違う角度から見れば大きな市場がある可能性が! 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
中高年(シニア層)のライフワーク起業を応援しています。

今回のテーマは
「違う角度から見れば大きな市場がある可能性が!」

ガムを文具売り場に!なぜ?

日経流通新聞のこんな記事が出ていました。

日本チューイングガム協会によると
16年のガムの小売金額は1058億円と12年連続で減少
04年のピーク時から4割も減った。

ロッテは中高年消費者の「記憶力維持」の
効能をうたう機能性表示食品ガムの販路を広げる。

小売店向けの専用什器を増やし
追加した什器は、文房具コーナーや
祝儀袋コーナーなど食品以外の商品が並ぶ
場所にも設置するよう働きかけた。

9月発売の同商品の販売は
当初計画を上回る滑り出しを見せている。

10月下旬から11月下旬の1カ月でのリピート率は
約5割と「他の商品と比べると非常に高い」(ロッテ)

普段ガムを食べる習慣がない消費者の試し買いを
誘えば、その後も継続して買ってもらいやすいとみている。

以上が記事の内容です。
普段ガムをかむ習慣がない私も記憶力を
維持できるガムとうたってあれば買ってみようかなと思います。

ロッテは、ガムの記憶力維持という
新たな価値で市場を開拓していっているのですね。

なぜ、「ウクレレ教室」ではダメか?

ウクレレを趣味にしている人が定年後に
シニアのための「ウクレレ教室」を開きたいと思っています。
さあ、お客様は集まるでしょうか?

ある人に相談したところ
「ウクレレを習いたいシニアは少ないでしょう。
これで起業しても集客はできないと思いますよ」と言われました。

そこで、シニアの人たちは何を求めているか
このことを調べた結果、「友達が欲しい」という
強い欲求を持っていることが分かりました。

ウクレレを習いたいという人は少ないだろう
でも、友達を求めているシニアは多い
だったら、どうしたらいいのだろうか?

彼は、ウクレレが弾けるようになると
いうことを目的にするのではなく
ウクレレを通して友達を作ることを目的にしたのです。

そこで「ウクレレ教室」ではなく
「ウクレレサークル」にしました。
その結果、多くのシニアが集まったそうです。

起業する場合
ターゲットとして考えている人たちが
何を求めているのか徹底的に調べ
訴えていくテーマを決めることが大切ですね。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“そばにいるだけでも
勇気を与えていることになるんだよ”

追 伸

現在、「起業を成功させる最も重要な3つのポイント」
という48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

これから起業する中高年の方が
一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。

ブログのバナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。
ぜひ入手してお読みください。

大場保男
経済産業大臣登録中小企業診断士
ライフワーク起業ナビゲーター
Mail;yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

 

}jAv[g