このための時間は絶対削るな! 

本来の自分を活かす仕事で起業を!
ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

神奈川県・山北町
8月30日現在、今までのコロナの感染者はゼロです。

やまきた駅前の見守り観音菩薩の
ご利益のお陰だよ、と地元の人から
この観音様のお札をいただきました。

 

東京芸大出身の木彫家の欄二朗さん
熊本出身で山北に在住している彼が彫った観音様
この他にも色々ご利益があるようです。

さて、今回のテーマは
「このための時間は絶対削るな!」です。

必ず取っておくのは人と会って情報収集する時間

仕事をやっていくと、様々な疑問が湧いてきます。
会社に勤務していた頃とは違って、自分一人で対処しなければなりません。
だから、今まで以上に情報収集が大切です。

情報収集には、本、雑誌や新聞を読む、
ネットで調べるなどの方法があります。

ネットを利用すれば、幅広い領域の情報を
短時間に調べられると思いますが、
これだけに頼っていては、本当の情報収集は出来ません。

すでに起業している人、これから起業する仲間、
商品開発やマーケティングなどそれぞれの領域の専門家、
自分のビジネスのターゲットと想定される人たち、

自分のビジネスに協力してもらえるような人たち
色々な人たちが考えられます。

ある時に偶然会えるかも知れません。
こんな人に会いたいと意図して出会いを求めることもあるでしょう。

人との出会いは、情報収集だけにとどまりません。
その人の運命や人生を変えることもあります。
人と出会える場所に出掛けましょう。

そのための時間を確保しましょう。
出会いから生まれた人的なネットワークは大きな財産になります。

出会って何をするのか、話を聞くだけでなく、
自分のミッションや想いを熱く語ることです。
それが共感者を増やし、仲間づくりにもつながるでしょう。

しかし、今はコロナ禍なので、人に会うのは大変
でも、いつまでも続くわけではありません。

収束してから会えるように
Netを利用してコネクションを作っておくといいでしょう。

逆に、Net全盛の時代だからこそ、
手紙を書いた方が相手の心に刺さるかも知れません。

人との出会いとともに大切なのが、
自分のビジネスに関係するお店や
場所に行って観察し、体験することです。

生の“現場”を五感で感じることです。
「時間があるときに行ってみよう」と思っていても、
結局は行かずじまいだったということがよくあります。

「行こう!」と意識することが必要です。
そこで何かを得て来ようなどと思うと
億劫になってしまうかも知れません。

とにかく行ってみて、
何かを感じてくるだけでも勉強になります。

ある米屋さん、お店が休みの時には
原宿のファッションのお店を見て回るそうです。

「米屋でなくなぜファッションの店ですか?」
と質問すると、「いまさら同業者の店を見ても参考になることは少ない。

それよりもファッションの店で商品の配置や
陳列方法を見た方がよっぽど勉強になる」と言っていました。
異業種には宝の山があるのかも知れませんね。

先のことを考える時間を取っておくことは必須条件!

いざ、仕事が始まると時間に追われて
先のことを考える時間がなかなか取れません。

商品のこと、集客のこと、情報発信のこと、
顧客との関係づくりのこと、業務の改善のことなど
考えなければならないことは山ほどあります。

でも、時間の余裕も心の余裕もない、
どうしようかを悩んでしまう、こんな起業家の方が多くいます。

ここで活かして欲しいのが日報です。
毎日の仕事の中で気が付いたことや
思い浮かんだアイデア、良かったことや反省点、
今後に活かすことを記録してありますね。

この日々の記録を一週間に一度振り返るときに、
今後の自分のビジネスのあり方を具体的に考えていくのです。

考える材料が日報の中に仕込まれているので、
先のことも考えやすいのです。
ぜひ、日報を見ながら先のことを考える時間を取ってください。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“大変な時ほど
大変成長する”

ライフワーク起業ナビゲーター
経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

 

 

EFuZ~i[

Ct[NNƃTNZXy

}jAv[g