“売ること”に対するメンタルブロックをはずすには!IMG_1506

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
40代後半からのシニア層のライフワーク起業を応援しています。

お盆休みに横浜港に停泊している
オーシャンドリーム号の船内見学に行って来ました。

80日間で世界一周
そのうちお金と時間ができたら行きたいなと
思いましたが、やっぱり私には向いていないと思いました。

船内にはバーやホールがあって
色々なことを楽しめるようですが
長いこと船内にいたら退屈してしまうに違いないと思ってしまいました。

いやぁ~、のんびりと船旅は良いよという方には
リーズナブルな費用で世界一周ができるのでお勧めです。

さて、今回のテーマは
「“売ること”に対するメンタルブロックをはずすには!」です。

なんで俺がこんなことやらなければならないのか!

私は30代の頃
化粧品の訪問販売のセールスをやっていました。
まったく売れないダメセールスマンでした。

なぜ、私がセールスをやっていたのか?
化粧品会社に入社して私は主に企画や教育の仕事をやっていました。
ところが入社10年目に販売研修所に入れられて
2年間のセールス実習をやることになったのです。

化粧品の訪問販売ですから
毎日、「ごめんください、〇〇化粧品です」と言って
一般住宅を飛込みセールスです。

なんで俺がこんなことをやらなければならないのか?
そんな不満を持ちならば、セールスをやっていました。

いきなり「ごめんください」と言って
訪問すること自体が相手に対して迷惑ではないか
しかも、高い化粧品を売りつけるなんてとんでもない

こんな私に商品が売れるはずがありません。
“売ること”に対する強烈なメンタルブロックが掛かっていました。

起業したら、販売なしには事業は成り立たない!

苦しい2年間を終わり
私は再び企画や教育の仕事に戻り
もう、セールスの仕事をやる必要はなくなりました。

サラリーマンなら
セールスや営業の仕事は嫌ならば
他の仕事がいくらもあります。

でも、起業したら自分は
セールスや営業はやりたくない
という訳にはいかないのです。

自分の商品やサービスを販売しなければ
事業は成り立ちません。

でも、多くの人が“売ること”に対して
メンタルブロックがあります。

そこで今回は、メンタルブロックを
いかにはずしていくかについてご紹介していきます。

メンタルブロック1
「売ること=悪いこと」と考えていること

セールスをやっていた頃を私がそうでしたが
実は、多くの起業家もこんな心理を抱いていると言われています。

ところが、玄米を原料にした
サプリメントが新発売され、この商品は
けっこう売ることができました。

以前から健康食品に興味があり
玄米は身体にとても良いと信じていたので
これを売ることには抵抗がなかったからです。
逆にお客様に積極的に勧めていました。

本当に販売する商品のことを理解し
「売ること=悪いこと」ではなく
「売ること=人の役にたつこと」に変換することによって
メンタルブロックをはずすことができるのです。

メンタルブロック2
「断られる=人格の否定」と考えていること

毎日訪問販売をやっていて
一番苦しかったのは、これだったような気がします。
いきなりの訪問ですから、相手に露骨に嫌な顔をされます。

そのため、玄関のチャイムを押して
留守だということが分かると
嫌な顔をされなくて済んだと、ホッとしたこともたびたびでした。

でも、留守ならば商品は売れるわけありません。
ホッとしたのは、自分の人格が否定されずに済んだという思いからなのです。

断られたのは自分ではなく商品なのです。
でも、そんな商品を販売しようとした自分が否定されたと思ってしまうのです。

このメンタルブロックをはずすには
断られたら、人格を否定されたのではなく
商品や自分について知ってもらう機会を与えられなかっただけと考えることです。

メンタルブロック3
「お客=敵」と考えていること

訪問セールスをやっていると
色々なことに出くわします。
あるときは、塩をまかれたこともあります。

こんなことをされると
どうしても「お客=敵」と考えてしまいます。

それでなくても
セールス教育の場では
「相手を落とす」「相手を攻略する」などの言葉が使われていました。

本来的には
「お客様=パートナー」なのです。
どうしても売らなければという気持ちが強くなると
「お客=敵」と考えてしまうのです。

このメンタルブロックをはずすには
「売る=価値を提供する」と考えることが重要です。

そのために、こんなワークを提案します。
自分の商品がお客様にどんな価値を提案できるのか
200項目書き出すという作業をやることです。

あらゆる観点から考えないと
200項目は出てきません。
一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 “これがもう限界だ!
   さて、一息ついたら、もうちょっとだけやってみよう”

追 伸

現在、シニアが起業する際に
絶対知っておくべき最も重要な3つの成功ポイントをご紹介した
「シニアの起業成功マニュアル」という
48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

このブログのバナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。
ぜひ入手してください。