40代後半、50代、60代の中高年の方が、自分の夢を実現するために起業してライフワークにし、豊かな第二の人生を送ることができるスキルとノウハウを提供します
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 提供価値

提供価値

    人間の根源的な欲求から提供価値を考える!(その3)

    2017年11月7日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    中高年のライフワーク起業を応援しています。

    久し振りに良い天気だったこの間の日曜日
    横須賀では「SUNDAY STREET」が行われました。

    車道を歩行者天国にしての
    ストリートパーティです。

    地場農・海産物マルシェ、ローカルソウルフード
    古本・古着市、青空美容室、タロット占い、DJなど多彩な内容
    写真は日本酒バーです。

    私は血糖値が高いので
    日本酒は避けていますが
    やっぱり好きなのは日本酒、飲みたかったなぁ~。

    さて、今回のテーマは
    「人間の根源的な欲求から提供価値を考える」の第3回目です。

    人間の根源的な10個の欲求とは?

    ビジネスとは、お客様に商品やサービスを通して
    価値を提供し、その価値に対して収益の提供を受ける活動です。

    では、どんな価値を提供したら
    お客様はその価値を認めてくれるのでしょうか。

    自分の欲求を満たしてくれる商品やサービスをならば
    価値を認めてくれるでしょう。

    では、人間の持っている欲求とは何か?

    ジェフリーラント博士によると
    人間の根源的な欲求は次の10個でしたね。

    1 経済的な安定が欲しい
    2 健康が欲しい
    3 愛が欲しい

    4 安全(安心)が欲しい
    5 救済が欲しい
    6 自尊心(名声・尊敬が欲しい)

    7 帰属意識(コミュニティや仲間との調和が欲しい)
    8 独立したい
    9 性的な満足が欲しい
    10 美貌・個人的な魅力を上げたい

    前回までに、この10個の根源的な欲求の
    7つ目までご紹介しましたが、
    今回は残りの3つについてご紹介していきます。

    8 独立したい

    帰属意識とは反対に
    独立して誰にも頼らずに生きていきたい
    あるいは、独りぼっちになりたい
    という欲求もあります。

    隣の席との間に仕切りを入れて
    見えないようにしているラーメン屋
    この欲求に応えているのかも知れませんね。

    組織の煩わしさに捉われたくない
    独立・起業を目指している人の中には
    こんな人も多いと思います。

    9 性的な満足が欲しい

    私たちのあらゆる行動には
    性的な欲求が隠されていると言われています。

    性的な欲求の充足を
    前面に打ち出した商品やサービスもありますが
    これはやや例外なビジネスでしょう。

    ビジネスを考える場合
    セクシーさという要素も無視できません

    10 美貌・個人的な魅力を上げたい

    いつまでの若々しく、魅力的でありたい
    と思う気持ちは万人共通のものです。

    特にこれからは
    高齢者の間で、この欲求の求める傾向がますます強まるでしょう。
    いわゆるアンチエイジングという領域のビジネスです。

    こんな話があります。

    エステサロンの男性経営者
    東日本大震災の翌日
    こんな日だからお客様はいないだろうと各店を見て回ると
    80歳の常連さんがエステに訪れていた。

    「いくつになってもきれいでいたい女心だろう」
    と思ってスタッフに聞くと

    「そうじゃないんです。万一亡くなったときにも
    きれいな顔でいたいという思いで来てくださったのです」

    以上、3回にわたって10個の根源的な欲求についてご紹介してきました。

    顧客が求める価値を考える場合
    この中に2つ以上の欲求を充足させる方向で
    検討するといいと言われています。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “努力が報われない時もある
    しかし、努力しなければ何も報われない”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ライフワーク起業ナビゲーター
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

    }jAv[g

    人間の根源的な欲求から提供価値を考える!(その2)

    2017年10月31日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    中高年のライフワーク起業を応援しています。

    一昨日(10月29日)、台風22号が近づき、
    雨がざんざん降りの中、朝市をやりました。
    サンマの塩焼き無料プレゼントには長蛇の列です。

    場所は座間市の相武台前駅の南口
    そうです、いま報道されている9人の
    切断された首が見つかったアパートの近くです。

    犯人は逮捕されたようですが、
    わからないことだらけの事件ですね。

    さて、今回のテーマは
    「人間の根源的な欲求から提供価値を考える」の第2回目です。

    人間の根源的な10個の欲求とは?

    ジェフリーラント博士によると
    人間の根源的な欲求は次の10個でしたね。

    1 経済的な安定が欲しい
    2 健康が欲しい
    3 愛が欲しい

    4 安全(安心)が欲しい
    5 救済が欲しい
    6 自尊心(名声・尊敬が欲しい)

    7 帰属意識(コミュニティや仲間との調和が欲しい)
    8 独立したい
    9 性的な満足が欲しい
    10 美貌・個人的な魅力を上げたい

    前回は、この10個の根源的な欲求の
    3つ目までご紹介しましたが、
    今回は4~7についてご紹介していきます。

    4 安全(安心)が欲しい

    人は危険を避けて
    安全な状態になることを望みます。
    したがって、安全・安心を前面に打ち出した商品が多く見られます。

    特に、小さなお子さんや高齢者の場合
    日常の生活の中に潜んでいる危険要素を
    探り出して安全・安心な商品・サービスを提供すること
    この方向で考えることも有効ですね。

    5 救済が欲しい

    人は誰かに救ってほしいと考える存在でもあります。
    そのための宗教があり
    自己啓発セミナーに参加する人も大勢います。

    心の癒し、コーチングなどのセミナーや出版物
    あるいは個人指導やコンサルティング
    これからも、この欲求に根差した
    商品やサービスは沢山出てくるでしょう。

    6 自尊心(名声・尊敬が欲しい)

    他人から尊敬されたくない、名声を得たくないという人は
    あまりいませんね。
    やはり、誰しも名声や尊敬が欲しいのです。

    世の中の役に立ちない
    社会に貢献したいという理由での起業

    この心理の底流には
    自尊心があることは間違いないでしょう。
    でも、だからいけないことだということは全くありません。

    このようなことで
    人に喜ばれましょう
    しかも収入にもなります
    というセミナーなどは
    これからも有望だと思います。

    7 帰属意識(コミュニティや仲間との調和が欲しい)

    人間は、太古の昔から
    グループを作って行動していました。
    一人では生きられないからです。

    したがって、独りぼっちになることに
    恐怖を覚えるというのも根源的な欲求です。

    仲間意識を高める
    あるいは仲間であることを確認できる商品やサービス
    この観点から発想することも必要です。

    今回は以上です。
    次回は、8~10の欲求についてご紹介していきます。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “最大の困難が、きっかけになる”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ライフワーク起業ナビゲーター
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

    }jAv[g

    人間の根源的な欲求から提供価値を考える!(1)

    2017年10月26日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    中高年のライフワーク起業を応援しています。

    先週の土曜日、本当に久し振りに浜松に行きました。
    電車を下りたら“おんな城主 直虎”一色です。
    もう、そろそろ終わりなのに地元はまだまだですね。

    でも来年の大河ドラマの主人公は西郷隆盛
    そのころ、直虎の地元はどうなっているのかなぁ~。

    さて、今回のテーマは
    「人間の根源的な欲求から提供価値を考える」の第1回目です。

    人間の根源的な欲求とは?

    ビジネスとは、お客様に商品やサービスを通して
    価値を提供し、その価値に対して収益の提供を受ける活動です。

    では、どんな価値を提供したら
    お客様はその価値を認めてくれるのでしょうか。

    自分の欲求を満たしてくれる商品やサービスをならば
    価値を認めてくれるでしょう。
    では、人間の持っている欲求とは何か?

    ジェフリーラント博士によると
    人間の根源的な欲求は次の10個です。

    これらの欲求を満たしていくことが
    認められる価値=商品の提供につながります。

    したがって、新しい価値を考えていく場合
    これらのどの欲求を満たしていくのかを
    考えていくことが必要です。

    1 経済的な安定が欲しい
    2 健康が欲しい
    3 愛が欲しい

    4 安全(安心)が欲しい
    5 救済が欲しい
    6 自尊心(名声・尊敬が欲しい)

    7 帰属意識(コミュニティや仲間との調和が欲しい)
    8 独立したい
    9 性的な満足が欲しい
    10 美貌・個人的な魅力を上げたい

    今回は、この10個の根源的な欲求の
    3つ目までご紹介していきます。

    1 経済的な安定が欲しい

    まずは、“お金”に代表される経済的な安定
    資本主義社会の世の中に生きている私たちにとって
    “お金”は極めて重要な要素の一つです。

    したがって、経済的に得になる話には敏感になります。

    スーパーの特売のように
    安く商品を提供すれば
    お客様は買っていくかも知れません。

    しかし、価格競争の泥沼にはまったならば
    ビジネスを継続させていくことは困難です。

    どうすれば、顧客の経済的な欲求に応えていくことができるか?
    構造的に考えて低コストでの提供を考えていくことが必要です。

    例えば、プリンターのインクのようなリサイクル
    例えば、産直販売のような流通経路の短縮化などが考えられます。

    2 健康が欲しい

    健康は、誰しもが望む本質的な欲求の一つであり
    多くの商品が健康をテーマに開発されています。
    また、世の中には健康に関する情報が溢れています。

    したがって、健康を真正面に取り上げて
    新しい価値を提供するのは
    難しいかも知れません。

    他の欲求とともに健康欲求にも応えられる
    という方向で考える方がいいと思います。

    畳屋さんの例です。
    畳には防虫剤や防カビ剤が使われているそうです。
    そうなると、安心や安全の面で心配になります。

    したがって、防虫剤や防カビ剤を使わない
    安全・安心で健康的な畳の提供という価値観の提供が考えられます。

    3 愛が欲しい

    人は誰もが
    他人が自分のことを愛していることを願っています。
    愛を手に入れたいというのは、誰もが反応しやすい
    根源的な欲求の一つです。

    誕生日プレゼント
    クリスマスケーキ
    これらは、家族への愛の表現です。

    あなたの商品・サービスを
    愛という観点から考えたならば
    どんな付加価値が必要でしょうか?

    今回は以上です。
    次回は、4~6の欲求についてご紹介していきま

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “困難を楽しむ人に、不可能はない”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ライフワーク起業ナビゲーター
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

    }jAv[g

    2つの視点から提供価値を考える!

    2017年10月19日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    中高年のライフワーク起業を応援しています。

    昨日は、両国の「ちゃんこ巴潟」に行ってきました。

    映画監督の周防正行さんが
    映画「シコふんじゃった」で知られている周防正行監督が
    「日本一おいしいしゃんこ鍋」と言われて連れてこられたのがこの店

    周防監督曰く
    「一番驚いたのは、その汁の甘味。
    すき焼きの甘味でも、アンコウ鍋の甘味でもない。

    ここの汁の甘味は複雑で、いくら食べても飽きないので
    最後の一汁まで食べられます。

    私たちが注文したのはランチの小結で1,940円
    水曜日だったので、鴨だんごちゃんこでした。
    私も汁を全部飲み干しました。

    さて、今回のテーマは
    」「2つの視点から提供価値を考える!」です。

    ビジネスとは、お客様に価値を提供し
    その価値を認めたお客様から代金をいただくことです。

    しかし、どこでも入手できる価値ならば、
    自分のお客様にはなってもらえません。

    バリュープロポジションとは?

    ビジネスを成功させるためには
    バリュープロポジションを提供することが必要です。

    なに?そのバリュープリポジションって?

    それは・顧客が望んでいて
    ・競合が提供できない
    ・あなたが提供できる価値なのです。

    つまり、あなたしか提供できない
    人の幸せにつながる
    新しい価値を創造して提供すること

    またまた、あなたのこんな声が聞こえてきそうです。
    だって、それが分からないから
    みんな、苦労しているんじゃないか?

    そうです、その通りです。

    でも、あなたの身の周りにある商品をみてください。
    テレビのリモコン
    全部の機能を使っていますか?
    スマホの機能
    これも全部の機能を使っていますか?

    これもできる、あれもできる
    これって、本当に顧客が望んでいるでしょうか?

    競合他社もやっているから
    ウチもやる。
    十分に検討せずに
    横並びの意識でやっていることはないでしょうか?

    顧客が望んでいる価値を考える

    提供価値を考える第一の視点は
    顧客の悩みや困りごとから考えるアプローチです。

    あなたがこれからやろうとしているビジネスで
    ターゲットとしている顧客が悩んでいること
    困っていることを徹底的にリストアップします。

    その商品・サービスの情報を得るとき
    その商品・サービスを提供している人や場所を探すとき
    その商品・サービスを購入するとき

    その商品・サービスを購入する価格について
    その商品・サービスを使用しての不満や不便
    その商品・サービスのリピート購入するとき

    その商品・サービスのアフターサービスの不満や不便
    その商品・サービスを廃棄するとき

    以上のように分解して考えると
    色々な悩みや困りごとが出てきやすいと思います。

    自分が提供できる価値を考える

    顧客が望んでいる価値を考えたら
    次は、自分が提供できる価値を考えるです。

    まずやるのは
    あなたの強みの棚卸しです。
    次の質問に答えながら強みを棚卸ししていきます。

    1 あなたに出来て、他の人に出来ないことは何ですか?
    2 あなたが上手なこと、得意なことは何ですか?
    3 あなたにとって、上達が早いことは何ですか?

    4 人に「凄いねっ!」って言われることは何ですか?
    5 人に相談されたり、お願いされたりすることは何ですか?
    6 今までお金をたくさん費やしてきたことは何ですか?

    7 今まで時間をたくさん費やしてきたことは何ですか?
    8 あなたが人にしてあげて喜ばれたことは何ですか?
    9 あなたが所有しているもので活かせるものは何ですか?
    10 あなたが今まで以上に上達したいと思うことは何ですか?

    この質問に答える場合
    あなたがこれからやろうとする
    ビジネスの領域を考慮せずに
    自由にあげていくことがポイントです。

    なぜならば、全然関係がないと思われることでも
    あなたのビジネスの強みにつながってくる可能性があるからです。

    次に、顧客が望んでいる価値と
    自分が提供できる価値の両方を見ながら
    どんな価値を提供していけばいいのかを考えていきます。

    人間の根源的な10の欲求とは?

    ジェフリーラント博士によると
    人間の根源的な欲求は
    次の10個です。

    これらの欲求を満たしていくことが
    ウォンツに対応した価値提供につながります。

    したがって、新しい価値を考えていく場合
    これらのどの欲求を満たしていくのかを
    考えていくことが必要です。

    1 経済的な安定が欲しい
    2 健康が欲しい
    3 愛が欲しい

    4 安全(安心)が欲しい
    5 救済が欲しい
    6 自尊心(名声・尊敬が欲しい)

    7 帰属意識(コミュニティや仲間との調和が欲しい)
    8 独立したい
    9 性的な満足が欲しい
    10 美貌・個人的な魅力を上げたい

    次回は、この10個の根源的な欲求の
    一つひとつについてはご紹介していきます

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “解決したければ
    自分に原因を探す”

    追 伸

    現在、400の起業事例から導き出された
    50代、60代で起業するなら
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    お陰様で、読んでいただいた方には大変ご好評をいただいています。

    これから起業するシニアの方が
    一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
    バナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してお読みください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ライフワーク起業ナビゲーター
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp 090-5521-7427

    }jAv[g

    起業家が常に念頭に置いておかなければならないことは?

    2017年9月3日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    中高年のライフワーク起業を応援しています。

    人口が減少している神奈川県山北町
    駅前に町営のマンションを建設し
    若いファミリー層の移住を促進しています。

    さらに、町づくり会社を設立し、
    ここに住む人たちの買物場所として
    町づくり会社がコンビニを経営しています。

    山北町を通る御殿場線は
    1時間に2本程度しか電車がないので
    冬はホームで待っていると非常に寒いです。

    そこで、コンビニの中に
    自由に休憩できる場所を作りました。

    ここに、駅前商店街のお店の
    ニュースレターを入れた棚を作り
    自由に持って行ってもらえるようにしました。

    約20店のニュースレター
    私が店の取材をして作成しました。
    一つ一つを見ていると、取材の時の
    店主の熱い想いが再びよみがえってくるようです。

    さて、今回のテーマは
    「起業家が常に念頭に置いて
    おかなければならないことは?」です。

    ビジネスとは商品ではなく価値を売ること!

    経営相談を行っていると、
    「こんな商品を開発したけど、
    どこか販路はないですか?」という
    経営者の方が良くお見えになります。

    しかし、販路開拓の前に、
    もっと基本的なことを考えることが必要だと思います。

    それは、ビジネスとは何か?ということです。
    私たちは商品やサービスを提供し、
    その対価としてお金をいただきます。

    なぜ、お客様は私たちにお金を支払うのか?
    それは、提供された商品やサービスによって、
    自分たちの抱えている課題や悩みが解消したから、
    自分たちのニーズか満たされたからです。

    つまり、お客様は商品やサービスを購入したのではなく、
    自分たちの課題や悩みの解消、ニーズの充足を購入したのです。
    起業家は、常にこのことを念頭に置いておく必要があります。

    お客が欲している価値は何か?

    日本のセメント王と言われ
    一代で浅野財閥を築いた浅野総一郎は
    若いとき、裸一貫で東京に飛び出してきました。

    どうしても金儲けをしなければならないと
    足を棒にして東京中を駈けずり回ったけれど
    儲け話などありません。

    お茶の水を通りかかった時
    ふと思いついて宿に帰り
    手桶と盆と
    ギヤマンのグラスを5,6個買って戻ってきました。

    お茶の水という地名は、
    将軍に献上した水をここから汲んだというので付いた名前
    明治のはじめ頃はきれいな水がこんこんと湧いていました。

    その水を手桶に汲んで本郷の湯島切り通しの上に立っていると
    ここを大八車に材木、庭石、植木などを積んで通ります。

    真夏の暑いときなど、皆、坂を上がってしまったら、
    かじ棒を下ろして、やれやれと汗を拭いています。

    こんなときに冷たい水が飲めたらなと思っていると
    ひゃっこい水、ひゃっこい水と
    お茶の水の水を汲んできた少年が水を売り歩いています。

    たちまちのうちに売り切れて
    何遍も水を汲んでは売ります。

    土手の下に行ったらただの水が
    坂の上に行ったら1銭の値打ちがあるのです。

    人間が持つ共通の動機は2つ

    人間の行動は
    私たちが思っているほど複雑なものではないと言われています。

    フロイトは
    人間の心の第一の要素は“イド”だと説きました。
    “イド”は、快楽を求め、苦痛を避けようとします。

    この作用を心理学では、「快楽と痛みの法則」と呼んでいます。

    つまり、人間はつねに
    「快楽」を求め
    「苦痛」を避けようとしています。

    浅野総一郎の話は
    喉が渇いて堪らない
    という「苦痛」を避ける欲求に即していたから
    うまくいったのですね。

    「快楽」を求める欲求と
    「苦痛」を避ける欲求のどちらの方が強いのでしょうか?

    この間、歯医者に行ったら
    ホワイトニングという歯を白くする方法があるのを知りました。

    若い女性にとっては
    真っ白な歯になることは
    男性に持てるようになるでしょう。

    だから、ホワイトニングは
    「快楽」を求める欲求ということになりますね。

    一方、虫歯が痛くて痛くて…
    こんな場合は、すぐにでも直して欲しい。
    文字通り「苦痛」を避ける欲求です。

    この例を考えれば、すぐに分かりますね。

    「苦痛」を避ける欲求の方が
    「快楽」を求める欲求の方が強いのです。

    悩みや困りごとのリストアップ

    あなたが起業しようとしている事業で
    お客様が困っていること
    悩んでいることをリストアップしてみましょう。

    10個以内のリストアップでは不十分です。
    最低50個以上あげてください。

    満足度が高まることをリストアップ

    今度は、こうすれば
    もっとお客様の満足度が高まるだろうということを
    リストアップしてください。

    これは、困っていることや悩んでいることほど
    多くリストアップできないかも知れません。
    でも、一生懸命考えてくださいね。

    困っていること、悩んでいることのリストアップ
    満足度が高まることのリストアップ

    これは、あなた自身が考えるとともに
    想定しているターゲット層の何人かに
    インタビューしてみることも必要です。

    いずれにしても
    ターゲットとしているお客様を幸せにするという
    強い気持ちで取り組むことが必要です。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “事業とは、人を幸せにする想像力と
    それを実現する努力である”

    追 伸

    現在、「起業を成功させる最も重要な3つのポイント」
    という48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。
    これから起業する中高年の方が
    一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
    このブログのバナーをクリックして入手してください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ライフワーク起業ナビゲーター
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

    }jAv[g

    どんな価値を提供する事業なのかを考える!

    2017年3月14日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    シニアのライフワーク起業を応援しています。

    3月5日に横浜・栄区の
    新大船商店街で実施した朝市祭

    この実施を考えた83歳の商店会長に
    「よくやってくれました!」と
    地域の人たちからのお礼の列ができたと言います。

    なぜそんなに喜んだのか
    昭和の時代には栄えた商店街
    今では、すっかりシャッター商店街になってしまった。

    でも、再びかつての賑わいを取り戻した
    商店街を見て、地域の人たちが本当に嬉しかったのです。

    普段は、大型店まで買物に行っている地域の人たち
    やはり、シャッター通りになった地元の商店街を
    見るには忍びない心境だったのですね。

    この朝市祭の様子
    テレビ朝日の16日のスーパーJチャンネルの
    特集で放映するという連絡がありました。

    さて、今回のテーマは
    「どんな価値を提供する事業なのかを考える!」です。

    ビジネスの根幹を明確にする9つのステップ

    繰り返しになりますが
    ビジネスの根幹を明確にする
    9つのステップを確認しておきましょう。

    第1ステップ:自分の起業のテーマを決める。
    第2ステップ:誰の悩みやニーズに応えるかを明確にする。
    第3ステップ:ターゲットの悩みやニーズをリストアップする。

    第4ステップ:SWOT分析を行う。
    第5ステップ:提供価値を決める。
    第6ステップ:ポジショニングを行う。

    第7ステップ:コンセプトを明確にする。
    第8ステップ:ミッション、理念、ビジョンを決める。
    第9ステップ:情報発信や集客方法を明確にする。

    今回は第5ステップの
    「提供価値を決める」の部分です。

    バリュープロポジションとは?

    バリュープロポジションとは
    ・顧客が望んでいて
    ・競合が提供できない
    ・あなたが提供できる価値なのです。

    つまり、あなたしか提供できない
    人の幸せにつながる
    新しい価値を創造して提供すること

    こんなことを言うと、あなたのこんな声が聞こえてきそうです。
    だって、それが分からないから
    みんな、苦労しているんじゃないか?

    そうです、その通りです。

    でも、あなたの身の周りにある商品をみてください。
    テレビのリモコン
    全部の機能を使っていますか?
    スマホの機能
    これも全部の機能を使っていますか?

    これもできる、あれもできる
    これって、本当に顧客が望んでいるでしょうか?

    競合他社もやっているから
    ウチもやる。
    十分に検討せずに
    横並びの意識でやっていることはないでしょうか?

    顧客が望んでいる価値を考える

    まず第一の作業は
    「顧客が望んでいる価値を考える」です。

    これには2つの方向からのアプローチがあります。

    一つ目は、今まで何度もご紹介してきた
    顧客の悩みや困りごとから考えるアプローチです。

    あなたがこれからやろうとしているビジネスで
    ターゲットとしている顧客が悩んでいること
    困っていることを徹底的にリストアップします。

    その商品・サービスの情報を得るとき
    その商品・サービスを提供している人や場所を探すとき
    その商品・サービスを購入するとき

    その商品・サービスを購入する価格について
    その商品・サービスを使用しての不満や不便
    その商品・サービスをリピート購入するとき

    その商品・サービスのアフターサービスの不満や不便
    その商品・サービスを廃棄するとき

    以上のように分解して考えると
    色々な悩みや困りごとが出てきやすいと思います。

    2つ目は
    人間の根源的な10の欲求から考える
    アプローチです。

    自費出版で億万長者になった
    ジェフリーラント博士によると
    人間の根源的な欲求は
    次の10個だそうです。

    この10個の欲求から新しい価値を考えるアプローチです。

    1 経済的な安定が欲しい
    2 健康が欲しい
    3 愛が欲しい

    4 安全(安心)が欲しい
    5 救済が欲しい
    6 自尊心(名声・尊敬が欲しい)
    7 帰属意識(コミュニティや仲間との調和が欲しい)

    8 独立したい
    9 性的な満足が欲しい
    10 美貌・個人的な魅力を上げたい

    この10個の根源的な欲求の一つひとつについては
    次回のブログでご紹介していきます。

    自分が提供できる価値を考える

    顧客が望んでいる価値を考えたら
    次は、「自分が提供できる価値を考える」です。

    まずやるのは
    あなたの強みの棚卸しです。
    次の質問に答えながら強みを棚卸ししていきます。

    1 あなたに出来て、他の人に出来ないことは何ですか?
    2 あなたが上手なこと、得意なことは何ですか?
    3 あなたにとって、上達が早いことは何ですか?

    4 人に「凄いねっ!」って言われることは何ですか?
    5 人に相談されたり、お願いされたりすることは何ですか?
    6 今までお金をたくさん費やしてきたことは何ですか?
    7 今まで時間をたくさん費やしてきたことは何ですか?

    8 あなたが人にしてあげて喜ばれたことは何ですか?
    9 あなたが所有しているもので活かせるものは何ですか?
    10 あなたが今まで以上に上達したいと思うことは何ですか?

    この質問に答える場合
    あなたがこれからやろうとする
    ビジネスの領域を考慮せずに
    自由にあげていくことがポイントです。

    なぜならば、全然関係がないと思われることでも
    あなたのビジネスの強みにつながってくる可能性があるからです。

    次に、顧客が望んでいる価値を見ながら
    棚卸しした自分の強みをどのように
    活かしていくかを考えます。

    今回は以上です。
    次回は、人間の根源的な10の欲求
    についてご紹介していきます。

    楽しみにしていてください。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

     “他人の評価は変わるもの
            今日の自分次第で”

    追 伸

    現在、400の起業事例から導き出された
    50代、60代で起業するなら
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    お陰様で、読んでいただいた方には大変ご好評をいただいています。

    これから起業するシニアの方が
    一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
    バナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ライフワーク起業ナビゲーター
              大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

    }jAv[g

起業成功マニュアル

無料マニュアルプレゼント

PAGETOP
Copyright © 好きを仕事に!ライフワーク起業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.