人の発想を制約するものは何か?


人の発想を制約するものは何か? - 夢を仕事に!ライフワーク起業こんにちは
50代・60代の起業を応援している大場保男です。

 

「人生50年」と言われた時代と違って
人生を2度生きられるほど長生きできる時代の私たち

 

長い第二の人生を、自分らしさを活かして
豊かに生きるための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

6月15日頃は、七十二候の「梅子黄」(うめのみきばむ)
大きく実った梅の実が黄色く色づき始める頃がこの時期です。

梅は薬用植物として
奈良時代に中国から伝わったと言われています。

 

梅干しの老舗として
名が知られているのが小田原の「ちん里う」
明治4年に開業した「枕流亭」が起源だそうです。

 

今年の大河ドラマの主人公である渋沢栄一
明治4年といえば、大蔵省と民部省に仕官していた時代です。

 

さて、今日のテーマは
「人の発想を制約するものは何か?」です。

 

日本の歴史の中で偉大な事業家が
綺羅星のごとく輩出した時期が2回あると言われています。
それは、次の時期だそうです。

 

1870~80年代  渋沢栄一、岩崎弥太郎、安田善次郎
大倉喜八郎、浅野総一郎、古川市兵衛

1940~50年代  松下幸之助、井深大、森田昭夫
本田宗一郎、藤原武史

 

この時期には共通点があります。
それはゼロからのスタートという共通点です。

 

明治の前は経済や金融の基盤が何もありませんでした。
戦後は一面の焼け野原からのスタートでした。
何もないから新しいものが生まれてきます。

 

現実や現在の状況が人の発想を制限します。
最適なものは過去の延長線上にはありません。
今までやってきたことで未来を縛ってはいけません。

 

現在世の中にあるものは、
かつては人の頭の中にあったものです。

 

アインシュタインの言葉に次のようなものがあります。
「空想は知識より重要である。
知識には限界がある、創造力は世界を包み込む」

 

起業にあたっては
現実や現在の状況に縛られてはいけません。
大いなる創造力を働かせましょう!

 

どうすれば創造力を働かせることができるか?
それは、あなたが本当にやりたいことを考えているときです。

 

この意味からも、あなたの心からやりたいこと
を明確にし、それを仕事にすることが重要です。
そう、それがライフワーク起業なのです。

 

今回は以上です。

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今、日の一言から

 

“騒いでも変わらない。
行動すると変わり始める”

 

追 伸

このブログをご覧になっている方に、
50・60代のライフワーク起業マニュアルをプレゼントしています。

 

私の600名を超える起業相談を踏まえ、
起業の最も重要な3つのポイントをまとめた
30ページのPDF資料です。

無料ですので、下記のURLを
クリックしてぜひ入手してください。

大場保男 (大場保男)読者プレゼント - リザスト

50代・60代のライフワーク起業支援 合同会社 環り愛 ライフワーク起業ナビゲーター 大場保男

 

宜しかったら、この記事に
「いいね」や「シェア」していただくと大変嬉しいです。

 

【発行元】
経済産業大臣登録中小企業診断士 大場保男

【連絡先】
yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp
090-5521-7427

【WordPressブログ】
ライフワーク起業     https://lifework-kigyo.net
地域の元気が日本を変える https://syotengai.net

【Facebookページ】
世界で一番小さな放送局 facebook.com/hosokyoku
大場保男のライフワーク起業 facebook.com/oobalifework
朝市でつながる地域の元気 facebook.com/asaichigenki