お客は読まない!聞かない!信じない!だったらどうする?


50代・60代の起業を応援している大場保男です。

 

「人生50年」と言われた時代と違って

人生を2度生きられるほど長生きできる時代の私たち

 

長~い第二の人生を、自分らしさを活かして

豊かに生きるための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

文字とともに動画でもご覧いただけます。

動画をご希望の方は、こちらからどうぞ。

 

1月も中旬となると

すっかり正月気分は抜けますよね。

 

しかし、1月1日から新しい年が始まるのは

西洋から伝わった太陽暦の話であって

私たち東洋では、立春からが新年だと言われています。

だから、占いでは立春が1年の節目であり

新しい年が始まるとして、とても重要視しています。

もともと「新春」「初春」「迎春」という言葉は

立春が正月だということの名残かも知れませんね。

 

さて、今日のテーマは
「お客は読まない!聞かない!信じない!
         だったらどうする?」です。

 

私のところには

「こんな素晴らしい商品を開発したのに

自分の話を聞いてくれない、どうしたらいいでしょうか?」

 

こんな相談がよくあります。

このような人は、次のように信じて疑っていません。

 

素晴らしい商品=みんなが興味を持つ

みんなが興味を持つ=自分の話を聞いてくれる

自分の話を聞いてくれる=商品の良さを分かってもらえる

商品の良さを分かってもらえる=商品が良く売れる

 

現実には、このような等式が成り立たないのです。

 

私たちは、自分の商品やサービスを知ってもらうために

チラシやDM、ブログやメルマガで情報発信を行います。

 

でも、お客様(見込み客)は

「読まない」「聞かない」「信じない」のです。

 

この3つの壁を突破するには

どうしたらいいのでしょうか?

 

お客様が関心を持つのは

その商品の素晴らしさではないです。

 

唯一関心を持つのは

その商品やサービスによって

自分にどんなメリットがあるか、どんな得があるか、ということなのです。

 

しかし、商品の素晴らしさを伝えるために

商品のスペックを延々と話す人がいます。

これでは、相手にしてくれません。

 

「商品」にフォーカスするのではなく

それを使う「人」にフォーカスすることが関心を持ってもらう第一歩です。

 

「読まない」「聞かない」「信じない」の壁を突破するには

「ベネフィット」と「特徴」を伝えることが必要です。

 

「ベネフィット」とは、

その商品によって、自分はどのようなメリットが得られるか?

自分の抱えている悩みが本当に解決できるのか?

ということです。

 

つまり、お客様は商品にではなく

その商品によって得られるベネフィットに対してお金を払うのです。

 

お客様はドリルを買うのではない

ドリルによってあけられた穴を買うのである。

この例えと同じことですね。

 

では、特徴とは何か?

そのベネフィットがなぜ得られるのか、

なぜ、あなたがそれを提供できるのか、

そのベネフィットは他とどう違うのか、ということです。

 

「この商品を購入すれば、あなたにとって

こんなベネフィットがえられますよ!」と言っても

「本当にそう?」と信じてくれません。

 

確かにベネフィットが得られる

ということを信じてもらうのが特徴なのです。

ベネフィットが本当に得られる証拠といってもいいでしょう。

 

実際にその商品を購入したお客様の声などが、

ベネフィットが得られる証拠として使われるケースも多いですね。

 

「商品」にフォーカスするのではなく

それを使う「人」にフォーカスする。

 

そして、それを使うことによって

どのようなベネフィットがあるかを明確にし

 

なぜ、そのようなベネフィットが得られるのか

特徴や証拠を明らかにする。

これが情報を伝えていくための基本の図式です。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

宜しかったら、この記事に

「いいね」や「シェア」していただくと大変嬉しいです。

 

 

私の本のプレゼント!

 

“本当に「やりたいこと」を見つけて

ビジネスにしていく手法とは?”

600件を超える起業相談を踏まえて

50代・60代のための起業のノウハウをまとめた本です。

 

現在、第2刷発売中のこの本を

先着5名様にプレゼントします。

 

ご希望の方は、こちらからどうぞ!

 

【発行元】

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

年末だからこそ“幸福学”から起業を考える!


こんにちは

50代・60代の起業を応援している大場保男です。

 

「人生50年」と言われた時代と違って

人生を2度生きられるほど長生きできる時代の私たち

 

長~い第二の人生を、自分らしさを活かして

豊かに生きるための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

先日、金太郎が産湯を使ったという夕日の滝近くの

おばあちゃんたちとクリスマスの会をやりました。

 

 

写真は、95歳の「おりんこ」さん

新聞は裸眼で読んでいるし、畑の草取りもやっています。

私たちと話していても、冗談もポンポン飛び出してきます。

 

私もこんな年齢の取り方をしたいものだと

「おりんこ」さんから沢山の刺激を受けました。

春になったら一緒に山菜摘みをしようと計画しています。

 

 

さて、今日のテーマは
「年末だからこそ“幸福学”から起業を考える!」です。

 

 

あなたは何のために起業するのですか?

と問われたら、何と答えますか?

 

 

定年退職後の生活が心配だから。

自分のやりたいことをやりたいから。

ノルマに追われる生活はコリゴリだから。

自分の能力をもっと活かしたいから。

 

 

このように、人によって様々な答えがあるでしょう。

 

 

では、あなたは

何のために生きていますか?

と問われたら何と答えますか?

 

 

あまりにも漠然とした質問なので

何と答えたらいいか困りますね。

 

 

私たちは幸せになるために生きているという前提のもとに、

幸せとは何かを考える“幸福学”という学問があるそうです。

 

 

“幸福学”によると

人が幸せになるためには

次の3つの要素が必要だと言われています。

 

 

一つ目が“自己成長”です。

自己成長とは、昨日の自分と今日の自分を比べることです。

自分と他人を比べることではありません。

 

 

自分と他人と比べると

そこには、嫉みや妬み

傲慢さや優越感が生まれます。

これらの感情は、幸福感にはつながりません。

 

 

成功ではなく、自分の成長を目指す起業

それが幸せにつながります。

自己成長を目指していけば、結果として成功につながります。

 

 

幸せになるための二つ目の要素が“人間関係”です。

 

 

私たちは時々夫婦ケンカをします。

数日間、口をきかないこともあります。

良い気分ではありません。

 

 

一番身近な存在である家族との関係

これがうまくいっていないと

幸せとは程遠い気持ちになりますね。

 

 

ビジネスは、お客様、取引先

協力者など、様々な人との関係の中で行われます。

これらの人たちと良い関係のもとに

事業を行うことができると幸せにつながります。

 

 

定年後の何もしていないと

急に老け込んでしまう

場合によっては早死にしてしまうというケースがあります。

 

 

定年によって、今までのような人間関係が

途切れてしまう、これが大きな原因だと言われています。

だから、社会とのつながりを維持するために起業するという方もいます。

 

 

起業して、お金という財産を蓄える、これも必要なことですが、

信頼で結ばれたお客様という財産を蓄える、これが幸せにつながります。

 

 

幸せになるための3つ目の要素が社会貢献です。

社会貢献というと大げさに聞こえますが

社会貢献とは人の役に立つことと考えればいいと思います。

 

 

私たちは、人に喜んでもらうと

そのことが自分の大きな喜びにつながります。

“ありがとう”と言われると、本当に嬉しくなります。

 

 

それは、私たちは喜ばれることによって

喜ぶように作られているからです。

 

 

幸せになるために3つの要素

自己成長、人間関係、社会貢献

これらは互いにつながっています。

 

 

人に喜ばれることをする

そのことによって、良い人間関係が出来る

それが自己成長につながる

 

 

このような起業ができるならば

私たちは幸せな人生を送ることができるでしょう。

 

 

私たちは、幸せになるために生きています。

だったら、幸せになるための起業を目指しましょう。

 

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)

福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

“できると信じるか

    やらないで終わるか”

 

 

宜しかったら、この記事に

「いいね」や「シェア」していただくと大変嬉しいです。

 

 

私の著書のご紹介

 

“本当に「やりたいこと」を見つけて

ビジネスにしていく手法とは?”

 

600件を超える起業相談を踏まえて

50代・60代のための起業のノウハウをまとめた本です。

アマゾンでのご購入はこちらからどうぞ!

 

追 伸

 

このブログをご覧になっている方に、

50・60代のライフワーク起業マニュアルをプレゼントしています。

 

私の600名を超える起業相談を踏まえ、

起業の最も重要な3つのポイントをまとめた

30ページのPDF資料です。

無料ですので、下記のURLを

クリックしてぜひ入手してください。

https://resast.jp/inquiry/59496

 

 

【発行元】

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

起業に成功する早道を一つだけ挙げるとしたら…


こんにちは

50代・60代の起業を応援している大場保男です。

「人生50年」と言われた時代と違って

人生を2度生きられるほど長生きできる時代の私たち

 

長~い第二の人生を、自分らしさを活かして

豊かに生きるための起業のノウハウやヒントをお伝えしています。

 

さて、今日のテーマは
「起業に成功する早道を一つだけ挙げるとしたら…」です。

 

イトーヨーカドーの創業者である伊藤雅俊さん

彼の「商いの道」という本にこんなことが書いてありました。

 

“商いだけでなく、もの作りの道でも、芸術の道でも

「人生に成功する早道を一つだけ挙げろ」と聞かれたら

私は、「どれだけ人間が好きか」ということを挙げます。

 

 

人間が生きている様子、泣いている様子、

笑っている様子、怒っている様子、喜んでいる様子、

人間のすべてをながめて、すべてに係わりたいと考えている人は

 

 

半ば成功したも同然です。そういう人は

お客さまの気持ちがよく分かり、好みにピッタリ

合ったものをお客さまにご提案できるからです。”

 

 

私は、かつて化粧品会社に勤務していて

1年半ほど化粧品のセールスをやりました。

来る日も来る日も住宅街を飛び込みセールスです。

何軒訪問しても、化粧品はまったく売れませんでした。

 

 

「〇〇化粧品はいかがでしょうか?」

「間に合っています!帰ってください」

「それでは、また来ます。失礼しました」

 

 

この繰り返しですから、売れるわけはありません。

なぜ、そうなってしまったか?

私は、お客さまにまったく興味がなかったのです。

 

 

興味があれば、「どちらの化粧品をお使いですか?」

とか、色々と質問が出るはずです。質問すれば、それが会話のきっかけになり、

セールスの糸口につながるかも知れません。

 

 

伊藤雅俊さんの言葉を読んで

自分が売れないセールスマンだった

根本的な原因はこれだ!とハタと思い当たりました。

 

 

売上げとは何でしょうか?

私たちは、お客さまに商品やサービスを販売して

お客さまに価値を提供し、それに満足し喜んでいただいた

対価としてお金をいただく、それが売上げですね。

 

 

提供する商品やサービスを通して

お客さまの幸せな生活に貢献しているのです。

つまり、商売や事業とはお客さまに幸せになっていただくことです。

 

 

そのためには、私たちが対象としているお客さまが

毎日の生活の中で、何に困っているのか、何に悩んでいるのか

これを突き詰めて考えること、ここが大きなポイントになります。

 

 

そして、お客さまに満足していただき

喜んでいただき、「ありがとう!」と言われる。

これこそ、商売や事業の醍醐味ではないでしょうか。

 

 

その前提になるのが、お客さまを好きになること

そうすれば、“半ば成功したも同然”と伊藤雅俊さんは言っています。

 

 

起業相談をやっていると

「自分の商品は…」とか「自分のお店は…」とか

自分のことばかりで、お客さまのことが

視野に入っていない人がとても多く感じられます。

 

 

もう一度、“お客さまを好きになること”

このことの意味を問い直してみたいと思います。

 

 

今回もお読みいただきましてありがとうございます。

 

 

最後に私のメンター(と私が勝手に思っている)

福島正伸先生の夢を実現する今日の一言から

 

“これは何のチャンスだろう
                                               と考える”

 

 

宜しかったら、この記事に

「いいね」や「シェア」していただくと大変嬉しいです。

 

 

追 伸

 

このブログをご覧になっている方に、

50・60代のライフワーク起業マニュアルをプレゼントしています。

 

私の600名を超える起業相談を踏まえ、

起業の最も重要な3つのポイントをまとめた

30ページのPDF資料です。

無料ですので、下記のURLを

クリックしてぜひ入手してください。

https://resast.jp/inquiry/59496

 

 

【発行元】

合同会社 環り愛(MEGURIAI)代表

経済産業大臣登録中小企業診断士     大場保男

 

仕事とは

人や社会に対する愛の表現である

このような価値観を共有する人たちとの

ネットワークの輪を広げ

愛が環る社会をつくりたい

「合同会社 環り愛」の願いです

 

【連絡先】

yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp

090-5521-7427

 

【WordPressブログ】

ライフワーク起業            https://lifework-kigyo.net

地域の元気が日本を変える   https://syotengai.net

 

【Facebookページ】

世界で一番小さな放送局      http://fb.com/hosokyoku

大場保男のライフワーク起業  http://fb.com/oobalifework

朝市でつながる地域の元気    http://fb.com/asaichigenki

 

 

 

起業のウェブセミナーをどうしても見て欲しい理由とは?


 

こんにちは
「好きを仕事に!ライフワーク起業」ナビゲーターの大場保男です。

好きなことを仕事にして自分を最大限に活かし、
経済的にも豊かに生きる
50・60代のライフワーク起業を応援しています。

今年は梅雨がなかなかあけなくて
肌寒い日が続いていますね。

そんな中、昨日の日曜日
鎌倉の商店街で「ぼんぼりフェスティバル」
というイベントをやってきました。

朝は土砂降りだったのに
午後からの実施時間中は
奇跡的に雨はほとんどあがりました。

地域の子どもたちが楽しんでいる
姿を見ていると、とても嬉しい気持ちになります。

さて、7月17日、19日、20日に
「50・60代の夢を実現する起業成功法」
という無料のウェブセミナーを実施します。

このウェブセミナーについては
今までにもご紹介してきており
すでに多くの方々よりご視聴の申込みをいただいています。

これから起業を考えている方々にぜひ見ていただきたいのですが、
今回は、見ていただきたい理由をあらためてご説明致します。

少子高齢化が進み、人口が減少している日本
高齢化というと、病気の高齢者が増えていると思い勝ちですが
70代や80代になっても元気いっぱいの高齢者が増えているのです。

私たちの子供の頃を思い出してください。
60歳と言えば、腰が曲がった年寄りが多かったですよね。

ところが今の60代をみてください。
そんな人はほとんど見掛けません。

私の地域の自治会は、60歳になると
老人会に入会することができます。
しかし、60歳になって入会する人はいません。

“永遠の若大将”である加山雄三
今でも3時間の舞台をこなしている美輪明宏
若者に交じって毎日テレビに出ている黒柳徹子

官能小説の執筆をはじめ常に新しいことに挑戦している岸恵子
みんな80歳を過ぎた元気な方々です。

神奈川県大和市では
「70歳を高齢者と言わない都市宣言」を出しています。

50代や60代で、「もう年だから…」
という言い訳は通用する時代ではないのです。

岸恵子は、若さに秘訣はと聞かれて
「何の目的もないから老けるのよ。
新しいことに挑戦し続けていれば老けるヒマなんてない」
と言っています。

私の父親たちの世代は
「人生50年」と言われていました。

今は、平均寿命は男女とも80歳を超えました。
人生を2度生きられる時代になったのです。

だから、今までやりたくてもやれなかったこと
若い頃から夢だったことに挑戦して欲しいのです。
また、それが可能なのが今の時代なのです。

しかし、起業にはリスクが付きもの
起業して生き残れる確率は
1年後で50%、3年後で30%
10年後には5%しか生き残れないのです。

50・60代に方々に起業してもらいたい
でも、失敗せずに生き残って「やった!」という
実感を持った人生を送っていただきたい

そんな方々を応援しようと
ブログを書き続けて、今回で251本目
原稿用紙1500枚分に達しました。

このたび、その集大成として
ウェブによるセミナーを実施します。

一人でも多くの50・60代の方に
能力を最大限に活かしてワクワクする仕事をして欲しい
経済的にも豊かな第二の人生を送って欲しい

こんな願いのもとにウェブセミナーを企画しました。
90分の無料で見ることができる動画です。

下記の日時に見ることができます。
7月17日(水) 21:00~22:30
7月19日(金) 21:00~22:30
7月20日(土) 13:00~14:30

詳しい内容は下記をクリックしてください。

https://lifework-kigyo.net/lp/web_seminar.html

これが最後のご案内です。

これをご覧いただくことで
あなたのこれからの人生が
大きく変わるきっかけになるかも知れません。

経済産業大臣登録中小企業診断士
50代・60代の起業ナビゲーター  大場保男
yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp