起業成功の指定席はどこにある?(その2)

 

「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

今日の箱根・湯本の人通りは
いつもの1~2割前後と、閑散としていました。

そんな箱根の仙石原に
“渓流の魚と黒うどんの店”が近々オープンします。
この場所では昨年、私たちがマルシェをやったことがあります。

もともとニジマスの養魚場だった場所なので、
池の一部や森も残っており、敷地の広さは400坪
これらを活かして、森と池と花に囲まれた飲食店を目指しています。

コロナウィルスの感染で観光客は激減、
逆風が収まらない中でのスタートになりそうですが
屋外での飲食やテイクアウトでの対応も企画中とのことです。

さて、今回のテーマは
前回の続きの「起業成功の指定席はどこにある?」の2回目です。

四つの円が重なり合った中心が成功の指定席!

10年後まで生き残ることが
できるのは3割弱というのが起業の現実です。

では、生き残りにはどうすればいいのか?

起業が成功する指定席は、
「情熱」「能力」「ニーズ」「組合せ」という
四つの円が重なり合った中心にあります。

どれか一つが欠けていても指定席にはなりません。
前回は、このうちの「情熱」と「能力」についてご紹介しました。

今回は、4つの中の「ニーズ」と
「組合せ」についてご紹介していきます。

人に興味を持つことがニーズ発見の第一歩!

起業成功の四つの円の中の三つ目の円が「ニーズ」です。

ニーズのないところにはビジネスはない
この鉄則を忘れてはなりません。

ニーズを発見し、発掘していく、と同時に
ニーズは移り変わっていくことも考えていかなければなりません。
そのためにはどうすればいいのか。

化粧品の訪問販売の落ちこぼれセールスマンだった私、
“売ること”にメンタルブロックがあったから
ということは以前お話ししました。

実はもう一つダメだった理由があったのです。
訪問して出てきたお客さまに対して、
私は興味や関心がないのです。

だから、どんな化粧品を
どのように使っているのか質問もせずに、
間に合っていると言われれば、またお願いしますと言って出てきてしまう、

これを何度繰返しても売れるわけはありません。

ある本で、イトーヨーカドーの実質的な創業者である
伊藤雅俊さんが、このように言っていることを読んだことがあります。

客に興味を持てば、客の姿や生活が見えてきます。
だから、それに合った商品やサービスを提供しようとします。
成功者に共通していることは、人に興味を持つことだと思います。

この言葉から、人に興味を持つことは、
セールスをする上でも、ニーズを発見する上でも、
これが非常に大事なことだということを学びました。

組合せで考えるお客様の満足度のアップ

起業成功のための四つめの円が「組合せ」です。

「組合せって、なに?」と思われるかもしれません。
独自性とか差別化と同じだと考えていただいても宜しいです。

なぜ、独自性とか差別化という言葉を使わないのか。
それには2つの理由があるのです。

商品を考える場合、
「今までにない独自性を出すには?
既にある商品と差別化するには?」
とウンウン考えてもなかなかアイデアは浮かんできません。

アイデアを生むための
バイブルともいうべきジェームス・W・ヤングの「
アイデアのつくり方」には、「アイデアとは
既存の要素の新しい組合せ以外の何ものでもない」と書いてあります。

あのスティーブ・ジョブズも同じことを言っています。

ゼロから新しいものを考えるのではなく、
すでにあるものを組合わせて新しいものを作るのです。

この方がよっぽどアイデアが出やすいのです。
だから、独自性や差別化ではなく
「組合せ」という言葉を使っているのです。

もう一つに理由、それは常に
その商品を使う人を意識しておくためです。

独自性や差別化という視点で商品を考えると、
他社とは違うもの、他社より優れたものを作ろうとし、
「もの」の意識がいってしまいがちです。

商品を使い、その価値を認めて
お金を払ってくれるのは「ヒト」です。

だから、「ヒト」が喜ぶもの、満足するものを、
既存のものを組合わせながら考えていくのです。
ウンウン唸りながらアイデアを捻りだすよりも、
よっぽど楽しい作業だと思います。

起業成功のための四つの円
「情熱」「能力」「ニーズ」「組合せ」
についてご理解いただけたでしょうか。

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“心に壁を作ると、
見えるものすべてが、壁に見える。
心に夢があると、
見えるものすべてが、機会に見える”

ライフワーク起業ナビゲーター
経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

 

EFuZ~i[

Ct[NNƃTNZXy

}jAv[g