感情は顔面筋肉に騙される!? 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

今日は、根岸線の本郷台駅前広場で
横浜市栄区主主催の「さかえgirls day 2016」
が行われていたので行って来ました。

img_1847
「集え!さかえの女性たち、つながろう!支え合おう!楽しもう!」
という女性を中心にしたイベントです。

したがってイベント出店者も女性に限定されており
私も女性の出店者を紹介させていただきました。

栄区の区長は女性なので、
このようなイベントが行われたのかも知れません。

日本の男女平等ランキングは、145ヵ国中101位
フィリピンが7位、中国は91位、インドは108位
日本はこれらの国々より低い結果になっています。

さて、今回のテーマは
「感情は顔面筋肉に騙される!?」です。

なぜ、ラーメンの味が旨く感じられたのか?

昨日、品川で昼食にラーメン屋に行きました。
店の人が注文を取りに来ましたが
中国か韓国からの人のようで片言の日本語でした。

片言しか日本語は話せなくても
注文通りのラーメンをテーブルに持ってきた彼女

「お待ちどう様でした。〇〇ラーメンが出来ました」
と私に自然な笑顔で声を掛けてくれました。

最近、何かを食べに行っても
出会うのは、店員の不愛想な表情か
マニュアル通りの不自然な作り笑顔

自然な笑顔とともに置いていかれたラーメン
とても旨く感じ、気分良く昼食をとることができました。

一方、良く通る商店街のラーメン屋
店先に、「笑顔0円」という掲示が出ています。
私たちの店は笑顔で接客していますよ、ということを言いたのだと思います。

しかし、「笑顔0円」はないだろう!
と、この掲示を目にするたびに不愉快になります。

笑顔で接客してやるから
気分よくウチのラーメンを喰えよ!
と上から目線で笑顔を押し付けられているようで不愉快になるのです。

楽しいから笑うのではない?

心理学の見地から笑顔を考えてみると、どうなるか?
心理学者のウイリアム・ジェームスが
こんなことを言っていることを思い出しました。

楽しいから笑うのではない
笑うから楽しいのだ。

悲しいから泣くのではない
泣くから悲しいのだ。

楽しいから笑う、悲しいから泣く
という私たちの常識とは逆のことを言っています。

本当かなぁ?と思っている方は
ちょっと試してみてください。

顔だけでいいから笑ってみてください。
その表情を鏡で見てください。

いかがでしょうか?
何となく、心まで楽しくなってきませんか?

笑った状態の顔面筋肉にすると、心まで楽しくなる。
泣いた状態の顔面筋肉にすると、心まで悲しくなる。

このことを、
“感情は顔面筋肉に騙される”
と表現した人がいます。

このことは起業家にとって非常に大切なことであり、
これをうまく活用できるかどうかで、
起業の成功が決まるともいうべきものです。

諦めない限り、失敗はない!

成功するまで続ければ失敗することはない
失敗した段階で諦めるから失敗するのだ。

良く聞く言葉なので、
このことを頭では「なるほど、そうだな」と理解しています。
起業には様々な困難が伴います。

小さな失敗、大きな失敗、まさに失敗の連続です。
ここで諦めたら、起業は失敗に終わります。

成功するまで諦めないで続けるぞ!と
いう気分にはなれません。

んな時にどうするか?
無理やり、笑顔を作ってしまうのです。
そうです、顔面筋肉で沈んでいる感情を騙すのです。

そうすれば、感情は前向きになり
「この失敗は、私に何を教えようとしているのか?」
と考えられるようになります。

このように考えられる起業家になれるかどうか
ここが起業成功の分かれ目なのです。

たかが笑顔、されど笑顔
なかなか奥深いものがありますね。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 “すべては、生きていなければ
           体験できないこと”

 

追 伸

現在、シニアが起業する際に
絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
「シニアの起業成功マニュアル」という
48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

このブログのバナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。
ぜひ入手してください。

}jAv[g