40代後半、50代、60代の中高年の方が、自分の夢を実現するために起業してライフワークにし、豊かな第二の人生を送ることができるスキルとノウハウを提供します
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 3C分析

3C分析

    “顧客ニーズは聞くべきでない!”は正しいのか?

    2019年1月9日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    500名の起業相談から生まれたノウハウを活用して
    50歳以上のシニアの起業を応援するブログを配信しています。

    昨年3月、神奈川県秦野市の市役所前広場で
    「はだの朝市まつり」をやり、8,000人に来場者で賑わいました。

    今年も3月に、地元秦野市だけでなく
    神奈川県内各地から80店が出店してやります。
    昨夜は、そのためのミーティングがありました。

    今年は来場者を1万人の大台に乗せようと
    関係者一同張り切っていました。もちろん私も張り切っています。

    さて、今回のテーマは
    「“顧客ニーズは聞くべきでない!”は本当か?」です。

    カレーやチャーハンも出して欲しいと言われたが…

    ある喫茶店を取材したときのこと
    店主がこんな話をしてくれました。

    お昼時間に良く来店するお客様から
    「ここでお昼も食べたいからカレーやチャーハンも
    出してくれないかな」と言われたそうです。

    昼食用のメニューを出せば
    その分、売上げがあがることは分かっている。
    さて、あなたならどうしますか?

    ここの店主は、きっぱりと断りました。
    彼はその理由をこう言っていました。

    「ウチは喫茶店です。確かにカレーやチャーハンを出せば
    昼食の客が来るかもしれない。でも客の言うことを聞いていたら
    ウチは何の店か分からなくなってしまう」

    一部の顧客にニーズを聞くのではなく
    あくまでも美味しいコーヒーを出すという
    自分の店のポリシーを大事にしたのです

    その後、彼の店はどうなったか?
    コーヒーが美味しいという定評と
    店主の人間性と店の雰囲気で繁盛しています。

    オン・ビジネスから見るか?
    それとも、イン・ビジネスから見るか?

    オン・ビジネス(on business)とは
    ビジネスを俯瞰して見ている状態のこと

    イン・ビジネス(in business)とは
    自分がビジネスの中に入って働いている状態のこと

    先ほどの喫茶店の店主は、
    自分の店をオン・ビジネスの視点
    つまり、顧客、競合他店、自店に3つから俯瞰して見ていたのでしょう。

    顧客(Customer)、競合他店(Competitor)
    自店(Company)の頭文字をとって、この3つは3Cと言われています。

    かの喫茶店の店主、顧客からの
    カレーやチャーハンも欲しいというニーズ
    があったけれど、それだけでは判断しませんでした。

    自店の周りを見れば、
    昼食用の美味しいメニューを出す店は何店もある
    わざわざ、このような店と競合する必要があるのか?

    自分は、美味しいコーヒーを出すことには自信がある
    でも、カレーやチャーハンは、作ってもまあまあだろう。

    つまり、顧客ニーズだけでなく
    競合他店や自店の強みも俯瞰して
    メニューをどうするかを考えたと思います。

    イン・ビジネスの視点は必要ないのか?

    では、広く俯瞰したオン・ビジネスの視点だけで
    ビジネスの中に入って、顧客のニーズを正面から受け止める
    というイン・ビジネスの視点は必要ないのでしょうか?

    これも取材に行ったある喫茶店の話です。
    お客様が席に座れば、何も言わなくても好みの味のコーヒーが出てきます。
    店主が、何百人のお客様の好みをすべて覚えているのです。

    「凄い記憶力ですね!」と言うと
    「お客様に興味を持っているうちに、
    自然に頭の中に入って忘れないだけです」と答えていました。

    これぞ、まさにイン・ビジネスの視点で
    お客様に接していた結果でしょう。

    起業には、どんな視点が必要か?

    これから起業する場合
    オン・ビジネスの視点が大事か?
    それとも、イン。ビジネスの視点が大事か?

    結論を言えば、両方が大事です。
    自分のビジネスの方向性を考えるとき、
    ビジネスプランを考えるときは、オン・ビジネスの視点が重要でしょう。

    しかし、日々の業務では、
    お客様の立場に立って、どうしたら喜んでもらえるか
    というイン・ビジネスの視点が重要になります。

    これから起業するにあたって
    自分のビジネスプランを考える場合は
    オン・ビジネスの視点を忘れないようにしてください。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “毎日が人生の分かれ道
    あきらめるか、もう一度やるか”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

    }jAv[g

    起業相談者が無視しがちな2つの要素とは?

    2018年4月5日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

    4月から自治会の広報担当役員になりました。
    役員のなり手がないので、どうしても受けて欲しい
    と、自治会の方々が10人前後で依頼に来ました。

    気の弱い私は、断り切れずに受けてしまったというわけです。
    広報担当の仕事は、年に4回自治会の新聞を発行すること
    この他、色々な会議に出席することも求められます。

    どこの自治会も会員が年々減少気味
    わか自治会の加入率は約6割、以前に比べてかなり低下しているようです。

    川崎の小倉商栄会の朝市
    自治会がPRブースを出しています。
    このように積極的なPRが必要なのかな。

    さて、今回のテーマは
    「起業相談者が無視しがちな2つの要素とは?」です。

    自分だけで思い込んでいる人が多い!

    10年以上起業相談をやっていると
    色々は人が相談に来ます。

    「この商品は、こんなに便利で誰もが欲しいと言うと思います」
    「これだけのメニューを出す店は、他にはないと思います」
    「こういうテーマで起業すれば、世の中にきっと受け入れられるはずです」

    このように、自分の商品、メニュー、テーマは
    素晴らしいと、自分ファーストで考える人が多くいます。

    このような人たちは
    起業する場合に考えなければならない
    2つの要素を無視していると言わざるを得ません。

    起業の際に考えなければならない3C分析とは?

    多くの人が一度は耳にしたことがある3C分析
    外部環境や競合の状況から事業の成功要因を明確にし
    事業を成功に導くために用いられる分析方法です。

    これは、1982年に経営コンサルタントの大前研一さんが
    提唱した分析手法で、次の3つの頭文字をとったものです。

    ・Customer:市場・顧客ニーズ
    ・Competitor:競合の提供している商品・サービス、顧客ニーズへの対応
    ・Company:自社の提供する商品・サービス

    自分ファーストで考える人たちは
    市場や顧客ニーズ、競合について意識はしていますが
    しっかり調べたり、確認することなく
    自分の商品・サービスは必ず売れる(はずだ)と考えているのです。

    商品・サービスの購入は、お客様が選択します。
    だから、お客様の視点から考えることが必須であり
    市場・顧客ニーズ、競合は欠かせない要素です。

    自分は、そんなことはないよと思われているかも知れません。
    でも、実際に起業相談をやっていると、こういう方が多いのが現実です。

    市場・顧客ニーズ、競合はどうやって調べるか?

    まずは、市場・顧客ニーズについては
    ターゲットとして想定している人に
    困っていること、悩んでいること、
    こうなれば良いなと思っていることを直接聞くのが一番です。

    「Yahoo!知恵袋」で、どんな悩みや相談があるかを
    調べることもやってみるといいでしょう。

    競合については
    お店ならば、実際に競合となるような
    お店に行って、商品・サービスを購入してみること

    自分が起業する事業について
    ネットで検索して、どんな企業が、どんな商品・サービスを
    提供しているかを調べることも必要です。

    SWOT分析表に整理する

    3Cについて調べたら
    その結果を、SWOT分析表に整理すると
    自分の事業の戦略の方向性が見えてきます。

    SWOT分析は
    自社の強みと弱み、事業を取り巻く環境の
    機会(チャンス)と脅威を整理したものです。

    競合と比較すれば
    自社の強みや弱みが見えてきます。

    市場・顧客ニーズから
    機会や脅威がはっきりしてきます。

    起業に当たっては
    このSWOT分析、ぜひやって欲しいと思います。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “得られるものが増えると、幸せになるのではなく
    与えられるものが増えると、幸せになる”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    起業にはリスクが伴いますが、
    3つのポイントを知ることによって、
    起業のリスクを最小限にすることができます。

    生きがいと経済的な豊かさを両立させるには
    どうすればいいのかを知ることができます。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    あなたのメールアドレスを登録して、ぜひ入手してください。

    経済産業大臣登録中小企業診断士
    ラーフワーク起業ナビゲーター
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp
    090-5521-7427

    }jAv[g

起業成功マニュアル

無料マニュアルプレゼント

PAGETOP
Copyright © 好きを仕事に!ライフワーク起業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.