生きる活力はどこから生まれるか? 

「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

3月1日に実施予定の「はだの朝市まつり」
神奈川県内各地から約70店が出店する大きなイベントであり
今回は、特別に静岡からヤギ牧場のヤギも参加する予定です。

しかし、新型コロナウィルス感染の広がりで
国内外の各地のイベントが中止になっており、
私たちのイベントもどうするか検討しなければなりません。

さて、今回のテーマは
「生きる活力はどこから生まれるか?」です。

仕事自体が「生きる活力」

仕事を辞めて家にいると
急に老け込むという話をよく耳にします。

特に今まで会社人間だった男性ほど、
この傾向が強いと言われています。

だから、趣味でもボランティアでも地域活動でも、
何かやることが大事だよと人に勧められます。

人と人と関わること、
自分の出来ることで周りの人の役に立つこと、
そのこと自体が「生きる活力」につながるからでしょう。

しかし、働くことの方がもっと
「生きる活力」につながります。

起業して働けば、報酬を得ることができます。
人や社会の役に立つ活動をした結果が
売上げという形でフィードバックされるのです。

無報酬の場合と比べて、取組む姿勢や真剣度が違います。
「自分はプロだ!」という心構えが自信や誇りになります。

「人生100年時代」を全うしたいなら、
仕事をすることによって、起業して自分の才覚で仕事をすることによって
「生きる活力」を持ち続けることが必要だと思われます。

「丸い心」と「感謝」で生きる

年を取ると、頑固になったり人の話を聞かなくなる人がいます。
逆に、年齢とともに性格が「丸くなる」人もいます。

カリフォルニア大学のメイサー・キャサリンらの
研究によると、年齢を重ねると次のような現象が
現れることが明らかになったというのです。

・激しい否定的感情を前ほども持たなくなる。
・否定的感情には、肯定的感情ほど注意を払わなくなる。
・否定的感情の原因を、肯定的感情の原因ほど記憶しなくなる。

つまり、年齢とともに
否定的な感情よりも肯定的な感情が強くなり、
「丸くなる」というのは本当だったのです。

シニアとして生活したり働いたりする場合、
このことは極めて重要だと思います。

起業がうまくいくポイントの一つは、
会社にいた時以上に謙虚に人の意見や
アドバイスに耳を傾けること、

しかし、今まで高い地位にあった人ほど、
これができにくいと言われています。
そうすると、段々相手にしてくれる人がなくなってしまいます。

もう一つ大事なこと、それは「感謝」です。
意見やアドバイスをしてくれた人だけでなく、
自分に関わり合うすべての人に「感謝」の気持ちを持つこと、

このような人の周囲には協力してくれる人が集まってきます。
そして、自分も気持ちよく仕事をしたり、生きていくことができます。

「挑戦し、走り続ける」一方で、
人の意見やアドバイスに耳を傾ける「丸い心」、
そして周囲の人に「感謝」の気持ちを持つこと、

これによってネットワークができやすくなり、
沢山のチャンスが生まれることにつながります。

シニアだからこそ「人望のある人」
「徳のある人」と言われたいですよね。

今回のブログは、
自分自身にしっかり言い聞かせる積りで書きました。

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“運はいつも、
思いっきり手を伸ばした時、つかめるところにある”

ライフワーク起業ナビゲーター
経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

 

EFuZ~i[

Ct[NNƃTNZXy

}jAv[g