛けを自分自身にしてみてください。
その答えがあなたのビジョンなのです。

いつまでにどうなっているか?

期限を区切らずに
そのうち、こんな夢を実現したいなぁ~
というのは単なる願望であり、ビジョンとは言えません。

ビジョンは期限を区切って考えます。

1年後はどうなっている?
2年後はどうなっている?
3年後はどうなっている?
5年後はどうなっている?
7年後はどうなっている?
10年後はどうなっている?

これを紙に書いてください。
ビジョンは大切だと分かっている人でも
ビジョンを紙に書いている人は10人に1人

それを定期的に見ている人は
そのまた10人に1人
全体では100人に1人だと言われています。

あなたがビジョンを紙に書き出し
それを定期的に見ていれば
100人に1人になれ、ビジョンが現実になる可能性は極めて高くなります。

ビジョンを潜在意識に届けよう!

ビジョンを実現するのに
潜在意識が大きな役割を果たします。
いつも潜在意識があなたのビジョンを
実現するために働いてくれます。

そのためには、ビジョンを潜在意識に届ける必要があります。
身体を動かしながらビジョンをイメージすると潜在意識に届きます。

具体的には次のように実施します。

1年後、2年後、3年後、5年後、
7年後、10年後のビジョンを紙に書いてください。
それをイメージにしてください。

次に、部屋の中で立ち上がり
1歩あるいて1年後に実現したビジョンをイメージしてください。
もう1歩あるいて2年後
もう1歩あるいて3年後
もう2歩あるいて5年後
もう2歩あるいて7年後
もう3歩あるいて10年後をイメージします。

これを毎日実施します。
これをやるのに5分程度の時間で済みます。

まず、期限ごとのビジョンを紙に書く
それを毎日、部屋の中をあるきながらイメージする
これに加えて、ビジョンを実現していくための行動を起こしていきます。

イメージするだけで
行動しなければ何も始まりません。
行動に移すことによって、その行動がビジョンの実現に
つながるよう潜在意識が働いてくれるのです。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 “起こったことは終わったこと
      これから何を起こそうか?”

追 伸

現在、シニアが起業する際に
絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
「シニアの起業成功マニュアル」という
48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

このブログのバナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。
ぜひ入手してください。

}jAv[g