失敗した時の対応が起業の成否を決める! 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
中高年(シニア層)のライフワーク起業を応援しています。

このあいだの日曜日、
久し振りに、相模原・古淵の朝市に行って来ました。

朝7時半から9時まで、
早い時間なので、非常に寒かったです。
そんな時に嬉しいのが焚火、甘酒の無料配布もありました。

寒い時期は、焚火や甘酒
暑い時期は、麦茶のコーナー設置など
朝市には、ただ販売するだけでなく、人が集まる場所が必要ですね。

さて、今回のテーマは
「失敗した時の対応で起業の成否が決まる!」です。

失敗を恐れて起業を躊躇する人が多い!

「いつまでも会社勤めではなく
自分のやりたいことで起業したいんだがなぁ~」
こんな人が大勢います。

しかし。このあと「でもなぁ~」という言葉が続きます。
なぜでしょうか?それは失敗を恐れているからです。

起業にリスクや失敗は付き物です。
それを恐れていたら、行動はできません。

だから、起業したい人は多いのに
実際に起業する人は少ないのが現状です。
問題は、失敗への付き合い方なのです。

今をときめく起業家の方々も
失敗や挫折を乗り越えて成功に至っています。

本当の失敗とは?

失敗について、次のような言葉があります。

「失敗とは、諦めてしまった時にのみ起こる現実。
失敗は、未来に絶望した時と、過去の経験が
ムダだったと判断した時に確定する

「うまくいかない方法を探しているだけだ
ぐらいに思えるようになれば、本格的な成功に近い。

問題というものは
あなたを引きずり降ろしたりしない。
問題とは、風と同じようなもの
飛ぶためには、なくてはならないもの」

諦めたり、絶望したりしなければ
失敗とは言えないということであり、

失敗を恐れるのではなく、
失敗や問題を成功へのステップと考えることが大切なんですね。

人生がもたらす全てを受け取る!

「“悪いことが起こりませんように”と
恐怖の中で生活していくか

あるいは、“私のもとに来るものは
すべてベストなんだ。

だから、すべてを受けとめよう”という
態度で生きるかで、心の平安がまったく違ってしまう。

沸きあがってくる恐れから逃げないことだ。
怖れは犬と同じようなもので
逃げれば後から追いかけて来る」

これは「ユダヤ人の大富豪」という本で
知られている本田健さんの言葉です。

失敗とのうまい付き合い方とは?

私も多くの失敗を重ねてきました。
そんな時、このままだと自分の将来はどうなってしまうだろう?
と恐怖にかられます。

そのことばかりに心が奪われ
何もやる気がなくなってしまいます。

私の場合、「私のもとにくるものは
すべてベストなんだ」という心境にはなれませんでした。

では、どうしたか?
将来のことをあれこれ考えずに
目の前のやるべきことに集中することにしました。

さらに、もう一人の自分がいて
失敗し、悩んでいる自分を上から見下ろし

さて、彼はこの状態からどのようい脱却するか
見ていようと、自分を客観視するようにしました。

これからも様々な失敗を重ねていくと思います。

人生には、良いことも悪いこともまったくない。
単に起こる中立の出来事を、どのように解釈して

人生にいかしていくかという気持ちで
失敗につきあっていきたいと思います。

バックミンスター・フラーの
次の言葉にも勇気づけられます。
お前は、お前自身に属しているのではない。天に属しているのだ。
おのれの時間と力を、世のため人のために捧げよ。

そうすれば、いかなるときも、またとりわけ
危難のときに、宇宙の助けがあるだろう。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“何もしないより
失敗した方が、学ぶことがいっぱいある”

追 伸

現在、「起業を成功させる最も重要な3つのポイント」
という48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。
これから起業する中高年の方が
一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。

バナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。
ぜひ入手してお読みください。

大場保男
経済産業大臣登録中小企業診断士
ライフワーク起業ナビゲーター
Mail;yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

 

 

 

}jAv[g