ビジネスはたった3つの要素から成り立っている! 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
中高年のライフワーク起業を応援しています。

小田原城では、「紫陽花と花しょうぶの祭り」が行われており
大勢の人で賑わっていました。

IMG_1411

紫陽花はかなり咲いていましたが
紫陽花の手前にある花しょうぶの
まだチラホラ咲いているという状態でした。

次の週末(6月25~26日)あたりが
ちょうど見頃になると思います。
改装した小田原城を訪れてみてはいかがでしょうか。

さて、今日のテーマは
「ビジネスはたった3つの要素から成り立っている!」です。

起業するには、考えなければならないことが多過ぎる!?

何から手を付けていいか分からない!
これから起業する人たちから多く聞かれる疑問です。

起業するには、どんな手続きが必要だろうか?
個人でやるのか、それとも株式会社にした方がいいのか?
どんな商品が売れるのだろうか?
お金はどのくらい掛かるのだろうか?
起業のための補助金はあるのだろうか?

ちょっとあげただけでも、
検討しなければならないことが沢山あり、
どこから手を付けていいか分かりません。

ビジネスの基本的な要素は3つだけ!

しかし、ビジネスの基本的な要素はたったの3つです。
何から手を付けていいか分からなかったら
この3つを明確にしていけばいいのです。

その3つとは何か?
1 商品
2 伝える
3 販売する
この3つです。

商品の本質を考える!

最初に「商品」です。
これには、目に見える形のあるものと
目に見えないサービスや情報などがありますね。

どういう形態にしろ
商品がなければビジネスは成立しないのは自明の理です。
ここで考えなければならないことは
商品の本質とは何か?ということです。

良く言われることですが
お客様はドリルという商品を買うのではなく
ドリルによって開けられた穴を買うのであるということです。

あなたの商品は、
お客様のどのようなニーズを満足させるのか?
お客様のどのような悩みを解決できるのか?
これが商品の本質なのです。

売りたい商品は決まっているけれども
それが、誰のどのようなニーズを満たし
誰の悩みを解決するのかが明確になっていない。

私のところに起業相談に来られる方の
大半がこんな方々です。
まずは、これを明確にすることが第一です。

誰に、何を、どんな手段で伝えるか?

次は「伝える」です。
その商品を使って欲しいお客様に
知ってもらわなければ商品は売れません。

そのためには、その商品は誰のための商品なのか?
これをはっきりさせる必要があります。
つまり、ターゲットの明確化ですよね。

そのターゲットには、
どんな手段を使えば「伝わる」か?
チラシいいのか?ネットを使った方がいいのか?

さらに、どんな情報を発信していけば
ターゲットの方々は見てくれるのか?
を考える必要があります。

つまり、「伝える」を検討する場合
誰に、どんな手段で、何を伝えていけばいいのかを
考えていきます。

なぜ、販売することに抵抗感があるのか?

3つ目の要素が「販売する」です。
これが苦手な人が多いのが現状です。
何を隠そう、私自身が大変苦手でした。

今から30年以上前に、
約2年間、化粧品の訪問販売をやりました。
まったく売れないダメなセールスマンでした。

「販売する」ことに心のブレーキがあったのです。
売り付けるという感覚があり、お金をもらうことに抵抗感があったのです。
これでは売れるわけがありません。
これを解決するには
自分の商品の本質が明確になっており
自分自身が、それを心から信じることです。

つまり、買ってもらうために販売しているのではなく、
お客様のニーズを満たすため、問題を解決するために
商品をご紹介しているのだという気持ちを持つことです。

複雑そうに見えるビジネス
最も基本的な要素である
「商品」「伝える」「販売する」の
3つを考えればいいのです。

今回は以上です。

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)

福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 “騒いでも変わらない

     行動すると変わり始める”

 

追 伸

現在、「起業を成功させる最も重要な3つのポイント」
という48ページのマニュアルの無料プレゼントを行っています。

これから起業する中高年の方が
一人でも多く読んでいただきたいマニュアルです。
バナーをクリックして入手してください。

}jAv[g