今、50代以上の起業が増えている! 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場靖夫です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
シニアのライフワーク起業を応援しています。

9月5~6日に東海大学湘南キャンパスで
日本建築学会大会が開かれ
全国から1万人に建築学関係者が集まります。

IMG_0716

これにあわせてキャンパス内で
「にぎわい市」をやって欲しいという依頼がありました。

出店者を募集したところ
神奈川県内全域から約60店が出店することになり
今日は、会場を実測しながら、出店場所マップを作成しました。

50代以上の起業が全体の5割近く!

最近、シニア世代の起業が増えています。
2014年版の中小企業白書によると
起業した時の年齢が50歳以上だった人の割合が
全体の46.7%と、5割近くに達しています。

なぜ、シニア世代の起業が増えているのでしょうか?それは、こんな理由からです。
 
○このまま会社にいても、せいぜい課長どまり、
 これで自分の人生終わってしまっていいのだろうか?

○すでに見えているゴールを目指すのではなく、
 体力のある50代のうちに起業して、次の夢を目指そう。

○定年後も働きたいが、給料が減ることは明らか。
 今のうちに起業しておけば、ある程度の収入の水準は確保できるだろう。

○子供も独立したので親としても責任は果たした。
 これからは自分のために仕事をしてもいいのではないだろうか?

でも、50代以上になると、
脳の機能が衰えていないかと心配ですよね。

いくつになっても脳は若返る!

脳はいくつになっても成長するという
ジーン・コーエンの長年の加齢研究の結果
このような説を発表し、今ではこれが定説になっています。

彼は、71歳のエステル・ジャンセンを
健康な年長者の脳は成長する
典型例として取り上げています。

夫との死別から立ち直ったエステルは、
何か新しい、やりがいのあることを始めたいと
思うようになりました。

20代の学生についていけるだろうか
という不安を抱えながらも
大学院で歴史学の修士号を目指す
ことにしました。

まず、大学院で必要となるパソコン技能を
身につけるために、
年長者向けのパソコン教室に通いました。

「まるで外国語を習っているみたいだった」
と感じるほどパソコンができなかったエステル、
しっかりマスターすることができました。

大学院の歴史のクラスでは、
常に自らすすんで、
時間を掛けて課題に熱心に取り組み
優秀な成績をもらいました。

中高年からの起業事例 その1 東洋医学を学んで治療院を開業

ここからは、中高年から起業した事例をご紹介します。

一人目は、石油業界で主に営業畑を歩いてきた男性の事例です。

50歳にさしかかる頃、
サラリーマン人生の先行きが見通せるように
感じた彼、
自分がやりたいことに思いをめぐらせ、
行きついたのが東洋医学です。

その夢をかなえるために、
在職中の53歳から鍼灸学院の夜間部に通い始めました。

54歳のときに早期退職に踏み切り
割増の退職金をもらいました。

56歳のときに国家試験に合格しました。
しかし、50代半ばの彼を
雇ってくれる鍼灸院はありません。

自分で独立してやっていくしかありません。
そのためには、もっと奥義を極める必要があります。

そこで北京中医医院に留学
中国語を習いながらの臨床の勉強です。

帰国した彼、横浜市内に念願の
治療院を開設しました。

中高年からの起業事例 その2 「介護のできる美容師」への転身

IT業界で一貫して営業畑を歩いてきた彼、
施設で暮らす92歳の老女の新聞記事を目にしました。
終日ベッドに寝たきり、医師が診ても
活力を取り戻しません。

ところが、ある日
ボランティアの美容師グループが来て
きれいに髪をカットし、セットしたところ
その日からあちこちの部屋に顔を出し、
施設内を元気に歩き回ったという話です。

この記事に触発され、「介護のできる美容師」を
目指したいと思うようになりました。

それからすぐ、美容専門学校の通信教育を受講、
毎週土曜日には紹介された美容院で働き、
週に2日間は、夜9時から11時半までの
実技の勉強会に参加しました。

美容師の免許を取得したのは55歳のときでした。

次には、ホームヘルパー二級の資格に
挑みました。

こうして60代に入って美容院を開業、
「介護のできる美容師」に転身しました。

彼の座右の銘は
「私の後悔することは、
しなかったことに対してであり、
出来なかったことではない」
という女優イングリッド・バーグマンの言葉だそうです。

以上、2つの事例は「たった一人の再挑戦」(加藤仁著)から
引用させていただきました。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 “知らない、分からない、だからこそ面白い”

現在、「起業を成功させる最も重要な3つのポイント」
という48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。
これから起業する中高年の方が
一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
ブログのサイドのバナーをクリックすると
詳しい内容が分かるようになっています。

}jAv[g