40代後半、50代、60代の中高年の方が、自分の夢を実現するために起業してライフワークにし、豊かな第二の人生を送ることができるスキルとノウハウを提供します
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 50代・60代の起業

タグ : 50代・60代の起業

    起業の障害になる“組織病”ってなに?

    2020年12月1日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    そろそろ初詣でのことも気になりますが
    コロナの影響で、来年はどうなるのでしょうね。

    わが家の近くにあるゴールド神社
    名前の通りに鳥居は金ピカです。

    金運にご利益があるか思うとさにあらず
    交通事故の防止のご利益だそうです。

    さて、今回のテーマは
    「起業の障害になる“組織病”ってなに?」です。

    会社の常識と世間の常識の間にはズレがある!

    同じ場所にずっといると、いつの間にかその環境が当たり前になってしまいます。
    会社の場合も同じです。
    同じ会社にずっといると、その会社の常識が当たり前と思ってしまいます。

    ほとんどの場合、当たり前だと思っていた会社の常識と
    世間一般の常識にはズレがあります。
    また、会社間によってもズレがあります。

    私は、10数年間務めていた化粧品会社から
    マーケティングの企画会社に転職した時に
    それを感じました。

    化粧品会社とマーケティングの企画会社とでは
    仕事内容が全然違います。
    また、化粧品会社は従業員数が千人規模、
    マーケティングの企画会社は数十人規模です。

    そのため、仕事のやり方、考え方、価値観が違うのです。
    だから、最初のうちは随分戸惑いました。

    私のように、会社から会社への転職の場合は
    戸惑っても、新しい会社の先輩がフォローしてくれます。
    しかし、起業の場合は誰もフォローしてくれませんし、
    世間の常識とズレていることに気が付かない場合もあります。

    特に問題があるのは、大企業に勤めていた人が起業する場合です。
    起業を考えているのですから、独立心旺盛の方です。

    でも、属していた組織が大きければ大きいほど
    その会社の常識や価値観に知らず知らずに染まっています。

    起業とは、属していた組織を離れて仕事をしていくことです。
    従来の常識は通用しないことを肝に銘じることが求められます。

    会社の肩書は通用しない!

    40代後半から50代になると
    管理職として肩書のある人が大半でしょう。

    時々見掛けるのが
    会社をやめても、会社の時の肩書の意識のままの人です。
    本人は意識しなくても、長い間管理職をやっていると
    知らず知らずに出てしまうようです。

    起業とは、今までいた会社の看板も肩書も外れ、
    「私」という一個人の信用で仕事をしなければなりません。

    今までのあなたは、会社の看板や管理職としての肩書を背負って
    仕事をしてきたのですが、起業したからには
    それはまったく通用しないのです。

    今までは、対等以上に接することが出来た相手に
    自分より上位の立場から話されたりすると
    「俺は今まで大きな会社の管理職だったんだぞ」
    という心理になってしまいがちなのです。

    もし、このような心理状態が態度や話し方に現れてしまうと
    相手は、「なに言ってんだ、もう過去のことなんか関係ないだろ!」
    と思って、あなたに良い印象は持たないでしょう。

    “組織病”から脱却するには、多くの人と話すこと

    今まで在籍していた会社の常識にとらわれず、
    “組織病”から脱却するには
    今までとは違う世界の人たちと、一人でも多く話すことです。

    あなたが作った事業計画書も
    今までの会社の常識が色濃く反映されたものになっているかも知れません。
    だから、一度作った事業計画を絶対視しないで
    多くの人の意見を聞いて、柔軟に修正していくことが必要なのです。

    会社時代の肩書の意識や態度がついつい出てしまうのは、
    自己防衛の意識が働くからです。
    他人にバカにされないよう
    無意識のうちに、過去の肩書を支えにしようという心理なのです。

    だから、自信のない人ほど、このような心理状態になります。

    過去は過去、今は今と、早く割り切ることが重要です。
    そして、これから自分がやることに自信を持ちましょう。
    ただし、謙虚さを忘れないように…。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “感動の人生は
    小さなことに感動する心が創る”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

     

     

     

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    理念やミッションがないビジネスなんて…!

    2020年11月23日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    神奈川県・葉山にある道の駅「ハヤマステーション」
    全国的にも珍しい商工会が経営する共同店舗です。

    このたび、この「ハヤマステーション」が
    全国商工会連合会のグランプリを受賞しました。

    4年前にオープンし、コロナ禍でも
    売上げはあまり落ちませんでした。

    私は「ハヤマステーションの」の開設に向けた
    プロジェクトのメンバーだったので
    嬉しく思うとともに、色々なことが思い出されます。

    さて、今回のブログのテーマは
    「理念やミッションがないビジネスなんて…!」です。

    ミッション経営の元祖は松下幸之助

    事業は単に営利だけを目的としてはいけない。
    事業とは社員、顧客、そして社会全体の幸福を実現するためのものだ。

    昭和7年、松下幸之助が全店員の前で「水道哲学」を語り
    250年にも及ぶ壮大な事業計画を語り終えたとき
    会場は感動と興奮で包まれたと言います。

    昭和7年、ときは世界恐慌の混乱の年
    日本でも失業者が街に溢れ
    松下電器も膨大な在庫を抱えて喘いでいた。

    そんな中
    高らかに「水道哲学」を語り
    自分たちの使命を明確にしたのです。

    松下幸之助の使命感と志に感じ入った店員たちは
    全員で一丸となって在庫をすべて売りつくしたといいます。

    良い経営理念が、良い業績につながる!

    金融機関の人の一部には
    経営理念のような抽象的なことを言っている経営者は
    業績が悪い。
    そんなことよりもっと売上げや利益を上げることを
    考えるべきだ。

    本当に経営理念は
    起業の業績とは関係なく
    経営者の自己満足なのでしょうか?

    「中堅・中小企業の経営理念とその浸透」に関する調査結果から
    次のような事実が得られています。

    ○社員や顧客など、「人」への強い思いが感じられる
    「良い経営理念」を有する企業の業績は

    それがあまり感じられない
    業績ありき、自社ありき的な経営理念を
    掲げる企業のそれを大きく上回っていた。

    ○経営理念が全社員に深く浸透している企業の業績は
    それがあまり浸透していない企業の業績を大きく上回っていた。

    ○良い経営理念に加え、「経営指針」や「信条・クレド」を
    併せ持つ企業の業績はそれが無い企業の業績を大きく上回っていた。

    「日本でいちばん大切にしたい会社」という
    ベストセラーを書いている法政大学の坂本光司教授は
    次のように言っています。

    「これまで多くの会社を見てきましたが
    優れた理念を持ち、経営者自身がその体現に努める企業は
    厳しい環境の中でも安定した経営を続けています。

    正しき経営は滅びず
    欺瞞に満ちた経営が滅ぶのです」

    ミッション、ビジョン、理念、社訓、行動指針はどう違う?

    ミッションや理念が大切だということが
    言われており、それに関する本も書店に沢山並んでいます。

    でも、ミッションとビジョンはどう違う?
    理念と社訓は同じこと?
    最近、クレドという言葉をよく聞くけど、
    これは何のこと?

    こんな疑問が湧いてくると思います。
    これらの言葉は混同されて使われていることも多くあります。
    このブログでは、次のように分けて考えていきます。

    ミッションとは?

    誰に対して、どんな価値を提供するのか?
    どんな貢献をするのかを明確にしたものです。

    つまり、ミッションとは
    「自分たちは、これをやらなければ
    活動する意味がない」といえる
    本質的なものです。

    例えば、ケーキ屋さんのミッションならば
    「美味しいスイーツを提供することによって
    スイーツを中心に家族の笑顔が広がる

    友達同士が楽しい時間を過ごす
    こんな貢献をすることが私たちのミッションです」
    というような感じになると思います。

    理念とは?

    ミッションを実現していくために
    大切にしている価値観です。
    創業以来、代々引き継がれている社訓は
    理念である場合が多いと思います。

    クロネコヤマトでは、次のような理念掲げています。
    「全員経営」「サービスが先、利益は後」です。

    例えば、ケーキ屋さんの理念ならば
    「本物の素材、安心できる素材しか使わない」とか
    「私たちが目指しているのは、
    お客様の笑顔と“美味しかった”というひと言」
    という感じです。

    ビジョンとは?

    ミッションを前提にして
    具体的に将来企業がこういうふうに
    なるという像を明確にしたものです。

    例えば、ケーキ屋さんのビジョンならば
    「地域の人たちに親しまれ、スイーツの甘い匂いに包まれ
    お客様と従業員の笑顔が溢れるお店にする」とか

    「従業員を育成し、彼女たちが店長として
    活躍できるお店をいくつか作っていく」
    という感じになります。

    行動指針とは?

    ミッションや理念を現実のものにしていくために
    常にどんな指針のもとに行動していくのかを
    明確にしたものです・

    クレドとは、この行動指針のことを指しています。

    例えば、ケーキ屋さんの行動指針ならば
    「店内はいつも清潔さを徹底させ整理整頓する」とか
    「同じ職場の仲間の良いところを探す」とか
    「いつも爽やかな笑顔が自然に出るようにする」
    などが考えられますね。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “人生を楽しんでいる人は
    感謝している”

    そういえば今日は、勤労感謝の日でしたね。

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    儲かることだけがビジネスの醍醐味か?

    2020年11月15日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    わが家のイヌがトリミングに行って
    すっきりした姿で帰ってきましたが、
    ちょっと寒いかなと気掛かりでもあります。

    先月に13歳になった老犬ですが、散歩の途中で
    すれ違う人には誰にでも尻尾を振って近寄っていく
    人間好きなことは若い頃と変わりません。

    さて、今回のテーマは
    「儲かることだけがビジネスの醍醐味か?」です。

    商店街のある店主に
    「お金が増えることと、お客が増えることと
    どちらが嬉しいですか?」と聞いたことがあります。

    「そりゃ、お金が増えることに越したことはないが
    嬉しいことは、やっぱりお客が増えることだね。

    お客に“ありがとう”と言ってもらう
    そういうお客が増えることは何とも言えないね」
    という答えが返ってきました。

    人の顧客獲得コストは8千円~1万円

    新規のお客様を集めるには
    リアルなお店ならば新聞の折込みチラシ
    ネットならばリストを集めてのメルマガ発行

    これらが一般的ですが、
    チラシの場合は、チラシの制作・印刷費、折込み料が掛かります。
    メルマガの場合には、リスト集めに費用が掛かります。

    もちろん、やり方によって大きく変わってきますが、
    一人のお客様を獲得するのに
    平均して8千円から1万円掛かると言われています。

    でも、費用を掛けて獲得したお客様
    放っておくと、年に25%の
    お客様が脱落すると言われています。

    脱落してしまう一番の原因は、
    その店のことを忘れてしまうこと。
    実にもったいないことです。

    一度お客様になっていただいたお客様に
    一生涯お付き合いいただくこと
    これこそがビジネスの醍醐味なのです。

    なぜならば、そのお客様に信頼されている
    そのお客様の役に立っている

    だからこそ、そのお客様はあなたと付き合い
    あなたの商品を買い続けてくれるのです。

    では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?
    私は、次の3つのことが必要だと思います。

    1 あなたに対して信頼感を抱いてもらうこと
    2 お客様に役立つことを提供し続けること
    3 お客様同士の交流の場があること

    あなたに対して信頼感を抱いてもらうこと

    「ザイアンツの法則」をご存知でしょうか?
    それは、次のような法則です。
    きっと、あなたも実感しているところだと思います。

    ・人間は、知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする。
    ・人間は、会えば会うほど好意を持つようになる。
    ・人間は、相手の人間的な側面を知ったとき
    より強く相手に好意を持つようになる。

    相手に信頼してもらうには
    相手に親しみの感情を持ってもらう必要があります。
    そのためには、あなたの人間的な側面を知ってもらうことです。

    そのために、次の3つの話題をテーマにすると効果的だと言われています。
    ・子供時代の話(小学生くらいまで)
    ・自分の失敗談(あくまでの事実)
    ・家族の話(妻、夫、子供、親兄弟、ペット)

    このようなことの他に
    趣味の話、最近印象に残ったことなどを
    ニュースレターやメルマガ
    などで発信していきます。
    これを自己開示と言います。

    自己開示は頻度が多ければ多いほど
    親しみを抱いてもらえると言われています。

    親しみを感じてもらうことは大切ですが、
    それだけでは信頼してもらえません。
    約束を守る、迅速な対応をするなど
    ビジネスの基本を徹底することが大切なことは言うまでもありません。

    お客様に役立つことを提供し続けること

    お客様があなたの商品を購入することは
    その商品が、自分にとって価値があると納得したからです。

    お客様に商品を買っていただくには
    お客様を教育して、その商品の価値を知っていただくことが必要です。
    つまり、販売=教育なのです。

    あなたの商品やあなたからの情報が
    お客様の役に立つこと
    これがないと、お客様との関係は途切れてしまいます。

    私の知合いの年商4億円の街の電気屋さん
    お客様のお宅を定期的に訪問して
    お客様の困っていること
    お客様の生活がもっと快適になること
    これを提案し、お客様と長い付き合いを持続しています。

    この場合、ただ単に
    次々と新製品を紹介するのならば、
    あの電気屋は、いつも商品を押し付けるという気持ちにさせてしまいます。

    あくまでの、お客様視点から考えて
    お客様に役立つことは何だろうと考えることがポイントです。

    お客様同士の交流の場を持つこと

    いくら孤独が好きだと言っても
    人間は、本質的に寂しがり屋であり
    人と人との交流を求めています。

    クリック一つで何でも買うことができ
    しかも自宅に届けてくれるサービスが行き届いているにも関わらず
    ネットとは対極な存在である朝市には大勢のお客様が来ます。

    なぜでしょうか?
    お客様は便利さだけでなく、
    人との触れ合いや交流を求めているからだと思います。

    交流の場として会員制度があります。
    ある自転車屋さん
    会員制度を導入して
    定期的に自転車によるツーリングを楽しんでもらっています。

    このような交流のためのイベントを行うほかに
    ネット上に会員ページを設置して交流してもらう
    ニュースレターにお客様交流コーナーを設ける
    などの方法が考えられます。

    いずれにしても
    お客様との一生涯のお付き合いができるようになる
    これは、ビジネスの醍醐味です。

    いかに売上げを上げるかということよりも
    いかにお客様と長い付き合いをしていくか
    このことを考える方が楽しいでしょう。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “人生に正解はない
    やりたいことがあるだけ”

    もし宜しかったら、このブログの先頭に戻っていただいて
    シェアしていただくと嬉しいです。

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    起業を成功させるポイントがお花見にあった!

    2020年11月9日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    近所に住む知人が、両親が亡くなったので
    空き家になってしまった実家を
    利用してシニアのためのサロンを開いています。

    その活動の一環として
    先日、音楽会が行われました。

    ハープとクラリネットとピアノによる演奏会
    来場者は近所の住んでいるシニアが15人ほど

    「やっぱり生の演奏は良いわね!」と大喜び
    演奏が終わった後は、お茶とお菓子で茶話会

    私以外は全員女性でしたが
    何とか仲間に入ることができました。

    これから高齢化が進むと
    増えてくるのが空き家とシニア

    この2つを結び付けると
    面白いことができるのですね。

    さて、今回のテーマは
    「起業を成功させるポイントがお花見にあった!」です。

    コロナで大変なのに、なぜ季節外れの花見の話?

    花見と言えば春の話題
    それにコロナで来年も出来るか分からないのに
    なぜそんな話をするの?と疑問に思うのは当然です。

    秋は稲刈りなどの収穫の時期ですが
    実は、秋の収穫のためにお花見をやっているという説があるのです。
    しかも、ここに起業成功のポイントが隠されているというのです。

    そんな眉ツバな話は信じないというあなた
    決していい加減な話ではないのです。

    日本には、農耕儀礼のひとつとして
    予祝行事と呼ばれるものがあります。

    あらかじめ期待する結果
    つまり秋の豊作に感謝してお花見を行うと
    その通りの結果が得られるという考え方です。

    お花見は本来
    桜に宿った穀物の神様に
    秋の豊作を先にお祝いし、神様に感謝する予祝だったのです。

    駅のトイレにも予祝の貼り紙が!

    何年前からでしょうか?
    駅のトイレにこんな貼り紙があるのを目にしますね。

    「いつもきれいに使っていただいてありがとうございます」

    この貼り紙を見た時には
    「まだ、きれいに使ってないのに、
    なぜ“ありがとう”なんだ」と不思議に思いました。

    実は、これも予祝だそうです。
    先にお礼を言うことで
    きれいに使っていただくという結果を期待しているのです。

    予祝は起業にも必要な考え方だ!

    起業してビジネスを始める前に
    自分がお客様として想定している人に感謝しよう
    起業がうまくいっていることを感謝しよう
    というのが、起業における予祝の考え方です。

    そんな非合理的な話は信用しない
    起業はもっとマーケティング的に考えるべきだという
    考え方が必要だというあなた

    私はマーケティングの話をしているのです。
    あなたは起業によって価値を提供します。
    提供した価値に対する対価が売上げです。

    誰にどんな価値を提供するのかを明確にするのが
    起業におけるマーケティングの第一歩です。

    私たちが提供した価値によって、お客様が喜んでいる状態
    これをありありとイメージとして思い描くこと、これが重要です。

    この段階からは、マーケティングとともに
    潜在意識の活用が加わります。

    稲盛和夫氏は「イメージはカラー映像で
    くっきり映し出されるくらい鮮明でなければならない」
    と述べています。

    喜んでいただくお客様が増えるほど
    私たちの売上げは上がります。

    自分の起業がうまくいく
    そして、大勢のお客様が喜んでいる
    このことに対して感謝する

    ビジネスを始める前からこれがイメージの中で完了している
    それが予祝なのです。

    神様へはお願いするのではなく感謝する

    神様へのお詣りも予祝が良いと言われています。
    「こうなって欲しい」とお願いするのではなく
    願った通りになる前に
    「こうなりました。ありがとうございました」
    と予祝するのです。

    でも、何でもかんでも予祝すればいい
    という訳ではありません。

    私たちが起業するビジネスは
    果たして市場性はあるのか?
    競合の中で独自性を発揮できるのか?
    提供価値をどのようにお客様に伝えていくのか?

    このようなことをしっかり検討した上で
    お客様が喜んでいる姿と
    自分のビジネスが成功しているイメージを具体的に思い描き
    そのことに感謝する予祝を行うのです。

    お花見の中に起業成功のポイントがある!
    今回の話にあなたはどう思いましたか?

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “本気になるほど まだまだ
    やっていないことに 気がつく”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    起業によって得られる4つのこととは?

    2020年11月3日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    コミュニティ・ビジネスを立ち上げるための
    集まりがあったので参加してきました。

    本をテーマにしたコミュニティ
    シニアのためのサロンなど地域の課題を
    解決するための様々なプレゼンテーションがありました。

    そこで感じたこと、
    それは、同じような想いを持った人たちとの
    コラボレーションの大切さです。

    課題を共有して、人と人がつながっていく
    私も原点に立ち返って考えてみたいと思いました。

    さて、今回は「起によって得られる4つのこととは?」です。

    会社員の時の意識を変えないと
         起業はリスクが極めて高い!

    会社員として仕事をするのと、
    独立起業して仕事をするのでは、全く違います。

    会社員としての意識のままで仕事をしている人が多く見られ
    このような人たちが失敗するのです。

    ・自分がいた会社の価値観と世間の価値観の間にズレがあることに気が付かない人
    ・会社員時代の肩書で人に接する人
    ・会社という看板ではなく、「私」という一個人で仕事をする覚悟が出来ていない人
    ・資金計画が杜撰で、用意した資金が底をついてしまい、息切れしてしまう人
    ・絶対売れるという自己満足だけを頼り、集客の方法をきちんと考えない人

    リスクが付き物の起業ですが、
    起業には、こんな素晴らしさがあります。

    起業によって得られる4つのこと その1  自己実現

    一つ目は、生きている意味を実感できる「自己実現」です。

    起業とは、自らの可能性を最大限に発揮しようとしている状態、
    つまり夢に向かってチャレンジしている状態です。

    そのプロセスそのものが自己実現というわけですね。
    「楽をして稼ごう」というのとは、対極にある世界です。
    チャレンジしたその先には、大きな感動があります。

    起業によって得られる4つのこと その2  自己成長

    二つ目は、できなかったことができるようになるという「自己成長」です。

    他人と物事は思い通りになりません。
    しかし自己を変革、成長させることは無限にできます。

    思い通りにならないことが自己成長につながるのです。
    成長とはいかなる困難が降りかかってこようとも、
    それを乗り越えていくことができるようになることです。

    起業はいつも楽しいことばかりではありません。
    苦しい時期、大変な時期があります。

    そんな時期こそ、
    自分が成長できる絶好の機会であると考えることが大切であり
    それが自分の財産になると福島先生は言っているのですね。

    起業によって得られる4つのこと その3  価値創造

    三つ目は、社会において求められる
    価値の維持・創造をするという「価値創造」です。

    それは理想的な社会に向けて、他人や社会のために尽くすことです。

    尽くすとは
    自分以外の人に喜んでいただけるような
    価値を提供することであり、それによって感謝されることです。
    尽くすことで売上げも上がりますが
    それ以上に感謝という最高の報酬を得ることができます。

    私が勤務していた化粧品会社のモットーの一つが、
    「喜ばれることに喜びを!」でした。
    他人や社会のために尽くして喜ばれる
    これこそ生きていることの本当の喜びなのですね。

    起業によって得られる4つのこと その4  社会調和

    四つ目は、まわりの人や社会と
    調和しながら生きるという「社会調和」です。

    他人を信頼して支援することによって
    自分も支援され共存共栄していくことです。
    お客様との関係ばかりではなく、同業他社とも
    地域や社会とも共存共栄していくことができます。

    人とのつながり、社会とのつながりが大事です。
    つながりやネットワークを通して社会に貢献していく
    これが起業成功のポイントの一つであり
    充実した人生に必要なことなのですね。

    逆に考えるならば
    売上げを上げる、もっと儲ける
    このようなことをいつも考えるよりも

    起業によって得られる4つのことを
    考える方が、結果として起業の成功につながりやすいのです。

    なぜなら、そこには人間存在の基本である“愛”があり、
    共感と信頼を生み出していくことができるからです。

    「自己実現」「自己成長」「価値創造」「社会調和」
    この4つのキーワードを常に念頭において
    自分のビジネスを考えていくことが何よりも重要だと思います。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “自分に起きてもないことで不安になるより
    自分が起こしたいことでワクワクする”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

     

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    ライフワーク起業に不可欠の価値観とは?

    2020年10月12日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    この間の土曜日
    相模原市相武台団地にある
    コミュニティカフェに行って来ました。

    周辺は高齢化が進んでおり
    高齢者の居場所や交流のための場所を作りたい
    こんな願いで、佐竹輝子さんが5年前に始めたこのカフェ

    こんなことをやれば高齢者が
    集まってくれるだろうと思っていたことが
    外れることも多く、苦労の連続だったと話していました。

    イベントやカルチャー教室
    子ども食堂などのほかに
    月に1回、夕暮れダイニングを開いています。

    地域の高齢者が集まって
    ワイワイ楽しく飲食できる場です。

    孤独になりがちな高齢者にとって
    憩いの場として定着しているようです。

    今回のテーマは
    「ライフワーク起業に不可欠の価値観とは?」です。

    理念とは、ミッションを実現していくための価値観!

    あなたはどのような理念を掲げて起業しますか?

    理念とは、今までの人生であなたが大切にしてきた価値観
    今後、仕事をしていく上で大切にしたい価値観
    ミッションを実現していくために大切にしたい価値観です。

    価値観は、人によって様々だと思います。
    100人いれば、100通りの価値観があると思います。

    でも、ライフワーク起業には
    「利他」と「感謝」という価値観は不可欠です。

    「利他」が結果として「利自」につながる

    人は種の保存のためだけでなく
    人に喜んでもらうこと
    社会に貢献すること
    このために存在しているのです。

    だから、このような「利他」の行動によって
    大きな喜びが得られるように創られているからです。
    まさに「喜ばれることに喜びを!」です。

    福島正伸先生は、著書「起業学」の中で次のように述べています。

    “起業とは、社会に貢献することで
    自己の社会的存在価値を創造するための活動”

    “社会に貢献する夢を抱き、幾多の困難に挑み続ける。
    めげそうになる時があっても、夢を思い出して
    自分の道をひたすらに前進する。

    苦労の先にあるいくつもの感動を心に蓄積して
    強くそして心豊かな人になる”

    “売上げはお客様が決め、会社の存在価値は社会が決めます。
    だから私たちは社会やお客様のために何ができるか

    どんな価値と感動を提供しようとしているのかを考えるだけでいい。
    そんなふうにシンプルに考えるだけで
    すべての事業はうまくいくようになっているのです。”

    私たちはこのような言葉を読むと「なるほど」と納得します。
    しかし、私の起業相談の経験からすると
    お客様が喜ぶことや社会に役立つことを
    あまり考えていない人が多くいます。

    起業してから3年後まで生き残るのは5割
    こんな厳しい数字になるのは、「利他」の価値観が
    しっかり腹の中に落ちていないのが原因かも知れません。

    ドラッガーは
    「マネジメントの最終の目的は人を幸せにすること」と述べています。

    毎日、ワクワクし活き活きと働くこと
    これがライフワーク起業
    それは「利他」という価値観によってもたらされます。

    「感謝」の気持ちは最強のパワーを発揮!

    もう一つの価値観は「感謝」です。

    ミッションを実現していくためには
    自分一人ではできません。
    周りの人たちや世の中の多くの人の協力や助力が必要です。

    これに素直に感謝すること、
    「感謝」の気持ちがあるところに人は集まってきます。
    そこに、新たなエネルギーの磁場ができます。
    だから、ライフワーク起業には「感謝」の価値観が不可欠なのです。

    もう随分昔のことになりますが、私が勤務していた化粧品会社で
    「日本語の中で一番好きな言葉は何ですか?」というアンケートに対して
    「ありがとう」という言葉が一番でした。

    その化粧品会社で、訪問販売の実習を1年半やりました。
    どこに行っても断られていました。
    押し売りが来たような扱いを受けます。

    売れない化粧品がぎっしり詰まったセールス鞄をさげて
    夕方の商店街を、とぼとぼ歩いていると
    店は買物客で賑わっています。

    「わざわざお客様が店に来てくれる。いいなぁ~」
    本当に羨ましく思いました。

    その後、中小企業診断士として
    商店街の人たちと接する機会が多くありました。
    中には、お客が店に来るのは当たり前
    と思っている商店主の方が何人もいました。

    私は自分の訪問販売の時を思い出しました。
    お客様が来ていただくことは、本当にありがたいことなのだと…。

    「感謝」の気持ちこそ
    あらゆるマインドの中で最強のパワーを発揮すると言われています。

    私たちは「感謝」の気持ちが大切だと、小学生でも知っています。
    でも、毎日の生活の中で、素直にそんな気持ちになれないでいます。

    だから、意識して「感謝」の気持ちを持つこと、
    その気持ちを伝えることが必要なのだと思います。

    今回は以上です。

    最後に再び福島正伸先生の
    夢を実現する今日の言葉です。

    “ここであきらめるか
    ここから本気になるか”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    そこに“愛”がなければマーケティングではない!

    2020年10月6日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    先週、所用で湯島に行って来ました。
    近くにあった神田明神にお参りしてきました。

    神田明神と言えば
    平将門の霊が奉祀されている神社として名が知られています。

    将門の霊を供養するために
    延慶2年(1309年)に当社の相殿神とされましたが
    明治に入ると謀反人だからという理由で祭神から外されてしまいました。

    再び、本社祭神として復帰したのは
    昭和59年(1984年)、つい最近だったのですね。

    さて、今回のテーマは
    「そこに“愛”がなければマーケティングではない!」です。

    仕事とは、人を幸せにすること

    私たちは、起業の場合だけに限らず
    仕事について考えるとき、
    次の言葉を常に胸に抱いておく必要があります。

    “仕事とは、人を幸せにすること”

    人を幸せにするには
    そこに“愛”がなければなりません。
    “愛”があれば、その人のことを一生懸命考えます。

    その人の悩みや困っていることを解決する
    その人が求めていることを提供する

    つまり、マーケティングとは
    商品を販売するための手法ではありません。

    その人を幸せにするために、
    どのように商品を提供していけばいいのか
    という手法の体系なのです。

    これは、私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の言葉です。

    しかし、私たちは
    どうしたら売れるか?利益をあげられるか?
    売る側の論理で考えています。だから売れないのです。

    そこには、お客様の幸せを考える
    “愛”という視点が欠けているからです。

    あなたの事業のお客様は誰ですか?

    あなたが、これから始める事業のお客様
    いわゆるターゲットは誰ですか?

    これから起業する人にこんな質問をすると
    「自分の商品を喜んでくれる人なら年齢は問いません。
    どなたにも喜んでもらえるような自信のある商品ですから…」

    こんな答えが返ってくることが少なくありません。

    結果として
    年齢に関係なく幅広い人たちに支持される商品だとしても
    ターゲットが明確になっていないと
    誰に向かって何を訴えていくかが
    ぼんやりしてしまいます。

    誰を幸せにしたいかをありありと描く
    これがペルソナ・マーケティング

    まずは、「30~40代の主婦層」
    というように、おおまかにターゲットを設定してみてください。

    次に、おおまかに想定した
    ターゲット層の中から一人だけを選んでください。

    その人に関して
    今までの生い立ち、生活や好み、家族環境
    友人、経済的な背景などについて
    ありありとその姿を記述してください。

    その人があなたの目の前にいて
    語りかけるくらいまでリアルに考えてください。

    これを明確にして組み立てるマーケティングを
    ペルソナ・マーケティングと呼ばれています。

    ペルソナのモデルになった人に不満を言ってもらう 

    ここでは、店の場合を想定して説明します。

    競合となる店はどこですか?
    実際にその店に行って買物し
    自分がモデルの人になったつもりで
    次の点をチェックしてみてください。

    ・店は目立つか?
    ・店の入りやすさ?(物理的および心理的)
    ・何が“売り”なのかがはっきりしているか?

    ・商品の陳列は?
    ・商品の種類とレベル、価格は?
    ・ラッピングは?

    ・店内演出は?
    ・季節感が感じられるか?
    ・接客は?

    ・店内の色彩や照明は?
    ・販売促進は?

    ・商品の見やすさは?
    ・その他気が付いたことは?

    もし、モデルになった人が
    あたなの親しい友人ならば
    一緒に買物に行って
    チェックしてもらうのもいいでしょう。

    店舗の場合を想定して説明しましたが
    無店舗販売の場合は

    競合と想定されるホームページを見て
    モデルの人になったつもりで
    不満に感じる点をチェックしていきます。

    “不満”の“不”をどのように解消していくか考える

    化粧品や健康食品・サプリメントで
    知られているある企業では

    お客様が感じている
    不満、不便、不信、不平、不備、不透明、不快
    という7つの“不”をリストアップし
    その“不”を解消する方向で
    商品開発に取組んでいるという話を聞いたことがあります。

    モデルになった人が感じた不満
    これをどのように解消していくか
    これがあなたのビジネスモデルを考える時の
    大きなヒントになります。

    もう一度
    マーケティングとは“愛”である
    という言葉をかみしめてください。

    それがあなたの事業を
    商品を考えるスタートなのです。

    ちなみに、私が立ち上げた法人は
    「合同会社 環り愛(めぐりあい)」という社名です。

    愛が環る社会をつくりたい
    そんな願いが込められています。

    今回は以上です。

    最後に再び福島正伸先生の
    夢を実現する今日の言葉です。

    “不満を言っている時間があれば
    夢は実現できる”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    この動機での起業は失敗する!?

    2020年9月29日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    先日、川崎駅前のホテルで
    「小倉ふれあい朝市の会」があり
    私も呼ばれて行ってきました。

    小倉神社の境内を会場に
    2016年9月にスタートしたこの朝市
    コロナで3カ月間は中止でしたが、6月から再開しています。

    写真は、スタートした頃の様子
    会場が人で溢れるほどの賑わい
    もちろん今は、三密を避ける形で実施しています。

    さて、今回のテーマは
    「この動機での起業は失敗する!?」です。

    シニア層の起業が増えている!

    実は最近、こんな理由から起業するシニアの方が増えています。

    □すでに見えているゴールを目指すのではなく、
    体力のある50代のうちに起業して、次の夢を目指そう。

    □定年まで会社にいるよりも、
    今のうちに早期退職制度を利用して起業した方がいい。

    □定年後も働きたいが、給与は激減することは明らか。
    今のうちに起業しておけば、
    定年後もある程度の水準を確保できるのではないか。

    □今の会社でノルマに追われる日々から抜け出し
    自分のペースで仕事がしたい。

    □定年後、年金だけでは生活費が足りないかも知れない。
    だったら、早く起業して老後の備えをしておこう。

    □子供が大学を卒業し、親としての責任を果たした。
    これからは自分のために仕事をしてもいいのではないだろうか?

    事実、50代・60代で起業する人の割合は
    51.8%(2017年版中小企業白書)となっており、
    起業といえばシニアの時代と言われています。

    現実逃避からの独立起業は失敗する!?

    毎週、月曜日になると会社に行くのが
    イヤでイヤで堪りません。
    日曜日の午後になるとユウウツな気分になります。

    月曜日には営業会議があり、
    先週の営業結果を報告しなければなりません。

    他の人が発表している間、
    いつも目標未達なので、身体を縮めてそれを聞いています。
    こんな状態ですから、会社をやめたくて仕方がないのです。

    このような心理状態の人にとって
    他の仕事はすべてバラ色に見えます。
    そんな彼が、独立起業したらどうなるのでしょうか?

    何かをやりたいから独立起業するのではなく、
    現実から逃避するために起業する
    こういう起業は、うまくいくはずがありませんね。

    “逃げ”からは、新しいものは生まれないのです。

    「CAN」「WANT」「MUST」の
                                        3種類の動機からの起業

    起業の動機には、「CAN」「WANT」「MUST」の
    3種類があると言われています。

    「CAN」は、自分が出来ることがあるから起業するという人
    例えば、今まで貿易の仕事をやっていた人が
    貿易の仕事で独立起業するようなケースです。

    「WANT」は、自分が本当にやりたいこと、
    好きなことで起業するという人です。

    「MUST」は、
    起業しなければならないから起業するという人です。
    例えば、親の仕事を継がなければならなくて会社をやめる人
    リストラされ、転職先がないので、
    起業せざるを得ない人などが当てはまります。

    「WANT」で起業すると、うまくいく!

    私は今まで13年間、起業相談を行ってきました。
    一番多いのは、「CAN」のケースの人です。

    パン屋にいたので、自分でパン屋を始める、
    ラーメン屋にいたので、自分でラーメン屋を始める。
    決して悪いわけではありません。
    それが本当にやりたいことであるならば
    うまくいく可能性が高く、その人の人生も充実したものになるでしょう。

    でも、本当にやりたいことは別にあるけれども
    パン屋しかできないから、パン屋をやるというのでは
    うまくいかない可能性が高いのです。

    では、自分が本当にやりたいこと、好きなことで起業する
    「WANT」のケースの人はどうでしょうか?

    オリンピック選手のコーチングで有名なあるコーチによると、
    目標設定の95%が実現しないのは、
    立てた目標が自分の本当にやりたいことではないからだということです。

    自分が好きなこと、ワクワクすることをやっていれば、
    毎日が楽しくなります。
    楽しいから工夫が生まれ、人を惹きつけることができ
    結果として長続きします。

    だから、うまくいく可能性が高いのです。
    だから、「WANT」で起業して欲しいのです。

    しかし、「WANT」で起業する人ほど、周囲から反対されます。
    今までアパレルの仕事一筋でやってきた人が
    会社をやめて、庭師をやりたいと言ったとします。

    周囲の人は、
    「やったこともないそんな仕事でうまくいくはずがない」
    と声を大にして反対するでしょう。

    そんな周囲の反対の声に対して
    「やっぱり、そうだよな」と思ったとしたら、
    それは、本当にやりたい仕事とは言えないでしょう

    いかに周囲から反対されても、
    どうしても、その仕事がやりたいのであれば
    本当に好きな仕事、やりたい仕事と言えるでしょう。

    周囲が反対する理由を
    一つひとつ塗りつぶしていけば
    立派な事業計画書をつくることができるでしょう。
    本当にやりたいならば、周囲の反対の声を、
    自分の事業に活かしていくことを考えるくらいの心構えが必要です。

    アパレル一筋に仕事をしてきた人が
    庭師として独立した話、これは私の知人の実話です。
    まったく違う畑で、今も活躍しています。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “壁を乗り越えた時の感動を知っている人は
    壁の前に立つと興奮する”

    今回は以上です。

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    “起業する!”と家族や知人に言うのが怖い!

    2020年9月22日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    自宅からの最寄り駅である横浜線の淵野辺
    久し振りに、いつもバスに乗る反対側に行ってみると
    ありました、炭焼きの店「おっけい」

    始めてみた時には「なんじゃ、こりゃ?」
    と思った外観がこれです。

    今日は定休日で入れませんでしたが
    たまには、地元の店で飲んでもいいかな
    と思わせる個性的な店です。

    さて、今回のテーマは
    「“起業する!”と家族や知人に言うのが怖い!」です。

    ギリギリまで起業すると周囲に言わない人が多い

    会社をやめて独立起業することが
    会社に知られたらまずい、
    周りから反対されるに決まっている。

    こんな理由から、
    ギリギリまで起業すると周囲に言わない人が多いようです。

    しかし、周囲に起業することを言うことには
    次の3つのメリットがあります。

    まずは、一つ目のメリット
    それは、「人に話すことによって、自分の考えが整理される」です。

    自分は何をやりたいのか、
    どのように事業を進めていくのか
    について、分かりやすく話しましょう。

    頭の中で考えるだけでなく、人に話すことによって、
    自分の言っていることの矛盾点や
    非現実的な点が明らかになり、
    自分の考え方を整理できます。

    逆に、事前に十分に自分の考えを整理しておかないと
    人には話せないでしょう。

    つまり、自分の考えを整理して人に話す
    話したあと、さらに自分の考えを整理する
    こんなサイクルで考えると、周囲に話すことのメリットが大きくなります。

    次に二つ目のメリット
    それは「周囲の肯定的な意見によって、自信の持つことができる」です。

    自分がやろうとしていることに対して
    周囲から肯定的な意見を聞くと
    自信を持つことができ、起業に対するモチベーションも高くなります。

    しかし、肯定的な意見を求めて
    周囲に話しまくる人もいます。
    「どうだ、俺の計画、すげえだろう!」という具合に。

    私のところに創業相談に来る人のなかにも
    こんな人がいます。

    こんな感じで意見を聞かれても
    「いいんじゃないですか?」といような
    生返事しか返ってきません。

    あらかじめ肯定的な意見を期待するのではなく、
    謙虚な気持ちで話したことに対して
    肯定的な意見が聞かれたとき
    はじめて、自信を持つことができるのです。

    三つ目のメリット
    それは「周囲の否定的な意見によって、不十分な点が明確になる」です。

    「こんなことをやりたい」を話したら、
    「そんなの無理だよ」とか
    「そんなので売上げが上がるわけないよ」と言われることが
    怖いという気持ち、私にもありました。

    けれど、否定的な意見こそ
    あなたの事業を現実的に、具体的に詰めていく
    きっかけになります。

    否定的な意見を聞かされたから
    自信をなくすのではなく
    そういう人たちに納得してもらえるような
    内容にしていくことが大切です。

    「あいつは、俺の計画にケチをつけた!」などという
    狭い料簡で事業を始めると
    失敗する確率が高くなるでしょう。

    否定的な意見を言ってくれる人に
    感謝する気持ち持つような
    謙虚さと広い心を持つようにしましょう。

    このようなことは、頭では分かっていますが、
    いざ、否定的な意見を聞くと
    落ち込んでしまうのが人の心の常です。
    私の場合も、そうでした。

    このとき、あなたは前向きに考えられるかどうか
    天から試されているのだと思いましょう。

    起業に対する家族からの反対はつらい!

    「会社をやめて起業する」と家族に言った場合、
    「何を考えているの!失敗したら家族の生活はどうなるの」
    という厳しい返事が多いようです。

    多くの場合、具体的な内容よりも
    結論だけ言うので、家族はびっくりして反対するのです。

    また、今までの安定した生活が
    維持できなくなると思って反対するのです。

    家族の周りに起業してうまくいっている人がいないことも
    不安の種になります。

    どうしますか?離婚してでも起業しますか?
    そうもいきませんよね。

    家族に納得してもらうには、
    次のようなことをしっかり伝えることが必要です。

    ・なぜ、起業しようと思ったのか?
    ・どんな事業をやりたいのか?

    ・その事業の成功の見込みや将来性はあるのか?
    ・その事業をどのように進めていくのか?

    ・その事業にはどんなリスクが考えられるか?
    ・そのリスクを回避するためにどんな対策をとるのか?

    ・協力してくれる人はいるのか?
    ・事業を立ち上げるための資金をどのように調達するのか?

    などです。

    しかし、このような話をする前に、
    お互いに感情的になってしまったら
    コミュニケーションは成り立ちません。

    冷静に、かつあなたの心意気が伝わるような
    熱い気持ちで話しましょう。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “誰もが迷っていることを
    迷わずやり抜く”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

    起業融資は無担保、無保証人で受けられる!

    2020年9月16日

     

    本来の自分を活かす仕事で起業を!
    ライフワーク起業ナビゲーターの大場保男です。

    自分がそれを行っていることを喜び、同時に他の人も
    喜んでくれる仕事、そして経済的にも豊かに生きる!
    50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

    今月初め、妻の母親が亡くなったので
    宮崎県の役場に各種届出や手続きに行きました。

    私の住所を神奈川県相模原市と書いたところ
    担当の女性が、クマが出るところですね、
    月の輪クマですか?と話し掛けてきました。

    相模原市は人口73万人の政令指定都市
    でも、クマが出ることがここまで知れ渡っているとは
    思ってもいませんでした。

    昨日配達されてきた「広報さがみはら」
    「クマに出合わない・クマを引き寄せない」
    という記事が掲載されていました。

    クマが出るのは、合併した地区であり
    私の住んでいることころには出ません、念のため。

    さて、今回のテーマは
    「起業融資は無担保、無保証人で受けられる!」です。

    起業にはどんな資金が必要か?

    起業に必要な資金は、
    事業立上げ資金と運転資金の2つに分かれます。

    事務所や店舗を借りる場合は、
    権利金とか敷金などが必要です。

    この他に、店舗改装や看板代、設備や什器備品代、
    商品開発の費用、パソコンやプリンター、会計などのパソコンソフト、
    電話&ファックス、ホームページの開設、
    名刺やチラシの作成・印刷などの事業立上げ資金が必要になります。

    運転資金には、商品や原材料の仕入れ、家賃や人件費、
    水道光熱費や通信代、交通費やガソリン代、
    各種リース料、消耗品代などがあります。

    起業に当たっては、あらかじめ3か月分の
    運転資金を用意するケースが多いです。

    事業立上げ資金と当初の
    運転資金を合計した金額、これが起業に必要な資金です。

    必要な資金は、事業の種類や規模によって
    変わってくるのはもちろんですが、やり方によっても大きく違ってきます。

    例えば、事務所を借りないで自宅を事務所代わりする、
    人を雇用しないで忙しい時だけパートとして手伝ってもらう、

    法人ではなく個人事業にして税理士に依頼しないで
    自分で経理をやるなどで費用を削減することができます。

    ポイントは、売上げに関係なく出ていく
    固定費を減らして変動費にしていくことです。

    無担保、無保証人で融資を受けられる!

    シニアの起業では、必要な資金は融資を受けないで
    自己資金の範囲でやるようにすべきです。

    当たり前のことですが、借りたお金は返さなければならず、
    これが後々重くのしかかってくる場合があるからです。

    でも、融資を受けないと事業が立ち上がらない場合は、
    融資を受けることになります。

    どこから融資を受けるか、
    民間の金融機関を利用することも考えられますが、
    多くの人が利用しているのが日本政策金融公庫の創業融資です。

    これは、無担保・無保証人で
    最高3,000万円まで融資を受けることができます。

    ただし、原則として最低でも必要資金の
    1割の自己資金を用意することが必要です。

    例えば、必要な資金が1,000万円だとすると、
    自己資金を100万円用意し、
    残りの900万円の融資を受けるという構成です。

    融資の申請には、
    決められた様式による事業計画書の提出が必要です。

    この他、各自治体の創業融資制度も
    ありますので調べてみてください。

    クラウドファンディングを利用したい
    という人もいますが、現状ではハードルが高いようです。

    シニアの場合は、退職金を元手に起業する方もいますが、
    これにはなるべく手を付けたくないですね。

    でも、こんな使い方をした人もいます。
    退職金を自分の分、奥さんの分、子供の分と分けて、
    自分の分だけで何とか賄うというやり方です。これも一つの方法ですね。

    融資を受けずに事業を立上げ
    順調に売上げ・利益が上がっていけばいいのですが
    そうはいかなかった場合、運転資金が足りなくなります。

    こんな状況になったときに、融資を申込んでも
    断られるケースが多いというのが現状です。

    事業がスタートする前は、まだ結果が出ていませんが、
    スタートしてある期間が経過した後は、
    うまくいっていないという結果が出ているからです。

    この段階で融資しても
    売上げ・利益が好転する見込みがないと判断されるからです。

    ただ、今はコロナ禍の時期、
    平常時と違う対応をしてくれるかも知れません。

    今回は以上です。

    最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
    福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

    “喜々として
    危機に臨む!”

    ライフワーク起業ナビゲーター
    経済産業大臣登録中小企業診断士  大場保男
    yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

     

     

    EFuZ~i[

    Ct[NNƃTNZXy

    }jAv[g

Page 1 / 512»
PAGETOP
Copyright © 好きを仕事に!ライフワーク起業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.