ネガティブな想いで頭が一杯!さぁ、どうする?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

11月27日から12月1日頃は

七十二候の「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」

 

 

「朔」という字には「北」という意味があり

「朔風」は「木枯らし」を意味するそうです。

 

 

東京地方の木枯らし1号は

まだ発表がないようですね。

 

 

木枯らし1号の条件は

西高東低の気圧配置で

西北西から北寄りの最大風速8m以上ということです。

 

 

さて、今日のテーマは
「ネガティブな想いで頭が一杯!さぁ、どうする?」です。

 

 

想ったことを紙に書いたけど…

 

 

心の中で想わなければ、何事も実現しない。

想ったことが実現する。

さらに想ったことを紙に書けばもっと効果的である。

 

 

あなたはこんな言葉をどこかで読んだり

聞いたりしたことがあると思います。

 

 

そこで、起業して年収1千万円を稼ぎ

年に1回は家族で海外旅行に行く

と心で想い、紙にも書いたとします。

 

 

その時のあなたは頭の中で

どんなことを想っているのでしょうか?

 

 

ネガティブな想いが頭の中をグルグル!

 

 

そんなこと言ったって、本当にその通りになるのかな?

そんなの運のいい奴だけじゃないの?

俺はやっぱ無理だよ!

だって、〇〇だもの!

と実現できない理由が次から次に出てきます。

 

 

そして、このようなネガティブな想いで

一杯になっているのではないでしょうか。

 

このようになりたいという想いを紙に書いて

それを見るたびにネガティブな想いが

頭の中をグルグル動きます。

そうすると、ネガティブな想いが実現してしまいます。

 

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

頭の中で想っているネガティブな想いを

紙に書き出すのです。

書き出すというよりも

ネガティブな想いを紙の上に洗いざらし書き切ってしまうのです。

 

 

次には、自分が実現したいと思っていることが

必ず出来るというポジティブな理由を紙に書き出していきます。

これも洗いざらい書き切っていきます。

 

 

ネガティブな想いが10個以上上がったのに

ポジティブな理由が2~3個しかなかったならば

 

 

実現したい夢そのものが、

あなたに合っていなかったのかも知れません。

 

 

このような場合は、夢そのものを

もう一度考え直した方がいいでしょう。

 

 

さて、ネガティブな想いを紙に書き切って

それを眺めると、ネガティブな想いを客観視することができます。

 

 

そうすると心の中のもやもやがすっきりします。

 

 

ポイントは、

無理にネガティブな想いを抑え込まないことです。

 

 

そうしたら、紙に書き切った

ネガティブとポジティブの想いを見比べて

これから自分はどうしていったらいいのかを考えて

それを紙に書き出していきます。

 

 

こうすることによって

ネガティブな想いをコントロールすることができます。

 

 

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

終わりに当たって

私のメンター(と私が勝手に思っている)

福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

 

 “悩んで、悩んで

                             自分らしくなる”

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

起業プランをチェックする7つのポイントとは?(2回目)


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

10月3日から7日頃は

七十二候の「水始涸(みずはじめてかるる)」

 

 

田の水を落として稲穂の刈り入れを

始める頃がこの時期という意味だそうです。

 

 

神奈川県泉橋酒造の酒米の田んぼでは、

冬も水を張っているので、そこでヤゴが育ち

やがてトンボになるという話を聞きました。

 

 

 

だから、トンボをシンボルマークとして

日本酒のラベルとして使っています。

酒が美味しいのは、このせいなのかな。

 

 

さて、今回のテーマは前回に引き続き

「起業プランをチェックする7つのポイントとは?」

の2回目です。

 

 

他人が見ても分からない計画書が多い!

 

 

起業を成功させるには、何よりも行動力です。

しかし、闇雲に行動すればいいというものではありません。

 

 

何を目的に、いつまでに何をやって

どのような成果を出していくのかという

事業計画書を作成することが必須です。

 

 

事業を行うには、多くの人の協力が必要です。

そのためには、自分が何をやろうとしているのかを

他人に分かってもらうことが必要です。

 

 

特に起業のために融資を受ける場合は

金融機関の人に理解してもらうことは絶対条件です。

 

 

しかし、私は創業相談員として

何百本という事業計画書を見てきました。

 

 

これって事業計画書?と

思わず口にしたくなるものが何と多かったことか!

 

 

他人に分かってもらう以前に

自分の考えが十分に整理されていないのです。

 

 

起業プランをチェックする7つのポイントとは?

 

 

前回、起業プランをチェックする

7つのポイントについてご紹介しました。

 

 

具体性、必要性、発展性、社会性、

独自性、実現性、収益性の7つです。

 

 

この中で一番重要なのは必要性でしたね。

前回は、その必要性と、具体性、発展性、社会性について説明しました。

 

 

今回は、残りの独自性、実現性

収益性について説明していきます。

 

 

第5のチェックは独自性:あなたらしいオリジナリティがあるか?

 

 

お客様は、なぜあなたからその商品を買うのでしょうか?

それは、他にはない価値があなたやあなたの商品には

あるからです。

 

 

どこにでもある商品で事業を行ったならば、

価格競争に巻き込まれ

資金力のあるところには太刀打ちできません。

 

 

独自性があれば、

競合がいないブルーオーシャンで事業を行うことができます。

 

 

オリジナリティを打ち出すためには、

今まで気が付かなかった不満や悩みに焦点を当てる、

今まで対象になっていなかった人たちに焦点を当てる、

今までのものを組み合わせて新しい価値をつくる

など、色々な方法があります。

 

 

「あなたの事業、商品の“売り”は何ですか?」

と聞かれたとき、

スッと答えて、相手が納得できなかったら

独自性があるとは言えません。

 

 

独自性をどのように出していくか?

一生懸命考えても、なかなかアイデアは生まれてきません。

あなたが対象としている人の不満や悩みをヒアリングすることから生まれます。

 

 

第6のチェックは実現性:すぐにスタートできる状態にあるか?

 

 

夢のような将来ビジョンを持ちことは

大変重要なことです。

 

 

でも、そこに至るまでのプロセスがなければ

単なる夢に終わってしまいます。

 

 

壮大なビジョンを目指すには、

それに向かっての第一歩を踏み出すことが必要です。

その第一歩がすぐに踏み出せるような状態になっていることが求められています。

 

 

事業を行うための知識やノウハウを習得していますか?

事業を行うための商品の準備はできていますか?

事業を行うための設備や備品の準備はできていますか?

 

 

あなたの商品をお客様に知ってもらい、お届けする準備はできていますか?

事業を行うための人は確保できていますか?

事業を行うための資金確保の方法は明確になっていますか?

 

 

最後のチェックは収益性:集客や売上げは計画通り確保できるか?

 

 

お客様が集まらない

だから売上げがあがらない。

 

 

でも、日々の生活費は必要だ。

段々、蓄えは底をついてきている。

 

 

困った、困った、どうしよう、どうしよう

こうなると気持ちばかり焦って、良い知恵も思い浮かんできません。

 

 

こうならないように、収益性をしっかり考えておくことが必要です。

 

 

創業にあたって、金融機関から借り入れをしているならば、

その返済を考えなければなりません。

売上げが上がっても、

入金までに期間があいてしまうなら、

その間の資金繰りを考えておく必要があります。

 

 

収益性を考える場合

価格設定と集客方法に留意してください。

 

 

低価格で勝負すると

価格競争に巻き込まれ、収益は悪化します。

高い価格でも、お客様に満足していただける価値の提供を徹底的に考えてください。

 

 

集客方法については、

ただ、お客様が来るのを待っているのではなく、

どのように対象顧客に働きかけていくのか

“待ち”ではなく、“攻め”の集客方法を考えてください。

 

 

今回は以上です。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)

福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

 “私は、疲れることをやめました。だって、疲れますから

       困ることもやめました。だって、困りますから

        すべてを楽しむことにしました。だって、楽しいですから”

 

 

今回もお読みいただき

ありがとうございます。

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

起業プランをチェックする7つのポイントとは?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

9月23日から28日頃は

七十二候の「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」

 

 

夏の間に鳴り響いた雷が

収まるのがこの時期という意味です。

 

 

雷が鳴ると怯えていたわが家のチワワ

今の時期、一緒に夜の散歩をしていると

聞こえてくるコオロギの鳴き声に向かっていきます。

 

 

知らないうちに

季節が静かに移り変わっていくのですね。

 

 

さて、今回のテーマは

「起業プランをチェックする7つのポイントとは?」です。

 

 

起業プランには客観性が必要!

 

 

起業プランには、あなたの熱い想いが

表現されていることが必要です。

 

 

熱い想いがあるからこそ

私たちは起業するのですから。

 

 

逆に、熱い想いがなければ

起業など考えない方がいいでしょう。

 

 

しかし、

あなたの熱い想いが表現されているだけでは不十分です。

 

 

いかに熱い想いが表現されているといっても

独りよがりなプランではうまくいくはずがありません。

 

 

あなたの想定しているお客様、

あなたの事業の協力者が

納得でき、魅力あるプランだと思うようなものでなければなりません。

 

 

そのためには、次の7つの視点から

チェックしてみることが必要です。

そのチェックポイントは、次の7つです。

 

 

チェック1 具体性

チェック2 必要性

チェック3 発展性

チェック4 社会性

 

 

チェック5 独自性

チェック6 実現性

チェック7 収益性

 

 

第1のチェックは必要性:本当に必要性があるのか?

 

 

この7つのポイントは

いずれも重要なものですが、

なかでも一番重要なのは、必要性です。

 

 

あなたの行おうとしている事業は

本当に必要とされているのか

本当にニーズがあるのかという視点から

厳しくチェックしていくことが求められます。

 

 

そのためには

ターゲットを明確にし、

その人たちの困っていること、悩んでいること

こうしたら、もっと満足度が高まるだろうという点について

徹底的に調査していくことが必要です。

 

 

対象としているターゲットの悩みを解消し

ニーズを満たしていくのが、あなたの商品なのです。

最初に「商品ありき」ではないのです。

 

 

第2のチェックは具体性:事業内容が具体的に作り込まれているか?

 

 

プランは具体的に詰めてあることが必要です。

店舗ならば、場所や店舗レイアウトが決まっていること

必要な設備や備品が明確になっていることが求められます。

 

 

販売する商品の内容や種類

ネーミングや価格も決まっていることが必要です。

 

 

事業は現実の積み重ねなのです。

まだ、具体化されていない点は、

一つひとつ塗りつぶしていきましょう。

 

 

第3のチェックは発展性:将来の発展が見込まれるか?

 

 

例えば、あなたがこれから八百屋を開業したいと考えたとしましょう。

スーパーで買うことが常識となっている野菜の販売を

個人店でやっても、うまくいかないことでしょう。

 

も、「健康」や「地産地消」というテーマで

野菜を販売する店ならば、うまくいく可能性がありますよね。

 

 

時代が求めているものをしっかり把握し、

その要素を取り入れていくことが発展性につながります。

 

 

そのためには、SWOT分析を行うことが効果的です。

なかでも、その事業を取り巻く環境変化の

機会(追い風)と脅威(向かい風)について、良く分析しておきましょう。

 

 

第4のチェックは社会性:社会の人々の幸せに結び付いているか?

 

 

起業の目的は、売上げや利益を求めることだけでなく、

人々の役に立ち、社会の貢献することも目的の一つです。

 

 

人は、自分以外の人の役に立つことで

喜びを感じるようにつくられています。

 

 

私の知合いの米屋の店主は

明日はどんなことでお客さんに喜んでもらおうかと考えると

ワクワクして楽しくて堪らないと話していました。

 

 

社会性のある事業を行っていると協力者が現れます。

自分のためだけに事業をやる場合よりも疲れを感じなくなります。

これこそ、自分で事業をやる醍醐味です。

 

 

今回はここまで

次回は、残りの独自性、実現性

そして、事業存続のポイントである収益性について考えていきます。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)

福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

 

 “より良いことのために、すべての過去がある”

 

 

お読みいただきましてありがとうございます。

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

目標を紙に書き出せば成功するのか?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

9月18日から22日頃は

七十二候の「玄鳥去(つばめさる)」

 

 

春先に日本に渡ってきたツバメが去ってしまう

まだ暑さが続いていますが、もうそんな時期になってしまったのですね。

 

 

ツバメは気温に関係なく

日照時間に長さを感知して渡りを

開始するため、年によるヅレがほとんどないそうです。

 

 

さて、今回のテーマは

「目標を紙に書き出せば成功するのか?」です。

 

 

3:10:60:27って何のこと?

 

 

アメリカのある大学で

その大学を卒業した人を

追跡調査した結果が、3:10:60:27です。

 

 

まず最初の3です。

大成功して精神的にも経済的にも

豊かに生活している人たちが全体の3%だったということ。

 

 

次の10は、上位3%の人ほどではないけれども

全体の10%の人たちは、ある程度成功しています。

この人たちは失敗も経験しています。

 

 

次の60は、全体の60%は普通の人たちで

日々の生活に問題はないけれども、

リタイア後の生活費や子供の教育費に不安を感じています。

 

 

最後の27は、何をしてもうまくいかず

常に世の中に対する不平や不満を抱えている人が

27%いたということを意味しています。

 

 

このような結果になるのは何が原因か?

 

 

トップ3%の人たち

性格的にも積極的で即断即決の人

常に明確な目標を持ち、それをノートに書いて

段階的に実行しています。

 

 

次の10%の人たち

性格や資質はトップ10%の人とは

明確な違いはないけれども

 

 

自分の目標を紙に書き出すことなく、

漠然とした目標を持っているに過ぎません。

 

 

60%や27%の人はどうでしょうか?

自ら目標を設定することが良いことだと理解していますが

日々の忙しさに流されて、結局は漠然とした夢を語っているだけです。

 

 

他人からの評判が非常に気になり

他人に依存する傾向、重要な判断を他人に

委ねるなどの傾向が強い人です。

 

 

目標を紙に書き出せば成功するのか?

 

 

トップ3%の人たちは

目標を設定するだけでなく、それを紙に書き出していました。

 

 

次の10%に人たちは漠然とした目標を持っていますが

紙に書くまでには至っていません。

 

 

60%の人、27%の人は

漠然として夢のようなものはあるようですが

明確な目標は持っていません。

 

 

居酒屋で文句を言いながら

「俺の夢はな…」なんて後輩に話しながら

本気でその夢を追いかけていこうという気持ちは

さらさらないというような人たちかも知れませんね。

 

 

では、目標や夢を紙に書き出せば

それが実現するのでしょうか?

 

 

3%の人たちの部分をもう一度読んでみてください。

 

 

“それをノートに書いて

段階的に実行している”と書いてあります。

そうです、実行すること、つまり行動することが大事です。

 

 

目標を達成するために

やるべきことを明確にし

それを着実に実行・行動することがなければ

 

 

いくらノートに書いても

目標や夢は現実のものにはなりません。

 

 

目標を設定したら、PDCAのサイクルを回していく!

 

 

まず、目標を達成するためのプランを立てます。

年間プラン、月間プラン、さらにそれを

毎日のプランに落とし込んでいきます。

 

 

それに基づいて毎日行動し

その結果をチェックして、次のアクションにつなげていきます。

 

 

このようなことは、ほとんどの人が知っています。

しかし、実行している人はほんの僅かです。

多分、これが全体の3%かも知れません。

 

 

今回は以上です。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“辛い経験は
当たり前を幸せにする”

 

お読みいただきましてありがとうございます。

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

第二の人生の第一歩をどんな気持ちで踏み出すか?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

9月13日から17日頃は

七十二候の「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

 

セキレイの甲高い鳴き声が

秋の澄み切った空に響き渡る時期

という意味のようです。

日本神話の中でセキレイは

男神のイザナギと女神のイザナミに

 

子作りの方法を教えたとされているので

「恋教え鳥」とも言われているそうです。

 

さて、今日のテーマは
「第二の人生の第一歩をどんな気持ちで踏み出すか?」です。

 

 

入社式に二日酔いで遅刻した私の社会人第一歩

 

 

誰もが学校を卒業して

初めて就職した時のことは覚えていると思います。

 

 

今から何十年も前、私にもそんな日がありました。

でも、それは希望に満ちた気持ちで迎えたのではありません。

二日酔いで入社式に遅刻したのです。

 

 

入社式の前夜、アパートの隣の部屋の奴が、

彼女に振られたから“やけ酒”につきあえと言って来たので

深夜まで彼と酒を飲み、“ぐち”を聞かされていたのです。

 

 

翌朝、目が覚めたら“やばい、会社に遅れる!”

会社に着いたら、もう入社式は始まっていました。

入社式が終わるまでここで待っていなさいと言われ

 

 

待っている間中、遅刻した言い訳をあれこれ考えていました。

ところが、入社式が終わって人事課の人が私の顔を見た瞬間

「君は酒を飲んでいるね」と厳しい叱責の一発

 

 

言い訳どころではありません。

これが私の情けない社会人の第一日目です。

新たな希望も決意もありませんでした。

 

 

独立起業は不安な世界への第一歩?

 

 

独立起業は、第二の人生への出発です。

将来への期待とともに、不安な気持ちがあるのも事実でしょう。

当たり前です。独立起業という未知な世界に踏み出すのですから…。

 

 

しかし、第二の人生の出発は

不安な気持ち一杯で迎えて欲しくありません。

 

 

なぜ、不安になるのか?

それは、自分を中心に考え、

これからの自分の生活、人生は本当に大丈夫だろうか?

という点に焦点が当たってしまうからです。

 

 

自分ファーストに考えると不安になる!

 

 

何のために起業するのか?

それは、人や社会の役に立つためです。

だったら、そのことを中心に考えていけば

 

 

不安な気持ちより、

未来への高揚感の方が強くなります。

 

 

まだ、小さな町工場でしかなかった

ホンダの本田宗一郎が、ミカン箱に乗って

 

 

“ウチは、世界一の二輪車メーカーになるのだ!”

と叫んだとき、彼の胸の中は高揚感で溢れていたでしょう。

 

 

自分のことよりも

自分の仕事によって

誰に役に立つのかを考える

誰を幸せにしたいのかを考える

 

 

つまり、“仕事とは人の役に立つことである”

と考えることこそが最も大切なことだと思います。

 

 

したがって、

どんな仕事で起業するのかを考える時も

2つの視点から考えることが必要です。

 

 

一つ目は、自分は本当に何をやりがいのか?

二つ目は、そのことによってどうやって人に喜んでもらうのか?

 

 

この二つが合致したところに

起業成功の鍵があり、ワクワクする

第二の人生を送るためのキーポイントがあると思います。

 

 

でも、やっぱり起業で第一歩を踏み出すには

不安な気持ちが、どうしても拭えないという方も多いでしょう。

 

 

そんな時には、先ほどの2つの視点を

もう一度、徹底的に考えてみてください。

ここが弱いと、不安な気持ちは

いつまでも消えないと思います。

 

 

今回は以上です。

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“負けるほど 強くなる
うまくいかないほど 成長する
手間がかかるほど 面白い
だから、明日が楽しみで 仕方がない”

 

お読みいただきましてありがとうございます。

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

アタマで考えるな、自分の直感を信じろ!


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

9月3日から7日頃は

七十二候の「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

 

日に日に稲穂が重くなり

もうすぐ刈り入れという大事な時期ですが

台風が多いのもこの頃、今も台風11号が沖縄に近づいていますね。

 

 

さて、今日のテーマは

「アタマで考えるな、自分の直感を信じろ!」です。

 

選択の連続、それが人生

 

 

就職先はどこの会社にするか?

結婚も、この相手でいいのだろうか?

 

 

そして、会社をやめて起業すべきか?

どんな業種で起業したらいいのか?

 

 

人生は選択の連続ですね。

何を選択したのかによって、その後の人生が大きく変わります。

 

 

何を判断基準にして選択しているのか?

 

 

Aにすべきか、Bにすべきか

あなたは、何を判断の基準にしていますか?

 

 

買物の場合を考えてみてください。

多くの場合、感覚で選んで

後からその選択の理屈付けをすると言われています。

 

 

しかし、家のような大きな買物の場合は

家族構成や通勤時間

交通の便や買物環境など

色々な条件を比較して選択しますよね。

 

 

ところが、条件が同じような物件が2つあった場合は

最終的には感覚で選んでしまうでしょう。

 

 

ものごとは論理的に考えなくてはならない

私たちは、子供の頃から、そう教えられてきました。

しかし、現実には感覚で選択し、行動してしまうことが多いでしょう。

 

 

その後の人生を左右するような

重要な選択をしなければならない場合も

感覚で選んでいいでしょうか?

 

 

特に、今あなたが会社をやめて

起業しようかどうか迷っているような場合

きちんと論理的に考えて

結論を出さなければならないと思いますよね。

 

 

でも、論理や理屈で考えるよりも

直感で決めた方がいいという意見があります。

それは、なぜでしょうか?

 

 

私たちはつながっている?

 

 

「ワンネス」という言葉があります。

“全てがあなたの一部であり

あなたの一部もまた全て”という意味です。

 

 

ユングの集合的無意識を考えると

分かりやすいかも知れません。

私たちは、個々独立した存在であると同時に

集合的無意識でつながっていて、その一部であるいう考え方です。

 

 

さて、ここから直感について考えてみましょう。

散歩をしている時、風呂に入っている時、

トイレの中で、ふいに頭に浮かぶ

あるいは、何となくそう思う、これが直感ですよね。

 

 

論理や理屈は、私たちの顕在意識を使います。

直感の場合は、潜在意識から出てきた、あるいは

集合的無意識から出てきたものかも知れません。

 

 

顕在意識より、もっと深く大きなところから

出てきた可能性があります。

直感のことを、神様からのメッセージと言う人もいます。

 

 

だから、理屈よりも

直感の方を信じた方がいいという訳です。

 

 

直感は単なる思い付きかも…

 

 

しかし、深く大きなところから出てきたのではなく、

単なる思い付きかも知れません。

こんな場合、それを基準に今後の人生を選択するのは危険です。

 

 

では、どのように見分けるか?

自分が無心になった時に出てくるのが

直感だと言えるでしょう。

 

 

では、どんな時に無心になるのか?

そのことについて、一生懸命考えている時でなく

そのことを一旦忘れて、天に任せた時に無心になれると言われています。

 

 

だから、散歩の時、風呂に入った時、トイレの中

こんな時に、ふいっと思い浮かんでくるのです。

 

 

では、論理や理屈を無視して

直感だけに頼っていいのでしょうか?

 

 

論理や理屈は、そのあとに出番があります。

直感で選択したあと、論理や理屈でその選択を検証していきます。

そうすれば、自分に納得できるでしょう。

 

 

今回は以上です。

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“困難の中で努力した人は
後で喜びが待っている
喜びの中で努力した人は
後で大喜びが待っている”

 

お読みいただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

70代になった自分を想像してみる!


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

7月23日から28日頃は

七十二候の「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

 

 

初夏に薄紫色の花を咲かせた桐の木が

盛夏の今頃、卵型の実を結ぶそうです。

 

 

昔は女の子が生まれると桐の木を植えて

嫁入りするときに桐たんすを作る風習があったといいます。

 

さて、今回のテーマは

「70代になった自分を想像してみる!」です。

 

 

健康寿命と平均寿命の差が問題!

 

 

健康寿命とは何か?

介護を受けたり寝たきりになったりせずに

日常生活を送ることができる年齢が健康寿命です。

 

 

厚生労働省が公表した2019年の健康寿命は

男性が72.68歳、女性が75.38歳となっています。

 

 

同じ2019年の平均寿命は

男性が81.41歳、女性が87.45歳です。

 

 

健康寿命と平均寿命の差は

男性が8.73歳、女性が12.07歳です。

この間は、介護や寝たきりで過ごさなければならないのです。

 

 

男性は73歳頃から約9年間、

女性は75歳頃から約12年間

介護や寝たきりになる、こんな未来が待っている

想像もしたくないですが、統計上はそうなってしまうのです。

 

 

そうならないためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

仕事自体が「生きる活力」

 

 

仕事を辞めて家にいると

急に老け込むという話をよく耳にします。

 

 

特に今まで会社人間だった男性ほど、

この傾向が強いと言われています。

 

 

だから、趣味でもボランティアでも地域活動でも、

何かやることが大事だよと人に勧められます。

 

 

人と人と関わること、

自分の出来ることで周りの人の役に立つこと、

そのこと自体が「生きる活力」につながるからでしょう。

 

 

しかし、働くことの方がもっと

「生きる活力」につながります。

 

 

起業して働けば、報酬を得ることができます。

人や社会の役に立つ活動をした結果が

売上げという形でフィードバックされるのです。

 

 

無報酬の場合と比べて、取組む姿勢や真剣度が違います。

「自分はプロだ!」という心構えが自信や誇りになります。

 

 

健康寿命を延ばしたいのなら

仕事をすることによって、起業して自分の才覚で仕事をすることによって

「生きる活力」を持ち続けることが必要だと思われます。

 

 

「丸い心」と「感謝」で生きる

 

 

年を取ると、頑固になったり人の話を聞かなくなる人がいます。

逆に、年齢とともに性格が「丸くなる」人もいます。

 

 

カリフォルニア大学のメイサー・キャサリンらの

研究によると、年齢を重ねると次のような現象が

現れることが明らかになったというのです。

 

 

・激しい否定的感情を前ほども持たなくなる。

・否定的感情には、肯定的感情ほど注意を払わなくなる。

・否定的感情の原因を、肯定的感情の原因ほど記憶しなくなる。

 

 

つまり、年齢とともに

否定的な感情よりも肯定的な感情が強くなり、

「丸くなる」というのは本当だったのです。

 

 

シニアとして生活したり働いたりする場合、

このことは極めて重要だと思います。

 

 

起業がうまくいくポイントの一つは、

会社にいた時以上に謙虚に人の意見や

アドバイスに耳を傾けること、

 

 

しかし、今まで高い地位にあった人ほど、

これができにくいと言われています。

そうすると、段々相手にしてくれる人がなくなってしまいます。

 

 

もう一つ大事なこと、それは「感謝」です。

意見やアドバイスをしてくれた人だけでなく、

自分に関わり合うすべての人に「感謝」の気持ちを持つこと、

 

 

このような人の周囲には協力してくれる人が集まってきます。

そして、自分も気持ちよく仕事をしたり、生きていくことができます。

 

 

「挑戦し、走り続ける」一方で、

人の意見やアドバイスに耳を傾ける「丸い心」、

そして周囲の人に「感謝」の気持ちを持つこと、

 

 

これによってネットワークができやすくなり、

沢山のチャンスが生まれることにつながります。

 

 

シニアだからこそ「人望のある人」

「徳のある人」と言われたいですよね。

 

 

日本一のマーケッターと呼ばれている神田昌典さんが

ミャンマーのある経営者に、何のために事業をするのかと聞くと

“徳”を積むためと答えたそうです。

 

 

起業して、自分の才覚で仕事をしていく

「丸い心」で謙虚に人の意見やアドバイスに耳を傾ける

そして、周囲の人に「感謝の心」を忘れない

 

 

こんな“徳”を積む生き方が

健康寿命を延ばしていくことにつながると思います。

 

 

今回は以上です。

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

“知らない、わからない、だからこそ面白い”

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

・どうせなら、もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

詳細を確認する

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

あなたが働きたいと思うのは何歳まで?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

7月17日から22日頃は

七十二候の「鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)」

 

 

生まれて1ヶ月ほど経ったこの頃は

鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える時期です。

 

 

鉄砲がなかった時代は

鷹を使ってウサギなどの狩りをしていました。

 

 

鷹狩りは高貴な人たちに好まれており

宮内庁には「鷹匠」という人たちがいたそうです。

 

 

武士たちの間でも鷹狩りが盛んに行われており、

徳川家康の鷹狩りの銅像が駿府城に建っていますね。

 

 

さて、今回のテーマは

「あなたが働きたいと思うのは何歳まで?」です。

 

 

何歳まで働きたいか?

 

 

ある新聞に

シニアの仕事に対する意識についての

アンケート調査の結果が掲載されていました。

 

 

これは、現在働いている60歳以上の男女500人

40~59歳の男女500人を対象に実施した調査です。

 

 

何歳まで働きたいかという質問では

 

 

「66~70歳」が34.9%で最も多く、

次いで「71~74歳」が22.6%

3位は「61~65歳」が21.8%という結果でした。

 

 

60歳からの理想の雇用形態は何かという質問では

 

 

トップになったのは「正社員」で39.2%

2位は「自営業・個人事業主・フリーランス」

で33.6%と3割を超える人が起業したいと回答しています。

 

 

高齢での起業には不安が多い?

 

 

でも、高齢での起業には

不安を抱いている人も多いと思います。

本当に大丈夫でしょうか?

 

 

「最近、人の名前が覚えられなくて…、もう歳だからかな~」

という声が私の周辺からよく聞こえてきますし、私自身も感じています。

 

 

心理学者のジーン・コーエンは、長年の加齢研究の結果

年長者の脳には、若年者と同等の学習能力はない

年齢とともに創造性は衰えるというような

常識はすべて間違いであると言っています。

 

 

ジーン・コーエンは次のように述べています。

 

 

○経験や学習に応じて、脳は自ら変化する。

○感情を司る脳回路は、年齢とともに成熟しバランスが良くなる。

○年長者の脳は、若年者よりも脳の多くの場所を同時に使う。

 

 

つまり、刺激や学習によって

脳自体が活発に結合を繰り返し、年齢とともに

成長し続けていくことが脳科学の最先端分野で明らかになったということです。

 

 

ジーン・コーエンは

人生の後半生を、4つの発達段階に分けています。

 

 

第1段階 再評価段階    40代前半~50代後半

第2段階 解放段階     50代後半~70代前半

第3段階 まとめ段階    60代後半~80代

第4段階 アンコール段階  70代後半~人生の最期

 

 

第1段階の再評価段階は

○いつかは「死ぬ」という事実に初めて向き合う。

○探求心や危機感に駆り立てられて計画を立てたり、行動を起こしたりする。

○この段階で起こる脳の変化が発達性知能を刺激し、これが知恵の基盤となる。

 

 

第2段階の解放段階

○「いましかない」という意識を持つことが多くなる。

これが新たな「内なる解放感」を呼び起こす。

○自分の要求に従い、自分の思いや行動について発言していいのだ

という個人の自由意志から計画を立てたり、行動を起こしたりする。

 

 

こうしてみると、再評価段階や解放段階は

知的な能力が発達しており

自分の思いを行動に移す起業の適齢期と言うことができます。

 

 

特に、自分の好きなことや本当にやりたいことを

仕事にするライフワーク起業には

最も良い年代だと言えますね。

 

 

定年前と定年後では起業への意識が違う?

 

 

実際のシニアの起業をみると

定年前と定年後では、起業の意識が違います。

 

 

定年前の人は、こんなきっかけで起業します。

 

 

○自分の先行きが見えてきた

○退職後、収入がなくなることへの不安

○自分のやりたいことと、今の仕事のミスマッチ

○再就職が難しい

 

 

一方、定年後の人たちは、こんなきっかけで起業します。

 

 

○定年後、社会とのつながりが欲しい。

○長年温めてきたアイデアを具現化したい

○共通の仲間が欲しい、居場所が欲しい

 

 

定年後の人は、

あまりアクセクせずに、自分のペースで仕事をするという

いわゆる「ゆる起業」型が多いようです。

 

 

これに対して、定年前の人は、

もっと、自分の活かしたい、やりがいのある仕事をしたい

収入もしっかり確保したいという

「やりがいも、収入も」型が多いようです。

 

 

しかし、ジーン・コーエンの脳の加齢研究の成果からみると、

定年前、定年後にかかわらず

人生の後半生こそ、自分の内からの要求に従って

本当に自分のやりたいことを仕事にして起業するのが

最も脳に働きに合っているように思います。

 

 

しかし、年齢とともに脳は発達していくにしても

体力の方は衰えていきますので

この点を留意して起業を考えるべきでしょう。

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“本気は、細部に現れる”

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

・どうせなら、もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

 

こんな方にお勧めのセミナーです。

 

詳細を確認する

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

信頼感を高める情報発信とは?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

長~いセカンドライフを、

自分らしさを最大限に活かして悔いのない人生の

ための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

 

7月12日から16日頃は

七十二候の「蓮始開(はすはじめてひらく)」

 

 

千葉市の泥炭地から見つかった蓮の種子は、

大賀一郎博士によって2,000年前に縄文時代のものと鑑定され

それの開花を試みたところ、3粒のうち1粒が花を咲かせました。

 

 

この「世界最古の花」と言われる「大賀ハス」

その後、根分けされて各地で栽培されていますが

写真は埼玉県行田市の「大賀ハス」だそうです。

 

今回のテーマは

「信頼感を高める情報発信とは?」です。

 

 

起業が失敗する最大の原因は集客できないこと!

 

 

起業したけど生き残るのは

大変だという話はよく聞くと思います。

 

 

起業が失敗する最大の原因、

それは、お客様がいないという集客の問題です。

 

 

集客の第一歩は

お客様に商品のことを知ってもらうことです。

 

 

そのために、チラシやブログなどを使って情報発信しますが

それがうまくいかないから

商品を知ってもらえない、集客できない

という結果につながるのです。

 

 

なぜ、うまくいかないか?

それは、私たちが発信する情報を

お客様は「見ない」「読まない」「聞かない」からです。

 

 

情報発信を成功させる3つの要素

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

私は、次の3つのことが必要だと思います。

 

 

1 あなたに対して信頼感を抱いてもらうこと

2 お客様に役立つことを提供し続けること

3 お客様同士の交流の場があること

 

 

「ザイアンツの法則」をご存知でしょうか?

それは、次のような法則です。

きっと、あなたも実感しているところだと思います。

 

 

・人間は、知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする。

・人間は、会えば会うほど好意を持つようになる。

・人間は、相手の人間的な側面を知ったとき

より強く相手に好意を持つようになる。

 

 

相手に信頼してもらうには

相手に親しみの感情を持ってもらう必要があります。

そのためには、あなたの人間的な側面を知ってもらうことです。

 

 

そのために、次の3つの話題をテーマにすると効果的だと言われています。

・子供時代の話(小学生くらいまで)

・自分の失敗談(あくまでの事実)

・家族の話(妻、夫、子供、親兄弟、ペット)

 

 

このようなことの他に

趣味の話、最近印象に残ったことなどを

ニュースレターやメルマガ

などで発信していきます。

これを自己開示と言います。

 

 

自己開示は頻度が多ければ多いほど

親しみを抱いてもらえると言われています。

 

 

親しみを感じてもらうことは大切ですが、

それだけでは信頼してもらえません。

 

 

約束を守る、迅速な対応をするなど

ビジネスの基本を徹底することが大切なことは言うまでもありません。

 

 

お客様があなたの商品を購入することは

その商品が、自分にとって価値があると納得したからです。

 

 

お客様に商品を買っていただくには

お客様を教育して、その商品の価値を知っていただくことが必要です。

つまり、販売=教育なのです。

 

 

あなたの商品やあなたからの情報が

お客様の役に立つこと

これがないと、お客様との関係は途切れてしまいます。

 

 

私の知合いの年商4億円の街の電気屋さん

お客様のお宅を定期的に訪問して

お客様の困っていること

お客様の生活がもっと快適になること

これを提案し、お客様と長い付き合いを持続しています。

 

 

この場合、ただ単に

次々と新製品を紹介するのならば、

あの電気屋は、いつも商品を押し付けるという気持ちにさせてしまいます。

 

 

あくまでの、お客様視点から考えて

お客様に役立つことは何だろうと考えることがポイントです。

 

 

いくら孤独が好きだと言っても

人間は、本質的に寂しがり屋であり

人と人との交流を求めています。

 

 

クリック一つで何でも買うことができ

しかも自宅に届けてくれるサービスが行き届いているにも関わらず

ネットとは対極な存在である朝市には大勢のお客様が来ます。

 

 

なぜでしょうか?

お客様は便利さだけでなく、

人との触れ合いや交流を求めているからだと思います。

 

 

交流の場として会員制度があります。

私の知合いの自転車屋さん

会員制度を導入して

定期的に自転車によるツーリングを楽しんでもらっています。

 

 

このような会員制度を導入して

交流のためのイベントを行うほかに

ネット上に会員ページを設置して交流してもらう

ニュースレターにお客様交流コーナーを設ける

などの方法が考えられます。

 

 

いずれにしても

お客様との一生涯のお付き合いができるようになる

これは、ビジネスの醍醐味です。

 

 

いかに売上げを上げるかということよりも

いかにお客様と長い付き合いをしていくか

このことの方が楽しいでしょう。

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

“明日はどんな日になるかより
明日をどんな日にしたいか”

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

・どうせなら、もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

 

こんな方にお勧めのセミナーです。

詳細を確認する

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

 

 

あなたの話にはストーリー性があるか?


こんにちは

50代・60代のライフワーク起業を応援している大場保男です。

 

 

いまや「100年ライフ」と言われ

人生を2度生きられる時代

 

 

7月1日から6日頃は

七十二候の「半夏生(はんげしょうず)」

 

 

半夏という薬草が生える頃ですが

もう一つ、夏至から数えて11日目も

このように呼び、それは7月2日だそうです。

 

 

田植えなどの農作業が一段落し

身体を休めるのがこの時季で、

近畿地方の一部の地域では、タコを食べる習慣があるとか。

 

 

この習慣を販売促進に利用する動きもあるそうですが、

節分の恵方巻のように関西から全国に広まっていくのかな。

 

 

さて、今回のテーマは

「あなたの話にはストーリー性があるか?」です。

 

 

お客様は「見ない」「読まない」「聞かない」

 

 

集客のためには、

積極的に情報発信していくことが求められています。

 

 

しかし、いくら情報発信しても

お客様は、その情報を「見てくれない」

「読んでくれない」「話を聞いてくれない」

という三重苦の中で私たちは

情報を発信しなければならないのです。

 

 

では、どうしたら

情報をお客様に届けられるか?

そのポイントがストーリー性なのです。

 

 

人は、ストーリー性がある内容に

強く惹かれる傾向があります。

 

 

当店のチャーシューにはこんな歴史が…

 

 

次にご紹介するのは

私の知合いのある精肉店のチラシに書かれている内容です。

 

 

当店の焼き豚の原点は

昭和27年に当店二代目の祖父が

横浜中華街の老夫婦が営む中華料理店に通い続けて伝授してもらい

試行錯誤の上に出来上がったこだわりの

当店オリジナルの逸品!チャーシューです。

 

 

当店に代々引き継がれた製法で豚肉を

1本1本秘伝のタレに48時間以上漬け込み

鉄鍋の高温で吊るし焼き上げて余分な脂を落とし

豚肉本来の美味しさを引き出しました。

 

 

美味しさの秘密はこだわりの製法と歴史にあり!

 

 

どうでした?

やっぱり、ストーリー性があると

思わず買ってみたいという気持ちになりませんでしたか?

 

 

もう一つ、

これも私の知合いのカイロサロンのチラシの一部です。

 

 

ある日、寝ている時に足の痛みで目が覚めました。

整形外科に行くと、腰が原因ですべり症と言われ、

しばらく通院して、腰をけん引してもらいました。

 

 

ところが段々症状は悪化してしまい、

歩いて3分で行ける買物も車で行き、

ショッピングカートに寄りかかるようにして買物しました。

 

 

このままでは歩くことも立っていることもできず、

車椅子生活か寝たきり生活になってしまうのでないか

と心配になってきました。

 

 

そんなときに出会ったのがカイロプラクティックでした。

初診で施術してもらって帰るとき、

普通に立って歩けることにびっくり感動しました。

 

 

周りを見渡すと、姿勢が悪く、明らかに腰が悪いと

思われる方がたくさんいます。

でも、皆さん治らないと諦めています。

 

 

私は自分の体験を活かし、諦めている方、

苦しんでいる方の味方になれたらと思い、この仕事を始めました。

 

 

自分の体験がストーリー的に語られていると

やっぱり惹き込まれますよね

 

 

今回は2つの事例をご紹介しましたが

効果的な情報発信にはストーリー性が大切だ

ということをご理解していただけましたでしょうか。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)
福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

“人からの評価より
人からの感謝”

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

・どうせなら、もっとやり甲斐のある仕事で起業したい。

・起業を考えているけど、うまくいくか心配で一歩が踏み出せない。

 

こんな方にお勧めのセミナーです。

詳細を確認する

 

 

 

 

 

【発行元】

 

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki