中高年は、こんな業種での起業は避けた方がいい! 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

ゴーヤの苗を植えました。
丈夫なので、放っておいても育つと言われていますが
果たして実を付けるようになりますかね~。

IMG_1394

ゴーヤはビタミンCの宝庫
レモンの2~4倍、トマトの3~5倍と言われており
しかも、野菜で唯一、加熱しても壊れないとのこと
したがって、ゴーヤチャンプルには、ビタミンCがたっぷりです。

さらに、食物繊維はセロリの30倍
カルシウムは牛乳の14倍
しかも、糖尿病にも効果があるというのです。

ただし、妊婦さんにはNG
ゴーヤを摂ると流産の恐れがあるということです。

さて、今回のテーマは
「中高年は、こんな業種での起業は避けた方がいい!」です。

定年退職したら、そば屋をやりたい!

そばが大好きで、あちこち食べ歩き、
そば打ち教室に行って、そばの打ち方も習った、
だから、定年後にはそば屋で起業したい。

こんな人ってけっこういますよね。
でも、繁盛店になっているという話は滅多に聞きません。
自宅を改造して店にし
売上げがあまりなくても
今までの貯金で生活の心配はない

こんな状態ならば、やってもいいでしょう。
しかし、そば屋の売上げで老後の生計を立てることが目的ならば
避けた方がいいでしょう。

自宅を改造して始めるならば家賃は掛かりませんが、
多くのお客様の来店が見込めるような場所を借りると
家賃の支払いが発生します。

これは売上に関係なく
固定的に毎月出ていってしまうコストです。
売上げが少ないと、このコストが大きくのしかかってきます。

店を始めるには、改造費や什器備品代
などのイニシャルコストも掛かります。

さらに、毎日立ち仕事です。
年齢とともに体力的にきつくなります。

50代からの起業には4つの要素の検討が必要!

50代以上の方が起業するには
情熱、市場性、コスト、適正の
4つの要素を検討する必要があります。

情熱とは、本当にそれが好きで
やりたくて仕方がないこと。

先ほどの例で言えば、
そば大好きなので、これはクリアしています。

次は市場性です。
その事業の需要はあるのか、
需要はあるけれども、新たに入り込む余地があるのか
ということの検討です。

そば屋は年々店舗数が減少しています。
そばを外食する、あるいは出前を頼むという需要が減少しているのです。
このような中で事業を行っていくのは厳しいですね。

3つ目はコスト、これには2つの種類があります。
イニシャルコストとランニングコストです。

退職金をイニシャルコストに突っ込んでしまい
老後の生活資金がなくなってしまう
これでは不安で仕方がないですね。

また、売上げに関係なく
ランニングコストは出て行ってしまいます。
まるで家賃を払うために商売をやっているようだ、
こんな声を聞くこともあります。

中高年が起業する場合
イニシャルコスト、ランニングコスト
これが可能な限り低く抑えられるような業種を選ぶべきでしょう。

4つ目は適正、これにも2種類あります。
体力的な適正と性格的な適正です。

中高年が起業する場合
今は出来るかも知れないが
果たして、5年後、10年後も体力的に大丈夫か
これをしっかり見極めることが大事です。

体力とともに性格的な適正も検討する必要があります。
そばを作ることは好きだけど
お客様と話をすることは苦手、
こんなこともありますね。

本当に大好きなことで起業するには?

では、そばが大好きなこの人の場合
店を持つことは避けた方がいいのであるなら
どうしたらいいのでしょうか?

そばの打ち方を教える趣味のそば打ち教室
趣味でそばを打つ人にそばづくり道具の販売
そばの食べ歩きツアーとそばの講義

そばを使った料理教室
そばによるダイエット教室
高血圧に対応したそばの取り入れ方教室

そば屋専門の販売促進の提案
そば屋専門のホームページづくり
そば屋専門のネット活用集客セミナー

そばの産地への地域活性化提案
そばの産地への需要促進策の提案

など、店を持つ以外にも色々考えられます。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 “人生にゴールはない。走ることを楽しむ”

追 伸

現在、400の起業事例から導き出された
50代、60代で起業するなら
絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
「シニアの起業成功マニュアル」という
48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

お陰様で、読んでいただいた方には大変ご好評をいただいています。

これから起業するシニアの方が
一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
バナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。
ぜひ入手してお読みください。

}jAv[g