40代後半、50代、60代の中高年の方が、自分の夢を実現するために起業してライフワークにし、豊かな第二の人生を送ることができるスキルとノウハウを提供します
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 中高年の起業

中高年の起業

    2つのタイプの起業家の落とし穴とは何か?

    2016年9月3日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

    9月1日、神奈川県葉山町の
    「HAYAMA STATION」がグランドオープンしました。
    葉山の逸品や特産品を販売する商業施設です。

    IMG_1557

    葉山コロッケや葉山牛の旭屋牛肉店
    日経新聞に日本一美味しい食パンの店と評されたブレドール
    葉山日曜朝市で牛筋のワイン煮込みが人気のミラマール
    ケーキのレリッシュプレインやブラウンスイーツなど
    葉山の名店9店がテナントとして入っています。

    これに葉山・三浦地域の野菜、三浦湾の魚介類などを
    販売する“道の駅”のような店であり、駐車場は70台がとめられます。

    行政や商工会が別会社を作って
    そこが経営するという形態は見られますが
    ここは葉山町商工会が経営主体となっており
    全国的に見ても珍しいケースです。

    グランドオープンの前日には
    黒岩神奈川県知事などの来賓によるテープカットが行われました。
    私もこのプロジェクトの一員として参加してきたので感慨深いものがありました。

    IMG_1554

    さて、今回のテーマは
    「2つのタイプの起業家の落とし穴とは何か?」です。

    起業家には2つのタイプがある!

    これから起業を目指す40代以降の
    会社員の場合、2つのタイプがあります。

    1つ目は、組織に縛られないで
    自分で自由に働きたいというタイプです。

    私の場合はこれでした。
    とにかく会社に縛られるのが嫌で堪りませんでした。

    独立してから、辞めた会社にセミナー講師として呼ばれたとき
    かつての先輩や同僚から「お前は会社を辞めて本当に良かったな、
    お前ほど組織に向いていない奴はいないからな」と言われました。

    もう一つのタイプは、
    自分のやりたいことで働きたいという人です。

    今まで家族のために一生懸命働いてきた。
    会社で嫌なことがあっても、
    家族のためだと思って我慢してきた。

    子供も独立したので、これからは自分にために
    働きたいという人がこのタイプです。

    家族のために働くことは素晴らしいことですが
    このタイプの人の胸の奥にある気持ちは分かりますよね。

    この2つのタイプ
    どちらかのタイプに分かれるのではなく
    両方の要素を持っているケースが多いようです。

    2つのタイプには落とし穴があります。
    これをしっかり意識しないと穴にハマってしまう恐れがあります。

    1人で起業しても組織からフリーになれない!

    組織に縛られるのが嫌で起業した私の場合
    組織からフリーになれたでしょうか?
    決してそんなことはありません。

    クライアントは
    行政や商工会・商工会議所、企業という組織です。
    したがって、クライアントである組織の論理には従わなければなりません。

    打合せや会議に遅刻なんてもってのほかです。
    納期に遅れれば、次からは仕事は来ないと覚悟しなければなりません。
    この点は、会社員時代より厳しいと言えるかも知れません。

    しかし、毎朝満員電車で通勤しなければならないことはなくなります。
    嫌な上司と付き合う必要もありません。
    この点は、私自身独立して良かったと思っています。

    会社という組織に縛られないということは
    ある意味では自由気儘に毎日を過ごすことができます。

    今日はやる気がしないから
    その仕事は明日やればいいかと
    先延ばししても誰にも怒られません。

    こんな気持ちで毎日を過ごすと
    自堕落な日々を送ることにつながってしまいます。
    だから、強い気持ちで自分を律することが必要です。

    起業前の人にこんなことを言うと
    「そんなことはあり得ないだろう」という反応が大半ですが
    人間は弱い存在、どうしても楽な方に流れていってしまいます。

    本当に自分のやりたいことが分からない!

    今まで家族のために
    嫌なことがあっても頑張ってきた。
    これからは起業して自分のやりたいことをやるぞ!

    こう思っても、自分の本当にやりたいとは何だろうと考えると
    はたと困ってしまう人も多いようです。

    私のこのブログでも
    好きなこと、本当にやりたいことで起業しましょうと言い続けてきました。
    そうすれば、時間を忘れて没頭できる
    毎日が楽しく、仕事をしていても疲れない、と訴えてきました。

    でも、本当にやりたいことが分からない
    自分はそもそも何をするためにこの世に生まれてきたのだろうか?

    そうなんです。
    日々の生活の中で、自分自身のことを深く考える機会がなく今まで来ていたのです。
    だから、いざとなると、このような悩みが生まれてくるのです。

    あなたの本当にやりたいこと
    あなたの本質は、あなたの過去に隠されているのです。

    幼かった頃から今までの自分の人生を振り返ってみてください。
    子供の頃、中高生や大学生の時
    何に夢中になっていましたか?

    なぜ、それに夢中だったのですか?
    今までで一番嬉しかったこと、ワクワクしたことは何でしたか?
    なぜ、嬉しかったのですか?ワクワクしたのですか?

    そこにあなたの本当にやりたいこと
    あなたの才能、あなたの本質が隠されているのです。

    気を付けなければならないのは
    Wont to(やりたいこと)と
    Have to (やらなければならないこと)を
    混同してしまうことです。

    Have to は、自分ではない世間や他人の
    価値観で動くということです。

    あくまでの自分のWont to、つまり
    自分の価値観で動くことが重要です。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

     “困ったときは、成長するとき”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    }jAv[g

    中高年は、こんな業種での起業は避けた方がいい!

    2016年5月25日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

    ゴーヤの苗を植えました。
    丈夫なので、放っておいても育つと言われていますが
    果たして実を付けるようになりますかね~。

    IMG_1394

    ゴーヤはビタミンCの宝庫
    レモンの2~4倍、トマトの3~5倍と言われており
    しかも、野菜で唯一、加熱しても壊れないとのこと
    したがって、ゴーヤチャンプルには、ビタミンCがたっぷりです。

    さらに、食物繊維はセロリの30倍
    カルシウムは牛乳の14倍
    しかも、糖尿病にも効果があるというのです。

    ただし、妊婦さんにはNG
    ゴーヤを摂ると流産の恐れがあるということです。

    さて、今回のテーマは
    「中高年は、こんな業種での起業は避けた方がいい!」です。

    定年退職したら、そば屋をやりたい!

    そばが大好きで、あちこち食べ歩き、
    そば打ち教室に行って、そばの打ち方も習った、
    だから、定年後にはそば屋で起業したい。

    こんな人ってけっこういますよね。
    でも、繁盛店になっているという話は滅多に聞きません。
    自宅を改造して店にし
    売上げがあまりなくても
    今までの貯金で生活の心配はない

    こんな状態ならば、やってもいいでしょう。
    しかし、そば屋の売上げで老後の生計を立てることが目的ならば
    避けた方がいいでしょう。

    自宅を改造して始めるならば家賃は掛かりませんが、
    多くのお客様の来店が見込めるような場所を借りると
    家賃の支払いが発生します。

    これは売上に関係なく
    固定的に毎月出ていってしまうコストです。
    売上げが少ないと、このコストが大きくのしかかってきます。

    店を始めるには、改造費や什器備品代
    などのイニシャルコストも掛かります。

    さらに、毎日立ち仕事です。
    年齢とともに体力的にきつくなります。

    50代からの起業には4つの要素の検討が必要!

    50代以上の方が起業するには
    情熱、市場性、コスト、適正の
    4つの要素を検討する必要があります。

    情熱とは、本当にそれが好きで
    やりたくて仕方がないこと。

    先ほどの例で言えば、
    そば大好きなので、これはクリアしています。

    次は市場性です。
    その事業の需要はあるのか、
    需要はあるけれども、新たに入り込む余地があるのか
    ということの検討です。

    そば屋は年々店舗数が減少しています。
    そばを外食する、あるいは出前を頼むという需要が減少しているのです。
    このような中で事業を行っていくのは厳しいですね。

    3つ目はコスト、これには2つの種類があります。
    イニシャルコストとランニングコストです。

    退職金をイニシャルコストに突っ込んでしまい
    老後の生活資金がなくなってしまう
    これでは不安で仕方がないですね。

    また、売上げに関係なく
    ランニングコストは出て行ってしまいます。
    まるで家賃を払うために商売をやっているようだ、
    こんな声を聞くこともあります。

    中高年が起業する場合
    イニシャルコスト、ランニングコスト
    これが可能な限り低く抑えられるような業種を選ぶべきでしょう。

    4つ目は適正、これにも2種類あります。
    体力的な適正と性格的な適正です。

    中高年が起業する場合
    今は出来るかも知れないが
    果たして、5年後、10年後も体力的に大丈夫か
    これをしっかり見極めることが大事です。

    体力とともに性格的な適正も検討する必要があります。
    そばを作ることは好きだけど
    お客様と話をすることは苦手、
    こんなこともありますね。

    本当に大好きなことで起業するには?

    では、そばが大好きなこの人の場合
    店を持つことは避けた方がいいのであるなら
    どうしたらいいのでしょうか?

    そばの打ち方を教える趣味のそば打ち教室
    趣味でそばを打つ人にそばづくり道具の販売
    そばの食べ歩きツアーとそばの講義

    そばを使った料理教室
    そばによるダイエット教室
    高血圧に対応したそばの取り入れ方教室

    そば屋専門の販売促進の提案
    そば屋専門のホームページづくり
    そば屋専門のネット活用集客セミナー

    そばの産地への地域活性化提案
    そばの産地への需要促進策の提案

    など、店を持つ以外にも色々考えられます。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

     “人生にゴールはない。走ることを楽しむ”

    追 伸

    現在、400の起業事例から導き出された
    50代、60代で起業するなら
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    お陰様で、読んでいただいた方には大変ご好評をいただいています。

    これから起業するシニアの方が
    一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
    バナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してお読みください。

    }jAv[g

起業成功マニュアル

無料マニュアルプレゼント

PAGETOP
Copyright © 好きを仕事に!ライフワーク起業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.