好きなことを仕事にして収入を得るには?(2) 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場靖夫です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
中高年のライフワーク起業を応援しています。

今日、小田原の書道家、辰巳承子さんの書の展示を見に行って来ました。
力強い筆致で「有志事竟成」の文字
“志があれば成らざる事はなし”
という意味だそうです。

P1080165

これから起業する人にはぴったりの言葉だと思いました。

さて、今回のテーマは前回に引き続き
「好きなことを仕事にして収入を得るには?」
の2回目です

自分の好きなこと、やりたいことの動機を考える!

このブログの3本目の
「起業するのに遅すぎることはない!」の中で
60代から「介護のできる美容師」に転身した人
の例を
ご紹介しました。

彼が「介護のできる美容師」を目指した動機は何でしょうか?

「高齢者の喜ぶ顔を見たい」
「高齢者に生きる意欲を持って欲しい」
「人のために役立ちたい」

こんな動機が考えられますよね。
これを達成することができれば
美容師でなくても良かったかも知れません。

例えば、50代のあなたが医者になりたいと思ったとします。
その動機は何でしょうか?

「苦しむ人を助けたい」
「世の中に役立っているという実感が欲しい」
「社会から尊敬されたい」

こんな動機から医者になりたいのであれば
これを達成することができれば
医者でなくても良いかも知れません。

自分の好きなこと、やりたいことが、
現実にはできない場合
あるいは、それではキャッシュポイントが見つからない場合

動機から考えていくことも一つの方法です。
そのことによってワクワクするならば
それは立派なライフワークです。

独りよがりに陥らないこと!

好きなことをやっていても
お金につながらない人が陥るワナの一つが
独りよがりになることです。

フランス料理が好きで
ヨーロッパまで見に行って
こだわりにこだわったフレンチの店を開いた。
ワインも良いものを揃えた。

でも、お客様が来ない。
「お客は良いものを見る目がない」と店主はボヤく。
こんなケースを聞くことがあります。

なぜ、お客様が来ないでしょうか?
自分だけが満足していても
お客様が満足しなければ
来店客数や売上げにはつながりません。

キャッシュポイントを考える場合
常にお客様のニーズや満足を頭の中に入れて
おかなければなりません。

なんと言っても、キャッシュポイントは
お客様が喜ぶところにあるのですから…。

そのためには、対象となるお客様の
ニーズを徹底的に探り出すこと
うまくいっているビジネスの
成功要因は何かをしっかり研究すること
このことを欠かすわけにはいきません。

自分がやろうとしていることで
どんなお客様が
どのように喜んでくれるのか?
これが明確にイメージできなければ
キャッシュポイントはない
と思っていいでしょう。

ポジショニングとブランディングの確立!

好きなことを仕事にしていても
売上げにつながらない
その原因として考えられるのが
そこに、あなたの“売り”がないからです。

他とは違う独自の“売り”
それを明確にするには
あなたのビジネスをどこにポジショニングするかに
関わっています。

そして、お客様と信頼関係をつくること
このことによって
お客様の心の中に、あなたのビジネスが
ブランドとして位置づけられます。

こういう関係ができると、
集客に最も効果があると言われている
口コミを期待することができます。

ポジショニングとブランディングについては
このブログで詳しく取り上げていく予定でいます。

自分の商品・サービス、ビジネスに自信を持つ!

自分がワクワクすることで
お客様に喜んでいただける
こんなビジネスのプランができたら
自信を持ってください。

自信を持って人に話す
お客様に自分の商品やサービスをお薦めする
自信を持つことが相手を惹きつけます。

金融機関の創業融資の担当者から
自信なさそうに事業計画を説明する人への融資は
ちょっと考えてしまいます
という話を聞いたことがあります。

本田健さんは、お金について次のように言っています。

「お金には、集まるところにはどんどん集まり
お金の居心地が悪いところからは
あっという間に逃げていく性質があります。

一番のコツは、そこに“ワクワクするエネルギー”を
発生させることです」

この前提になるのが、自分に自信を持つことです。

今回は以上です。

次回からは、
起業する事業のミッション、理念、ビジョンについて
考えていきます。
楽しみにしていてください。

}jAv[g