40代後半、50代、60代の中高年の方が、自分の夢を実現するために起業してライフワークにし、豊かな第二の人生を送ることができるスキルとノウハウを提供します
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2018年11月

月別アーカイブ: 2018年11月

    あなたの起業には志(こころざし)はあるか?

    2018年11月24日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    50代からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

    11月18日に実施した
    大和市桜ヶ丘の朝市に引き続いて
    12月9日には横浜市栄区の新大船商店街で朝市です。

    栄区にあるこの商店街、“栄”つながりで交流がある
    長野県栄村の野沢菜漬け、しめじ、まいたけ等を販売します。

    今年の5月には、栄村から農家の方に来てもらい
    山菜やキノコを販売したところ、大人気で1時間ちょっとで完売でした。

    今回は年末の忙しい時期なので、農家の方は来ません。
    そのため、商店街の人たちとともに私も販売の手伝いをします。

    商品はすべて350円均一
    果たしてどのくらい売れるかな?

    さて、今回のテーマは
    「あなたの起業には“志(こころざし)”はあるか?」です。

    “志(こころざし)”と“野心”の違いは?

    サラリーマン時代には出来なかったけれど、
    起業してこんな店を持ちたい、こんな仕事で自分を活かしたい
    これから起業する人は、皆さん夢を抱いています。

    夢を抱くことは素晴らしいことです。
    でも、何のためにその夢を実現したいのか
    によって、起業の成否が決まるとも言われています。

    何のために夢を実現するのかによって
    その夢が、“志(こころざし)”なのか
    “野心”なのかの2つに分かれます。

    自分のためだけの夢ならば、それは“野心”です。
    世の中のために役立つ夢ならば、それは“志(こころざし)”です。

    このことは、次のような公式で表現できます。
    夢+フォーミー=野心
    夢+フォーユー=志(こころざし)

    人は“野心”には共感してくれません。
    例えば、「起業を成功させて大きな家に住み、スポーツカーを買うんだ」
    と言っても、人は「そう、頑張ってね」とは言うでしょうが、共感してはくれません。

    一方、例えば、独居暮らしの高齢者の安否確認を
    行いながら、地産地消の新鮮な材料を使用した
    弁当を宅配する事業を始めると言えば

    「良いですね、私の知り合いに
    有機栽培で野菜を栽培している人がいるから紹介しましょうか?」
    というように、共感して協力してくれる人が現れる可能性があります。

    “志(こころざし)”と持つと、
    ・共感者や協力者が現れます。
    ・自分の仕事に誇りを持つことができます。

    ・社会に役立つという意識が積極性を引き出します。
    ・壁に突き当たっても考えがブレません。

    だから成功につながりやすいのです。
    でも、“志(こころざし)”さえあれば、
    うまくいくというわけではありません。

    きちんとしたビジネスモデルを
    作成することが前提条件になります。

    志(こころざし)は、どうやって創っていくのか?

    そのためには、次の3つのステップで考えていきます。

    第1ステップ:社会に困りごとの明確化
    世の中にはこんな困りごと、
    こんな悩みを持っている人がいる。

    第2ステップ:その困りごとの解決方法
    その困りごとや問題に対して
    私はこんな仕事を通して解決していく。

    第3ステップ:実現したい理想の社会
    その結果、私は仕事を通して
    こんな世の中を目指していく。

    志(こころざし)を実現するには2種類のやり方がある!

    まず、目標を決めましょう。
    その目標を達成するための具体的な計画を立て
    それに基づいて一歩一歩進めて行きましょう。

    あなたが学んだ起業の本には
    このようなことが書いてあると思います。
    このような方法を目標達成型成功と呼んでいます。

    これは極めて正しいやり方であり、
    成功するための王道であると言えるでしょう。

    しかし、もう一つの方法、つまり
    展開型成功という方法があることをご存知ですか?

    目の前の人を大切にし、
    目の前の仕事に全力で取り組むことで人に好かれ
    頼まれごとが増えていくうちに、どんどん道が開けていく方法です。

    実際に、出会う人を幸せにすると
    チャンスが増えてステージがあがっていく
    ということは、良くあることだし、良く耳にもします。

    目標達成型成功と展開型成功
    どちらが望ましいというわけではありません。
    自分に合った方法をとればいいと思います。
    また、2つをミックスさせるという方法もあります。

    起業家が陥りやすい“ビュリダンのロバ”

    腹をすかせたロバがいた。
    エサはないかと、あちこち歩いて乾し草の山を見つけた。
    しかも二つも見つけたのである。

    二つの乾し草の山は、
    どちらも同じほど旨そうに見え
    量もまったく差がなさそうに見えた。

    さて、どちらの乾し草を食べようか?
    ロバは迷ってしまった。

    彼は右に二、三歩あるいてみたが、
    左の方が良さそうに見える。
    何度も右に行き、また左に戻る。

    行きつ、戻りつしているうちに
    きっとロバは餓死してしまうに違いない。

    これが、14世紀のフランスの哲学者の
    ピュリダンが述べたと言われている
    “ピュリダンのロバ”をいう話です。

    人生は、右に行くか、左に行くか、選択することの連続です。
    特に起業する場合は、どちらを選択するかによって
    結果が大きく違ってきます。

    だからこそ、“ピュリダンのロバ”のように
    右か左か思い悩んで、なかなか決断ができません。
    つまり、一歩前に進むことが出来ずに時間だけが過ぎていきます。

    新しいことへの挑戦には
    リスクが付きものです。

    リスクを恐れて行動しなかったら
    “ピュリダンのロバ”のように餓死してしまうでしょう。

    まずは行動してみる。
    行動すれば、次の現実が見えてきます。
    行動しなければ、何も見えてきません。

    自分の心の中に分け入って
    自分の本当の夢は何か?
    どんな志(こころざし)を実現していくのか?

    これさえ明確になったら
    目標達成型成功を目指すにしても
    展開型成功を目指すにしても、行動あるのみです。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “人が創り出せる最も素晴らしいものが、生き方”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士
    大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

    }jAv[g

    不安な人ほど良く勉強する?

    2018年11月4日

     

    こんにちは
    「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

    好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
    経済的にも豊かに生きる
    50代からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

    いま、小田原城では菊花展が開かれています。

    もうそんな時期かと思ってしまうほど、季節の移り変わりは速いですね。

    「菊作り 菊見るときは 陰の人」

    自分が丹精込めて作った菊を
    大勢の人の陰からじっと見つめている。

    自己主張をしない謙虚さの中に
    自信を感じさせるこの言葉が私は好きです。

    さて、今回のテーマは
    「不安な人ほど良く勉強する?」です。

    起業に不安が付きまとうのは当たり前!

    世の中に起業しようと思っている人は沢山います。
    でも、実際に起業に踏み切る人は、ほんの一握りです。

    本当にうまくいくかな?
    失敗したらどうしよう?
    家族は反対するだろうな?

    起業とは、今までの自分とは
    違うことに挑戦することです。

    人間は、もともと新しいこと
    やったことがないことには不安を感じるように出来ています。

    だから、起業に当たって
    不安を感じるのは当然のことなのです。

    情報収集に明け暮れる毎日を送っていないか?

    起業するには、様々な情報が必要です。
    だから、これから起業しようとする方にとって
    情報収集は、必要不可欠な起業準備の作業です。

    でも、情報収集には、きりがありません。
    情報を集めても集めても
    まだ、こんな情報が足りないのではないかと不安になり
    さらに情報収集に没頭します。

    特にネット社会になってからは
    ネット上に多くの情報が溢れかえっています。
    次から次へと情報教材も登場しています。

    情報コレクター、ノウハウコレクターに陥ってしまい
    それにお金を使い過ぎて破産してしまったという話しも聞きます。

    「起業」という名の付く本を
    片っ端から買って読む人もいます。
    買って読むならまだましですが、読まずに積んで置くだけの人もいます。

    なぜ、このように情報収集に
    明け暮れるようになってしまうのでしょうか?

    過剰な情報収集は、これが原因だ!

    一番の原因は「不安感」です。

    起業にはリスクが付き物、だから不安がいっぱい。
    どんなに情報を集めても、まだ足りないのではないか?
    この点が弱いのではないか?

    こんな不安に駆られて情報を集めまくります。
    集めれば、いったんは安心するのですが
    すぐまた不安になります。

    その結果、情報の洪水の中で溺れてしまい
    情報収集や情報教材のためにお金を沢山使ってしまいます。
    そして、そのための出費は未来への投資だと自分を納得させます。

    つまり、不安な人ほど
    情報収集という勉強を良くしているのです。
    そして、情報洪水の中に溺れてしまうのです。

    起業に当たって、不安に思うのは当たり前
    だから情報を集めまくって不安を解消しようとする

    では、情報洪水の中で溺れないようにするにはどうしたらいいのか?
    そのためには、必要な情報を明確にし、優先順位を付けることが必要です。

    起業に必要な3種類の情報とは?

    必要な情報 その1 専門分野の情報

    自分が起業しようとする分野の
    専門的な情報やノウハウです。
    これが必要なことは言うまでもありませんね。

    したがって、この情報やノウハウを
    知らずに起業する人はまずいないと思います。
    しかし、これにも落とし穴があります。

    情報の鮮度の問題です。
    会社員時代、長年にわたって
    この分野の仕事をしてきた大丈夫と思っていても
    どの分野でも日進月歩で進歩しています。

    自分の知っている情報やノウハウが
    古くなっているかも知れません。
    この点については、しっかりチェックしておくことが必要です。

    必要な情報 その2 生き残るための情報

    起業の現実は厳しいものがあります。
    起業して、3年後まで生き残れるのは3割
    10年後まで生き残れるのは、たった5%と言われています。

    私たちは生き残ることを考えなければなりません。
    したがって、起業に当たって一番必要な情報は、生き残るための情報です。

    その情報とは何か?
    それは市場性と競合です。

    あなたが起業しようとしている事業には
    果たして、どの程度の市場性があるのか?
    これに関する情報をしっかり捉えておく必要がありません。

    市場性があったとしても
    その事業分野の競合が激しい場合
    新規に参入してもうまくいく可能性は少なくなります。

    市場性と競合
    これについての情報収集は
    まず第一に優先すべき情報です。

    必要な情報 その3 マーケティング情報

    売上げがなければ
    その事業を継続させることはできません。

    売上げをあげるためには
    マーケティング情報が必要です。
    しかし、これが曲者です。

    店舗販売にしても
    セミナーや教材販売にしても
    お客様を集めなければ売上げにはつながりません。

    マーケティングのポイントは“集客”です。
    そのため、ネット上には“集客”についての
    情報やノウハウを提供するセミナーや教材が溢れています。

    いわゆるノウハウコレクターは
    “集客”についての情報教材を次々に買い込んで
    “情報貧乏”に陥っている人をちょくちょく見掛けます。

    この方法がいいと聞けば、そちらになびき
    あの方法がいいと聞けば、あちらになびく
    これでは、いくら情報収集しても不足感が残ります。

    自分の事業の“集客”には何が効果的か
    しっかり見極めたうえでの情報収集が必要です。

    起業を成功させるために最も重要な情報は?

    起業に必要な3つの情報についてご紹介してきましたが
    これらの情報の前提として、
    起業を成功させるための最も重要な情報があります。
    それは、“あなた自身”の情報なのです。

    自分は本当に何をやりたいのか?
    自分の才能や能力を活かす仕事は何か?
    自分はどんなことをやるために生まれてきたのか?

    このような自分についての
    本源的な情報を知ることが最も重要なのです。

    したがって、起業を考えるならば
    まず第一に、このような情報について
    しっかり把握することが求められます。

    つまり、自分のとっての
    ライフワークは何かを明らかにすることです。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “一歩踏み出す
    その勇気が新しい人生になる”

    追 伸

    現在、シニアが起業する際に
    絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
    「シニアの起業成功マニュアル」という
    48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

    このブログのバナーをクリックすると
    詳しい内容が分かるようになっています。
    ぜひ入手してください。

    発信者
    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士        大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

    }jAv[g

起業成功マニュアル

無料マニュアルプレゼント

PAGETOP
Copyright © 好きを仕事に!ライフワーク起業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.