あなたの話にはストーリー性があるか?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

7月1日から6日頃は

七十二候の「半夏生(はんげしょうず)」

 

 

半夏という薬草が生える頃ですが

もう一つ、夏至から数えて11日目も

このように呼び、それは7月2日だそうです。

 

 

田植えなどの農作業が一段落し

身体を休めるのがこの時季で、

近畿地方の一部の地域では、タコを食べる習慣があるとか。

 

 

この習慣を販売促進に利用する動きもあるそうですが、

節分の恵方巻のように関西から全国に広まっていくのかな。

 

 

さて、今回のテーマは

「あなたの話にはストーリー性があるか?」です。

 

 

お客様は「見ない」「読まない」「聞かない」

 

 

集客のためには、

積極的に情報発信していくことが求められています。

 

 

しかし、いくら情報発信しても

お客様は、その情報を「見てくれない」

「読んでくれない」「話を聞いてくれない」

という三重苦の中で私たちは

情報を発信しなければならないのです。

 

 

では、どうしたら

情報をお客様に届けられるか?

そのポイントがストーリー性なのです。

 

 

人は、ストーリー性がある内容に

強く惹かれる傾向があります。

 

 

当店のチャーシューにはこんな歴史が…

 

 

次にご紹介するのは

私の知合いのある精肉店のチラシに書かれている内容です。

 

 

当店の焼き豚の原点は

昭和27年に当店二代目の祖父が

横浜中華街の老夫婦が営む中華料理店に通い続けて伝授してもらい

試行錯誤の上に出来上がったこだわりの

当店オリジナルの逸品!チャーシューです。

 

 

当店に代々引き継がれた製法で豚肉を

1本1本秘伝のタレに48時間以上漬け込み

鉄鍋の高温で吊るし焼き上げて余分な脂を落とし

豚肉本来の美味しさを引き出しました。

 

 

美味しさの秘密はこだわりの製法と歴史にあり!

 

 

どうでした?

やっぱり、ストーリー性があると

思わず買ってみたいという気持ちになりませんでしたか?

 

 

もう一つ、

これも私の知合いのカイロサロンのチラシの一部です。

 

 

ある日、寝ている時に足の痛みで目が覚めました。

整形外科に行くと、腰が原因ですべり症と言われ、

しばらく通院して、腰をけん引してもらいました。

 

 

ところが段々症状は悪化してしまい、

歩いて3分で行ける買物も車で行き、

ショッピングカートに寄りかかるようにして買物しました。

 

 

このままでは歩くことも立っていることもできず、

車椅子生活か寝たきり生活になってしまうのでないか

と心配になってきました。

 

 

そんなときに出会ったのがカイロプラクティックでした。

初診で施術してもらって帰るとき、

普通に立って歩けることにびっくり感動しました。

 

 

周りを見渡すと、姿勢が悪く、明らかに腰が悪いと

思われる方がたくさんいます。

でも、皆さん治らないと諦めています。

 

 

私は自分の体験を活かし、諦めている方、

苦しんでいる方の味方になれたらと思い、この仕事を始めました。

 

 

自分の体験がストーリー的に語られていると

やっぱり惹き込まれますよね

 

 

今回は2つの事例をご紹介しましたが

効果的な情報発信にはストーリー性が大切だ

ということをご理解していただけましたでしょうか。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“人からの評価より
人からの感謝”

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

・どうせなら、もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

 

こんな方にお勧めのセミナーです。

詳細を確認する

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

自分の価値観・人生観をベースに起業を考える!


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

6月26日から30日頃は

七十二候の「菖蒲華(あやめさく)」

 

 

「菖蒲」と書いて、「しょうぶ」とも

「あやめ」とも読むそうですが、見分けがつかないですね。

 

 

5月の端午の節句に風呂に入れるのは

「しょうぶ」で、サトイモ科だそうです。

 

 

「はなしょうぶ」「あやめ」「かきつばた」は

アヤメ科で、5月の「しょうぶ」とは全然違うもの

と言われても、私はまだ混乱しています。

 

さて、今日のテーマは

「自分の価値観・人生観をベースに起業を考える!」です。

 

 

価値観で毎日の行動を選択している

 

 

昨夜もそうでした。

妻はスポーツ番組を見ていましたが

私は別のテレビで歴史番組を見ていました。

 

 

妻は自分でスポーツをやるのは苦手ですが

野球やテニス、サッカーなどを見るのが大好きです。

 

 

それに対して私は、歴史ものが大好きで

歴史小説や歴史番組に夢中になっています。

 

 

このように、どの番組を見ることだけでなく

私たちの毎日の行動は、自分の価値観に基づいて選択しています。

 

 

自分の価値観に基づいた行動をしていれば

ワクワクした毎日、ワクワクした人生を歩むことができます。

 

 

自分の価値観に合った仕事が起業成功につながる!

 

 

人生の目的を見つけ

進むべき道を明らかにしようとする場合には

自分の価値観の優先順位について知ることが重要になります。

 

 

しかし、私たちは自分の人生の目的や

どんな仕事で起業するのかを検討する場合

自分の価値観を見極めることの重要性をあまり意識していません。

 

 

ドクター・ディマティーニは

多くの人が次の2つの賢明ではない選択をしていると言っています。

 

 

その1

本当に望んでいるのもではないことにしがみついている

 

 

その2

自分以外の誰かの価値観に合わせている

 

 

私自身の人生を振り返ってみると

思い当たることが多々あります。

 

 

なぜ、こうなってしまうのでしょうか?

 

 

それは、Want to ではなく Have to で考えてしまうからです。

つまり、「やりたい」ではなく「やらねばならない」から発想してしまうのです。

 

 

自分の本当の価値観ならば Want to であるはずです。

Want to の人生ならばワクワクして生きていくことが出来ます。

 

 

Want to で起業すれば、生き甲斐を感じることができ

夢の実現につながるので、成功する確率が高くなります。

 

 

自分の価値観・人生観を8つの視点から確認する

 

 

私が作成した「起業プラン見える化ノート」では、

次の8つの視点から自分の価値観・人生観を確認していただいています。

 

 

1 私にとって幸福とは?

2 私にとって夢・目標とは?

3 私にとっての生き甲斐・やり甲斐とは?

4 私にとって仕事とは?

 

5 私にとって家族とは?

6 私にとって健康とは?

7 私にとって地域・社会貢献とは?

8 私にとって学びとは?

 

 

この8つの視点から見た

自分の価値観・人生観をじっくり見つめ

人生で大切にしていきたいものを書き出していきます。

 

 

さらに、5つの項目から起業のテーマを明確化

 

 

8つの視点から見た

「人生で大切にしていきたいこと」を

ベースに自分の可能性を広げる起業のテーマを見極めていきます。

そのためには、自分の人生を振り返って、次の点を確認していきます。

 

 

1 自分がチャレンジしたいことのリストアップ

2 他者評価、自己評価を踏まえた自分の性格

3 経験で身に付けた知識や能力・スキル、取得した資格

4 自分の持っている人脈・協力者・協力組織

 

 

さらに、起業に当たって着目したい

社会の変化・ニーズを視野に入れると

自分に合った起業のテーマが見えてきます。

 

 

どんなテーマで起業するかが成功するための出発点

 

 

何をテーマにするかで

起業の成否が決まるといっても

決して言い過ぎではありません。

 

 

しかし、「今までやってきた仕事だから」とか

他の可能性を考えずに「これしか出来ないから」

という理由でテーマを決める方が非常に多いのが現実です。

 

 

これでは、あまりにも勿体ない。

今回ご紹介したようなプロセスを

辿って、テーマを決めていくことが極めて重要です。

 

 

そんなわけで現在

「起業プラン見える化ノート」

を使ったセミナーを下記の日程で行っています。

 

 

第1回 6月18日と25日 募集締切り

第2回 7月3日と10日 キャンセルがあったので1名空席

第3回 7月16日と23日 満席

第4回 7月31日と8月1日 2名空席

 

 

ご希望の方は、

空きがある日程を選択してください。

詳しい内容と申込みはこちらから

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

人は本当に使命感で動くのか?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

6月21日から25日頃は

七十二候の「乃東枯(なつかれくさかるる)」

 

 

乃東とは、冬至に芽を出し

夏至に枯れるウツボクサの漢方名で、

この生薬を煎じて飲むと、利尿効果があるそうです。

 

 

そういえば、もう夏至ですね。

いつまでも明るい季節、私は大好きです。

 

 

さて、今日のテーマは

「人は本当に使命感で動くのか?」です。

 

 

補償金を増やしたら支持が減った!

 

 

ヨーロッパのある国で

核廃棄物の処理を巡ってさんざん悩んだあげく

ある村が最終候補地にあがりました。

 

 

村民の意思を住民投票で確認したところ

約50%の住民が受入れに賛成の意思を示しました。

 

 

そこで、受入れ賛成の住民をもっと増やすべく

行政は一戸あたりの補償金をさらに増やすことにしました。

そして改めて住民投票を行ったのです。

 

 

補償金を増やしたのだから当然賛成が増えるはずだと

行政だけでなく誰もがそう想像したでしょう。

ところが、再投票の結果は意外なものでした。

 

 

受入れ賛成派は、

なんと20%くらいにまで減ってしまったのです。

いったい、どういうことなのでしょう?

 

 

住民への聞き取り調査で、

その理由が明らかになりました。

 

 

それは最初に賛成した人の中には、

処理施設が危険だということは重々承知しながら

受入れることが国民のためになる、自分たちが受け入れなければ

みんなが困るという自己犠牲の精神で賛成した人が多かったのです。

 

 

つまり、それを受入れることが自分たちの

使命であると認識したからこそ賛成したのです。

 

 

そのような悲壮な覚悟に近い決心であったのに

政府がそれをお金で解決しようとしたわけです。

 

 

お金というインセンティブで自分たちは動いているのではない、

自己犠牲に近い自分たちの行動が、まさに踏みにじられた形になったわけです。

 

 

この話は、「ハーバード大学白熱教室」の

マイケル・サンデル教授が日本での公開授業の折に話したものだそうです。

 

 

この事例は、人は使命感を持つことで

自己犠牲に近いほどの行為を選択するようになる

つまり、使命感こそその人をその気にさせる最大のモチベーター

であるという事実を示していると言えるでしょう。

 

 

あなたの起業にはどんな使命感が…?

 

 

これを起業の場合に置き換えてみましょう。

起業で最も大切なのは、どんな使命感、ミッションを

持ってそのビジネスをやるのかということを明確にしておくことです。

 

 

心理学者のアドラーは教えています。

原因を追究していっても問題は解決しない。

自分の本来の目的やミッションから考えれば問題は解決するのだ。

 

 

成功するには、いかに失敗があっても

成功するまで諦めなければ成功するのだ

ということは良く聞く言葉ですね。

 

 

でも、失敗が続けば、やっぱり途中で投げ出してしまいます。

最後までやり続けさせるのは、使命感、ミッションなのです。

 

 

ビジネスモデルが大事、集客が大事

事業計画が大事、起業にあたっては

大事なものがいくつもあります。

 

 

でも、最も大事なのは

あなたは何のためにそのビジネスをやるのかということ

このことを心に留めておいてください。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ご感想を返信していただくと嬉しいです。

 

 

今回は、使命感の大切さについてご紹介しましたが、

その前にどんな仕事で起業するかが

大きな課題であり、これで迷っている人も多くいます。

 

 

起業の成否の8割は

仕事の選び方で決まると言われています。

 

 

どんな仕事で起業するか悩んでいる。

仕事は決めているが、これでいいのか自信が持てない。

こんな方にお勧めなのが、次のセミナーです。

 

詳しい内容と申込みはここからどうぞ!

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

起業成功に絶対ハズせない2つのポイントとは?


こんにちは

人生100時代のキャリアプランナーの大場保男です。

 

6月10日から15日頃は

七十二候の「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる」

 

梅雨を控えて湿気が多くなり、

腐った様に湿った草から、成虫となった蛍が

ふわりと飛び立つ時期を表しているとのことです。

 

子供の頃、麦わらで作ったカゴを持って

蛍を取りに行ったことを懐かしく思い出します。

 

6月18日から1回目が始まる

「自分らしさを最大限に活かす起業プラン作成セミナー」、

すでに2回目と3回目は満席となっています。

 

残りは、6月18日スタート分が1名

7月31日スタート分が3名のみになっています。

 

今回は、このセミナーの概要と

起業を成功させる2つの大きなポイントについて

ご紹介していきます。

 

起業成功に絶対ハズせない2つのポイントとは?

 

その1 自分を活かすことが出来る仕事で起業すること

 

あるオリンピック選手のコーチによると、

立てた目標が達成できない理由の95%は、

その目標が本当に自分がやりたいことではない

からだということです。

 

同じことが起業にも言えます。

起業を成功させる一番のポイント、

それは、自分が本当にやりたいこと、

自分を活かすことが出来る仕事で起業することです。

 

ところが実際には、

この仕事しかやってこなかったから他のことはできないと、

他の可能性を検討することなく選んでしまっている方が非常に多いのです。

 

自分にはどんな可能性があるのか、

本当にやりたいことは何なのか、

過去の職務経験だけにこだわらずに確認することが非常に大切です。

 

そのためには、今までの人生を振り返り
次の9つの視点から自分を見詰めることが必要です。

 

1 興味・関心を持っていたこと

2 今までの人生でうまくいったこと

3 辛かったことを克服してきたこと

 

4 自分の性格

5 今まで身につけた知識や能力・スキル

6 対人関係のスキル

 

7 趣味や興味で培った知識や能力・スキル

8 持っている資格

9 持っている人脈、協力者、協力組織

 

今回のセミナーでは独自の「ノート」を使い、

自分への問い掛けを通して、この点について明確にしていきます。

 

その2 世の中から求められている仕事で起業すること

 

世の中から求められている仕事とは、

社会のニーズがある仕事です。

そんなこと当然だと誰もが思います。

 

ところが実際には、

「そんな商品やサービスを利用する人が本当にいるのかな?」と、

首をかしげざるを得ないケースがかなりあります。

 

マーケティングの基本である

顧客志向の考え方や視点がないのです。

 

お客さまが困っていること、悩んでいることを

解決してくれる商品・サービスの提供、

お客さまが求めていることを実現してくれる商品・サービスの提供、

これがニーズに対応することです。

 

それを提供されたお客さまからは

「ありがとう!」という感謝が返ってきます。

これが私たちが手にする売上げにつながるのです。

 

社会の変化・ニーズについては

次の8つの視点から考えていくようにします。

 

1 IT化    2 高齢化

3 少子化    4 自然志向・環境志向

5 地域再生・活性化  6 働き方・住み方の変化

7 心の安定・充足   8 SDG‘sへの関心の高まり

 

今回のセミナーでは独自の「ノート」を使い、

8つの視点×8項目=64項目から

社会の変化やニーズについて考えていきます。

 

独自の「ノート」を使って、ワークショップで進めるセミナー

 

独自の「ノート」とは次のようなものであり、

これを使ってワークショップで進めていきます。

 

この「見える化ノート」は3部構成になっており、

順序通りに書き込んでいくと、起業プランと

セカンドライフの未来図を作成することができます。

 

セミナーに参加すると、こんな効果が!

 

どんな仕事で起業したらいいのか迷いがなくなり、

自信を持って前に進むことができます。

 

自分らしさや可能性を活かした仕事で起業することができます。

 

自分らしい生き方につながるキャリアライフを描くことができます。

 

老後に必要な資金を確認でき、起業による売上目標の目安を立てることができます。
(65歳から90歳までの収支計算書を作成します)

 

仕事以外の「やるべきこと」や「やりたいこと」を明確にすることができます。

 

参加費の返金保証付きです

 

1回2時間で2日間の計4時間のセミナーです。

Zoomを使ったオンラインでの実施なので、ご自宅から参加できます。

Zoomの使い方は事前にご案内致しますので、初めての方も安心です。

参加費用は2日間で5,500円です。

内容にご満足できなければ、参加費全額をお返しする返金保証となっています。

 

下記の日程にて開講します!

 

第1回(残り1名様)

1日目 6月18日(土)20:00~22:00

2日目 6月25日(土)20:00~22:00

 

第2回(満席です)

1日目 7月 3日(日)10:00~12:00

2日目 7月10日(日)10:00~12:00

 

第3回(満席です)

1日目 7月16日(土)20:00~22:00

2日目 7月23日(土)20:00~22:00

 

第4回(残り3名様)

1日目 7月31日(日)10:00~12:00

2日目 8月 7日(日)10:00~12:00

詳しい内容と申込みは下記からどうぞ!

ここをクリックしてください!

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

とんがったコンセプトを考える前にやるべきことは?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

今回のテーマは

「とんがったコンセプトを考える前にやるべきことは?」

 

WhatとHowからコンセプトを考える

 

 

わが家には

もうすぐ2歳になるチワワがいます。

普段、なかなかかまってやれないので

たまにはドッグカフェに連れていってやりたいと思います。

 

 

あるドッグカフェがありました。

店内には薪ストーブがあり

テラスでは犬と一緒に食事ができます。

 

 

この店はどんなコンセプトなのかは知りません。

でも、私がこの店のコンセプトを決めていいのなら

「ペットを通したコミュニティ」

にしたいと思います。

 

 

ペットが好きな人たちは

ドッグカフェに行って

ペットと一緒に食事をするだけでなく

自分のペットのことを誰かに話したい

 

ペットを好きな人同士の仲間が欲しい

こんな気持ちの人が多いと思います。

実は、私もそうです。

 

 

だから、「ペットを通したコミュニティ」

というコンセプトの店があればいいなと思います。

 

 

「コミュニティ」というコンセプトのキーワードから

どんな店にするかのアイデアやイメージが湧いてきます。

 

 

コンセプトをWhatとHowから考えると

 

What「ドッグカフェを」

How「犬好きな人たちのコミュニティにする」

ということになります。

 

 

顧客の欲求の本質からコンセプトを考える

 

 

なぜドッグカフェに行くのか?という質問に対して

たまにはペットと一緒に食事をしたい

こんな回答が返ってくるでしょう。

 

 

さらに質問を続けていくと

ペットが好きな人たちの仲間が欲しい

そんな人たちが集まれる場所があればいい

こんな回答が返ってくるかも知れません。

 

 

ペットを飼っている人は

孤独よりも交流や触れ合いを求めています。

これがペット好きの人たちの

欲求の本質の一つである可能性があります。

そうしたら、そこに焦点を当てていきます。

 

 

このように、ターゲットとなる人たちに

インタビューし、

その欲求の本質からコンセプトを考えていきます。

 

 

コンセプトにはインパクトが欲しい!

 

 

良いコンセプトの条件として

次の4つがあげられます。

 

 

1 面白さ

2 説得力

3 生き生きイメージできること

4 焦点が絞られていること

 

 

このためには、

インパクトと実現可能性の

2つの点から考えていくことが必要です。

 

 

では、インパクトと実現可能性のどちらを優先するか?

 

 

インパクトを優先し

あるべき姿や到達点を鮮明に描き切ること

これがコンセプトです。

 

 

だから、良いコンセプトを別の面から見ると

1 挑戦しがいがある

2 ひるんでしまうほど非現実的でない

この2つから考える必要があります。

 

 

実現可能性の面からだけ考えると

インパクトの面で物足りないものになってしまいます。

 

 

まずは、現状の問題解決から始めようという場合

トヨタの「カイゼン」を思い浮かべるかも知れません。

 

 

しかし、トヨタ生産方式の元祖

大野耐一氏が最初に掲げたのは

「在庫ゼロ」という誰もが実現可能性はないと思っていた

インパクトのあるコンセプトでした。

 

 

特化してとんがらせる

 

 

それからもう一つ

一部の人に熱狂的な支持を受ける部分を特定し

提供価値の本質に特化して

とがらせたものである必要があります。

 

 

「コミュニティ」をコンセプトにしたドッグカフェ

ペットと一緒に食事だけできればいい

と思っている人は対象にしていません。

仲間づくりをしたいという人に特化しています。

 

 

オリジナリティを目指さない!

 

 

インパクトがあるとんがったコンセプト

オリジナリティのあるコンセプト

そんなものは思いつかない

と、誰もが思ってしまいます。

 

 

スティーブ・ジョブズは

「クリエイティビティなものは、既存のものの組み合わせに過ぎない」

と言っています。

 

 

ジェームズ・ヤングは

古典的名著「アイデアのつくり方」の中で

「アイデアとは、既存の要素の組み合わせ以外の何物でもない」

と言っています。

 

 

年齢を重ねると

様々な引き出しが頭の中にできるので

その引き出しの中の情報を組み合わせると

オリジナリティやクリエイティブティ

が生まれてくると言われています。

 

 

今まで、オリジナリティのあるアイデアは若者の専売特許

と考えられていましたが

私たち中高年の方が有利なのです。

自信を持ちましよう。

 

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

 

商品・サービスが売れるか売れないかの

8割はコンセプトで決まると言われています。

 

 

しかし、その前の段階の

起業がうまくいくかどうかは

どんな仕事を選ぶかで8割が決まってしまいます。

 

 

自信を持って「これだ!」と

思える仕事を選ぶことがとても重要です。

 

 

もっと自分らしさを活かせる仕事

もっと自分の可能性を開花させる仕事

本当に自分に合った仕事を見極めて

起業を成功させるためのセミナーの参加者を募集しています。

 

 

定員4名で4回実施予定ですが、

すでに1回は満席になっています。

 

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

会社員に多い“売ること”へのメンタルブロックを どうハズす?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

今回のテーマは

「会社員に多い“売ること”へのメンタルブロックをどうハズす?」です。

 

 

私自身、強烈なメンタルブロックが掛かっていた!

 

 

営業畑の仕事をやっていた人なら別ですが、

総務や経理、企画や宣伝、商品開発や製造の

仕事をやってきた人にとって、“売ること”自体に

心理的な抵抗感がある方が多いのです。

 

 

実は、かつての私自身が“売ること”への

強いメンタルブロックがあったのです。

 

 

私は、化粧品会社に入社して

主に企画や広報の仕事をやっていましたが、

入社して10年目に訪問セールスの実習を2年間やりました。

 

 

いきなり、「ごめんください」と言って、

知らないお宅に訪問すること自体が、

相手に迷惑ではないか、しかも高い化粧品を

売りつけるなんてとんでもない。

 

 

こんな私に商品が売れるはずはありません。

“売ること”に対して強烈なメンタルブロックが

掛かっていたのです。

 

 

そんな私に転機がやってきました。

玄米を原料にしたサプリメントが新発売され、

この商品はけっこう売ることができました。

 

 

以前から健康食品には興味があり、

玄米は身体にとても良いと信じていたので、

これを売ることには抵抗がなかったのです。

 

 

「売ること=相手の都合を考えないこと」

ではなく、「売ること=相手の役に立つこと」に

転換すること、つまり、仕事の意義をはっきり

意識できるようになって、メンタルブロックをハズせたのです。

 

 

「断られたらどうしよう?」という恐怖感

 

 

しかし、本当のメンタルブロックはもう一つあるのです。

私たちは、売らなければならない相手を前にすると

「断られたらどうしよう?」という恐怖感を抱きます。

 

 

なぜ恐怖感を抱くのか?それは

「断られる=自分の人格の否定」と考えるからです。

 

 

そのため私の場合は、玄関のチャイムを押して

留守だとわかると、ホッとしたことが度々でした。

 

 

留守ならば商品が売れるわけはありませんが、

ホッとしたのは、自分の人格が否定されないで

済んだという思いからです。

 

 

自意識過剰が恐怖感の原因!

 

 

相手から断られたのは、

自分ではなく商品なのです。

 

 

でも、商品を販売しようとした

自分が否定されたと思ってしまうのです。

 

 

つまり、相手はそこまで考えていないのに

勝手に自分でそう思ってしまうという

自意識過剰の状態になっているのです。

 

 

人格そのものが否定されたのではなく、

商品や自分について知ってもらう機会が

与えられなかったと考えればいいことなのです。

 

 

このことは、自分がお客に

なった時のことを考えれば、すぐに理解できます。

 

 

ところが、これが理解できない、

それは、そこに自意識過剰の自分がいるからです。

 

 

このメンタルブロックをハズすには、

自意識過剰になっている自分を上から見詰めている

もう一人の自分を考えればいいのです。

 

 

「また出て来たな、自意識過剰ちゃんが…」

ともう一人の自分が意識すれば、ハズすことができるのです。

 

 

以上を整理すると“売ること”への

メンタルブロックをハズす方法は次の2つです。

 

 

1 「売ること=相手の役に立つこと」への意識転換

2 「断られる=人格の否定」という自意識過剰からの脱却

 

 

 

起業がうまくいくかどうかは

どんな仕事を選ぶかで8割が決まってしまいます。

 

 

自信を持って「これだ!」と

思える仕事を選ぶことがとても重要です。

 

 

もっと自分らしさを活かせる仕事

もっと自分の可能性を開花させる仕事

 

 

本当に自分に合った仕事を見極めて

起業を成功させるためのセミナーの参加者を募集しています。

 

 

定員4名で4回実施予定ですが、

すでに1回は満席になっています。

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

あなたのスーパーコンピュータ=大脳を使いこなす“追想法”とは?


こんにちは

100ライフキャリアプランナーの大場保男です。

 

「やりたいこと」を仕事にして自分を最大限に活かし
経済的にも豊かに生きる
50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

 

 

5月21日から25日頃は
七十二候の「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」

 

卵から孵化した蚕が
盛んに桑の葉を食べ始める時期を表しています。

 

蚕は、「一匹」ではなく
「一頭、二頭」と数えるそうです。

 

絹糸の原料となる繭を作る蚕は、
人々の暮らしを支える重要な生き物だったので
牛や馬と同じく家畜として扱われていたからです。

 

 

さて、今回のテーマは

「あなたのスーパーコンピュータ=大脳を使いこなす“追想法”とは?」です

 

事業とは、毎日が解決すべき問題の連続!

 

会社員、起業家を問わず
毎日、解決すべき問題が次々に生まれてきます。

 

今日は問題は何もないだろうと思っていても
思わぬところから面倒な問題が発生します。
毎日が問題に追われているようです。

 

こんな日々を送っていると
問題がない世界に行きたいなと思ったりします。

 

しかし、「問題というものは、あなたを引きずり降ろしたりしない。
風と同じで、飛ぶためにはなくてはならないもの」という言葉があります。

 

だったら、問題から逃げるのではなく
正面から立ち向かっていくべきですね。

 

「適切な質問」が「黄金の答え」を引出す!

 

世界一頭の良いコンピュータである
私たちの大脳を適切に使う鍵が「質問」です。

自動車があまり普及していなかった時代
自動車メーカーの最大の関心事は性能の向上でした。

ところが、ヘンリー・フォードだけが
「どうすれば大量生産できるか」 という質問を自分に投げ掛けました。
まさに「適切な質問」が、 フォードの成功につながったのです。

質問の視点と、質問の分解がポイント

業界の常識的なことを 質問にしても、
新たな発想の解決は得られません。

 

世の中で求められていることは何か?
常にこのような視点からの質問がポイントです。

 

もう一つのポイントは、質問の分解です。
「売上げをもっと上げるには」という質問では 大き過ぎて、
適切な答えを得ることは難しいでしょう。

 

質問は、細かく分解した方が
より具体的な解決策につながります。

 

湯川博士やエジソンが実践していた「追想法」とは?

 

脳は質問されると、そのことについて一生懸命考えます。
本を読む場合もそうです。その本から何を得たいのかを明確にしておくと
そのことについて書かれている部分に自然に目が行きます。

 

自分は何を知りたいのか
どんな課題を解決したいのかを
自分に質問しておくと、脳は常時そのことを考えます。

 

では、いつ質問すればいいのか?
寝る前の時間が最も良いと言われています。

 

睡眠には「頭の中を整理する」という役割があります。
だから、睡眠中に頭の中に乱雑に存在していた
情報が整理されて、朝、目が覚めた瞬間に
問題解決法がポンと浮かんでいることがあります。

 

「翌朝目覚めたときには
問題の解決法を思いついている」と強く念じて
眠りにつくと、翌朝朝にひらめきが起きやすいそうです。

 

これは「追想法」と呼ばれており
湯川秀樹やエジソンなども、この方法を活用していたと言われています。

 

質問を紙に書いて
それを枕の下に敷いて寝る人もいるそうです。
私もやってみようかな。でもカミさんに笑われるだろうな。

 

今回は以上です。
お読みいただきましてありがとうございます。

 

 

 

・どうせなら、もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

こんな方にお勧めのセミナーです。

詳しくはこちら

 

 

 

 

自分の〇〇〇に合った仕事で起業すれば、うまくいく!


こんにちは

100ライフキャリアプランナーの大場保男です。

「やりたいこと」を仕事にして自分を最大限に活かし

経済的にも豊かに生きる

50代・60代のライフワーク起業を応援しています。

 

関東地方は今日も雨

上着なしでは寒いくらいですが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回のテーマは

「自分の〇〇〇に合った仕事で起業すれば、うまくいく!」です。

私たちは価値観で毎日の行動を選択している

 

わが家では、こんなことがよくあります。
妻はスポーツ番組を見ていましたが
私は別のテレビで歴史番組を見ていました。

 

妻は自分でスポーツをやるのは苦手ですが
野球やテニス、サッカーなどを見るのが大好きです。

 

それに対して私は、歴史ものが大好きで
歴史小説や歴史番組に夢中になっています。

 

このように、どの番組を見ることだけでなく
私たちの毎日の行動は、自分の価値観に基づいて選択しています。

 

自分の価値観に基づいた行動をしていれば
ワクワクした毎日、ワクワクした人生を歩むことができます。

 

自分の価値観に合った仕事が起業成功につながる!

 

人生の目的を見つけ
進むべき道を明らかにしようとする場合には
自分の価値観の優先順位について知ることが重要になります。

 

しかし、私たちは自分の人生の目的や
どんな仕事で起業するのかを検討する場合
自分の価値観を見極めることの重要性をあまり意識していません。

 

ドクター・ディマティーニは
多くの人が次の2つの賢明ではない選択をしていると言っています。

 

その1
本当に望んでいるのもではないことにしがみついている

その2
自分以外の誰かの価値観に合わせている

 

私自身の人生を振り返ってみると
思い当たることが多々あります。

 

なぜ、こうなってしまうのでしょうか?

 

それは、Want toではなく Have toで考えてしまうからです。
つまり、「やりたい」ではなく「やらねばならない」から発想してしまうのです。

 

自分の本当の価値観ならば Want to であるはずです。
Want to の人生ならばワクワクして生きていくことが出来ます。
Want to で起業すれば、生き甲斐を感じることができ
夢の実現につながるので、成功する確率が高くなります。

 

Want toを見つけるには、どうしたらいいのか?

 

それは、自分の過去に隠されています。
だから、自分の過去をしっかりと振り返ることが必要です。

 

まず、自分の人生を次の6つに分けます。

 

1 小学校卒業までの時期
2 中学・高校時代
3 高校卒業~20代の時期
4 30代の時期
5 40代の時期
6 50代~現在まで

 

それぞれの時期で
自分が興味や関心を持っていたこと
うまくいったことを書き出していきます。

 

さらに、なぜ興味や関心を持ったのか
なぜうまくいったのか、その理由を書いていきます。

 

それを眺めながら
自分にとって生きがい・やり甲斐は何か?
自分にとって夢や目標は何か?
を自問自答していきます。

 

うすると
自分の価値観となるキーワードがいくつか見えてくるので、
それをリストアップします。

 

そのリストアップされたキーワードから
Want to を選び出して
それを踏まえて、どんな仕事で起業するかを検討します。

 

このような作業をすることによって
起業が成功する確率が非常に高くなります。

 

次にご紹介するセミナーでは
「可能性が広がる起業プラン見える化ノート」を使い、
手順通りに書いていくだけで、自分のWant to に基づいた
起業のテーマを“見える化する”ワークショップを行います。

 

ご興味のある方は
セミナーの詳しい内容をご覧ください。

 

今回は以上です。

 

 

・自分の可能性を最大限に活かす仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

そんな方にお勧めのセミナーです。

詳しくはこちら

 

自分らは破滅しても夢に向かっていくというのか?


こんにちは
50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

今日も「5月晴れ」という言葉とは
ほど遠い曇り空、スカッとするのは、いつでしょうね。

 

さて、今回のテーマは
「自分らは破滅しても夢に向かっていくというのか?」
です。

お前は何で国に尽くすのだ?

人は、なぜ起業するのでしょうか?
それは、どうしても自分の夢を実現したい
こんな想いから起業する人が多いのではないでしょうか。

 

「日本を強く豊かな国にしたい」という志のもとに
「気違い佐吉」「穀つぶし佐吉」と言われながらも
自動織機を発明した豊田佐吉

 

亡くなる前の床の中で
佐吉は息子の喜一郎に尋ねます。

 

「おれは、織機で国に尽くした。お前は何で国に尽くすんだ?」
喜一郎は「自動車がやりたい」と答えました。
「よし、わかった」と言って
自動織機の特許料として得た100万円を喜一郎に渡します。

 

豊田は残っても夢は潰れます!

 

喜一郎、研究につぐ研究の日々
佐吉にもらった100万円を使い果たしてしまいました。
それでも見通しは立ちません。

 

佐吉の娘婿の利三郎の家に増資の依頼に行きました。
「お前、車をやるのか?」
「そうだ、だが、金が足らん。貸してくれ」
「だめだ、会社を潰すわけにはいかん」

 

こんなやり取りが明け方近くまで続きます。
それまで黙っていた利三郎の妻
つまり、喜一郎の妹の愛子が
涙を流しながら利三郎に訴えました。

 

「今、お兄さんが帰ったら豊田は残るでしょう。
でも、夢は潰れます。
天にいるお父さんはそんなことは喜びません。
会社を潰しても、夢を潰してはいけません!」

 

妻の言葉を聞いて利三郎は叫びます。
「豊田家の血はどうなっているんだ。
お前らは、自分は破滅してでも夢に向かっていくというのか!
お前たちは気違いだ。わかった、いくらいるんだ!」

 

と言って、200万円を出しました。
もしもこの時、愛子の訴えがなかったならば
その後の自動車王国日本は誕生していたでしょうか?

 

夢を実現するには、自分に催眠術をかけなさい!

 

日本一のマーケッターと言われている神田昌典さんから、
夢を実現するには、自分の催眠術をかけなさいという話を聞きました。

 

その方法とは
・目標を書いた紙を夜寝る前にボヤーと眺める。
朝起きたときに、またボヤーと眺める。
・目標設定は現在形  「私は○○になる」
・視覚化(ビジュアライゼーション)する。
クリアファイルを持ち歩く。
・この目標に一歩でも近づくためには、今この瞬間に何が必要だろうか?
→心に質問するだけでいい。

 

目標を書いた紙を夜寝る前にボヤーと眺めるのは
昼間のあいだ、意識の上で思いつめ、
考えあぐねて解決できなかった問題を
潜在意識が一生懸命考えてくれるからだというわけです。

 

夢は大きい方がいいと言われていますが
いきなり、大きな夢が実現するわけではありません。

 

大きな夢というゴールに至るまでの
階段を作っていきます。
それも、少しずつ確実に登っていける階段が望ましいのです。

 

つまり、目の前の目標を確実に達成していくこと
これを繰り返して、少しずつ夢に近づいていくようにします。

 

そして、
絞り込んだ1個の目標について、
今日一歩でも近づくために、いったい何をしなければならないか、
どんな小さいことでも書き出すことが必要だと言っています。

 

今回は以上です。

 

・もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

そんな方にお勧めのセミナーです。

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢とともに記憶力は衰えるが、〇〇力は高まる!


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

関東地方は、梅雨に入ったような

うっとうしい天候が続いていますが

いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回のテーマは

「年齢とともに記憶力は衰えるが、〇〇力は高まる!」です。

やっぱ、歳を取ったなぁ~

 

道でバッタリ会った人、

顔は良く覚えているけれど、名前が思い出せない。

 

いちおう、笑顔でごまかしておいたけど、

「誰だったかな~」と歩いている途中も

イライラしっ放し、家に着いても思い出せない。

 

「ほら、前によく飲みに行ったあの店、

なんだっけなぁ」、「この季節になると、生シラスを

置いてあった店でしょう?なんでしたかねぇ」…

 

妻も歳を取った、そのため、夫婦で「あれ」だの

「これ」だの指示代名詞がやたら多い会話。

 

さっき名刺交換した人の会社、録画して

見ようと思っていたテレビの番組、

フィンランドの女性の首相の名前

何だったかな?…、こんなことありませんか。

 

本当に忘れっぽくなった。

でも、昔に比べれば今の50代・60代は若い。

私たちが子供の頃の60代といえば腰が曲がり杖をついていました。

 

ところが今は、「60歳になれば自治会の

老人会に入会できるから…」と言われても、誰も入る人はいません。

 

神奈川県大和市では「70代を高齢者と

呼ばない都市宣言」を出しています。

 

とは言いつつも、若いつもりでいても身体は正直です。

健康のためエレベーターを使わず階段を上がれば息があがってしまう。

ちょっと走れば、心臓がバクバクしてしまう。やっぱ、歳だよなぁ~。

 

年齢とともに体力だけでなく、記憶力や知的能力は衰えていく。

だから、やっぱり若い人には敵わない。この歳になって起業して

若い人と競争しても負けてしまうだろうと思っている人が多くいます。

 

80代でも20代と同じものは何か?

 

東北大学加齢学研究所では、

人間の大脳を10年間追いかけて計測しました。

その結果、次のようなことが分かったというのです。

 

人間の大脳は、外側の灰白質と内側の白質に分かれている。

灰白質は神経細胞の集まりであり、その体積は20歳を超えた

頃から減少し始め、年齢とともに直線的に減少していく。

 

一方、白質は神経線維の集まりであり

灰白質と対照的に年齢とともに少しずつ増えていく。

 

ピークは60代から70代であり、

それを過ぎると減少していくが

80代でも20代と同程度の体積がある。

 

このことから言えることは、年齢とともに

計算したり記憶したりするスピードは落ちてくるけれど、

直観力や洞察力という高度で深い知恵は増えていく。

 

つまり、大脳の潜在能力は

年齢とともに発達していく。

 

これを読んで、私自身は

「もう歳だから…」というのは

言い訳にしか過ぎないと思いました。

 

あなたは、どう感じたでしょうか?

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

 

・もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

こんな方にお勧めのセミナーです。

詳しくはこちら

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki