夢を描くことが起業の第一歩! 

本来の自分らしさを活かした
ワクワクする仕事で起業を!

こんにちは
50・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

今年は自治会の組長
コロナの影響で、ほとんどの自治会事業は
中止になりました。

でも、年末の「火の用心」は例年通りに行います。

拍子木を打ちながら
「火の用心」と声を出しながら
夜の町内を回る季節の風物詩です。

さて、今回のテーマは
「夢を描くことが起業の第一歩!」です。

このブログは、動画でもご覧いただくことも出来ます。
同じ内容を文字でも読むことも出来ますので
18 分の動画か文字かお好きな方をお選びください。

動画は、こちらからご覧ください。

https://www.facebook.com/oobalifework/videos/419567879487382

お前らは、自分は破滅しても夢に向かっていくというのか!

失敗するリスクがあるにもかかわらず
なぜ、起業するのでしょうか?

それは、どうしても自分の夢を実現したい
こんな想いから起業する人が多いのではないでしょうか。

かなり以前、このブログで
自動車で国に尽くしたいという豊田喜一郎の話を紹介したところ
いい話だったという反響が多かったので、
もう一度、ご紹介していきます。

「日本を強く豊かな国にしたい」という志のもとに
「気違い佐吉」「穀つぶし佐吉」と言われながらも
自動織機を発明した豊田佐吉

亡くなる前の床の中で
佐吉は息子の喜一郎に尋ねます。

「おれは、織機で国に尽くした。お前は何で国に尽くすんだ?」
喜一郎は「自動車がやりたい」と答えました。

「よし、わかった」と言って
自動織機の特許料として得た100万円を喜一郎に渡します。

喜一郎、研究につぐ研究の日々
佐吉にもらった100万円を使い果たしてしまいました。
それでも見通しは立ちません。

佐吉の娘婿の利三郎の家に増資の依頼に行きました。
「お前、車をやるのか?」
「そうだ、だが、金が足らん。貸してくれ」
「だめだ、会社を潰すわけにはいかん」

こんなやり取りが明け方近くまで続きます。
それまで黙っていた利三郎の妻
つまり、喜一郎の妹の愛子が
涙を流しながら利三郎に訴えました。

「今、お兄さんが帰ったら豊田は残るでしょう。
でも、夢は潰れます。
天にいるお父さんはそんなことは喜びません。
会社を潰しても、夢を潰してはいけません!」

妻の言葉を聞いて利三郎は叫びます。
「豊田家の血はどうなっているんだ。
お前らは、自分は破滅してでも夢に向かっていくというのか!
お前たちは気違いだ。わかった、いくらいるんだ!」

と言って、200万円を出しました。
もしもこの時、愛子の訴えがなかったならば
その後の自動車王国日本は誕生していたでしょうか?

夢を実現するには、自分の催眠術をかける!

日本一のマーケッターと言われている神田昌典さんから、
夢を実現するには、自分の催眠術をかけなさいという話を聞きました。

その方法とは
・目標を書いた紙を夜寝る前にボヤーと眺める。
朝起きたときに、またボヤーと眺める。
・目標設定は現在形  「私は○○になる」
・この目標に一歩でも近づくためには、
今この瞬間に何が必要だろうか?
心に質問するだけでいい。

目標を書いた紙を夜寝る前にボヤーと眺めるのは
昼間のあいだ、意識の上で思いつめ、
考えあぐねて解決できなかった問題を
潜在意識が一生懸命考えてくれるからだというわけです。

夢は大きい方がいいと言われていますが
いきなり、大きな夢が実現するわけではありません。

大きな夢というゴールに至るまでの
階段を作っていきます。
それも、少しずつ確実に登っていける階段が望ましいのです。

つまり、目の前の目標を確実に達成していくこと
これを繰り返して、少しずつ夢に近づいていくようにします。

では、どのような目標がいいのでしょうか?
神田昌典さんは、次のような目標が望ましいと言っています。

S 具体的である。 (例:年収アップ)
M 計測できる。  (例:1000万円)
A 同意している。 (例:この年収は確かに必要だ)
R 現実的である。 (例:そのくらいは達成可能な数字だ)
T 期日が明確である。(例:来年4月30日まで)

そして、
絞り込んだ1個の目標について、
今日一歩でも近づくために、いったい何をしなければならないか、
どんな小さいことでも書き出すことが必要だと言っています。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“景色を変えたいなら
         歩き出す”

 

オンライン講座のご案内

1月17日と24日の2日間
「50・60代のための夢を実現する起業成功法」
というオンラインでの講座を行います。

本来の自分らしさを活かし
人に喜こばれて社会に貢献でき
経済的にも豊かに生きるライフワーク起業

これを成功させるノウハウをシェアしていきます。

参加費は2日間で3,300円(税込)
詳しい内容はこちらからどうぞ。
https://resast.jp/events/513778

メルマガ登録のお勧め

5年ほど前から50・60代の起業を応援する
メルマガを週に1回の頻度で配信しています。

今、登録していただいた方には
「大脳生理学が明らかにした
50・60代は起業の適齢期」という資料を
プレゼントしています

メルマガの詳しい内容や申込みは
下記のURLまたはQRコードからご覧ください。

https://resast.jp/subscribe/147370

147370

 

ライフワーク起業ナビゲーター
経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp